このエントリーをはてなブックマークに追加

攻撃機リスト > 九七式艦攻




基本情報 Edit

名前装備種所属特性
九七式艦攻攻撃機蔵王重工雷撃
Tアイコン威力攻撃速度航空設計図
初期最大初期最大
T1九七式艦攻T1.jpg140x288x214.91s/回14.35s/回-なし
T2九七式艦攻T2.jpg244x2?x214.66s/回s/回5なし
T3九七式艦攻T3.jpg348x2?x214.47s/回s/回122-4
機銃魚雷
2x7.7mm機銃2x航空魚雷-重桜

特徴・運用法 Edit

  • おそらく最も早く手に入ることとなる重桜系攻撃機。
    放たれる魚雷が投下地点から特定のターゲットに集中するように進むのが特徴で、汎用型魚雷より単発ダメージこそ落ちるものの直撃時のトータルダメージでは遥かに上回る。
    反面ターゲットに大きく動かれた場合全ての魚雷が外れることも多いため、可能なら動かない・動きの遅いネームドキャラや量産重巡などを狙いたい。
    また、この性質上演習では前衛艦隊が両者全滅して主力艦隊同士のデスマッチになったときに圧倒的に有利。

歴史 Edit

  • 正式名称「九七式三号艦上攻撃機」。戦果で言うならばおそらく日本海軍の艦載機の中では一二を争うほど話題に挙がる攻撃機であり、登場から終戦まで戦線を支え続けた。
    開発当時の日本における技術の集大成と言える機体であり、搭載された航空魚雷ともども実戦投入された頃は結構なオーパーツと化していた。
    • 何せ当時の世界各国の航空魚雷は極めて不安定でデリケート。速度を限界まで落として卵でも扱うかのように姿勢と投下速度に気を配って放つ必要があった。
      ところが日本海軍が実戦投入した「91式魚雷」だが、なんと九七式艦攻の水平飛行最高速度で多少の高高度から浅瀬や荒れた海に投下しても安定しているというバケモノ。
      当時の航空隊の錬度も合わせ、太平洋戦争開戦時に米海軍が目にしたのは従来の雷撃危険域の範囲外から最高速度で突っ込んできて肉薄魚雷をお見舞いしてくる航空隊という悪夢。
      雷速も高く避けれたもんじゃなかったため何隻もの空母が出オチの目に合い、米海軍としては対空火器の強化を急速に進めるハメとなった。
    • ドイツにも日本から実物と技術を供与された。スツーカの活躍により「艦船なんて爆弾で十分」とドイツは考えていた節があり、航空魚雷に関しては遅れていた。
      爆弾では小型艦はともかく、大型艦は艦上構造物を破壊出来るがよほど当たり所が悪く無い限り浮力を奪えないのである。
  • 第二次世界大戦初期においては申し分の無いスペックではあったのだが、流石に時間経過と共に各国の航空機の世代交代などもあり型落ち状態に。
    しかし日本は後継機の開発に難航しており、結局終戦までこの機体は現役であり続けることとなった。

コメントフォーム Edit


コメントはありません。 コメント/九七式艦攻?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-03 (日) 05:58:39