このエントリーをはてなブックマークに追加

艦砲リスト > 152mm連装砲C




基本情報 Edit

名前装備種所属特性拡散範囲射程射角
152mm連装砲軽巡主砲蔵王重工拡散28°50120
Tアイコン威力発射速度火力対空弾薬設計図
初期最大初期最大
T1152mm連装砲T1C.png26x49x44.52s/回4.20s/回50通常弾なし
射撃イメージ
[添付]
入手方法
阿賀野初期装備

特徴・運用法 Edit

阿賀野の初期装備としてのみ入手可能な軽巡主砲。
現状阿賀野は11-2のドロップでしか入手できない希少な艦であり、この装備もまた希少なものだと言える。
しかしその入手性に相反してレアリティは低く、性能も特にすぐれた点はない。
記念品だと思った方がいいだろう。

歴史 Edit

  • 阿賀野級軽巡洋艦に搭載された五十口径四一式十五糎砲の連装砲。
    • 単装砲版は金剛級巡洋戦艦、扶桑級戦艦の副砲などに採用されたいたが
      伊勢級戦艦では砲弾が当時の日本人には重く負担であるという理由で速射性を重視して140mm単装砲に取って代わられている。
    • 他、1920年代に作られた日本の軽巡洋艦は14冕い主流であったが、阿賀野級軽巡洋艦はあえて15冕づ觝椶貌Г濱擇辰討い襦
      阿賀野級は水雷戦隊の旗艦としての任務を担っていた為
      仮想敵国である敵の大型化してきた巡洋艦などに対して14冕い任話曳火力が低く、火力が不安視されたのである。
  • 砲自体は些か古めだが搭載する砲塔*1は新設計となり、装填は一部機械動力となり
    全周には装甲が施されて砲架に防楯付けてた頃よりか生存性は上がっている。
    • 砲弾の破片等はともかく砲弾の直撃には耐えられない。これは砲塔の装甲を厚くするとトップヘビーになる上に排水量の小さい巡洋艦には
      装甲には限界があるので砲塔の装甲厚を減らし、その分船体の装甲を厚くするのが日本の巡洋艦設計の主流だったのである。
    • また航空機の脅威に対抗する為、対空射撃も可能なように最大仰角を上げている。ただし可能なだけで
      重い砲弾は装填に関しては相変わらず人力で発射速度は遅く、砲塔旋回速度も遅いのであまり実用的では無かった。
  • 同時期に155mm三連装砲という優秀な砲がある為、相対的に評価を落としている面がある。
    この砲の明確な長所としては非常に軽量であった事である。

コメントフォーム Edit


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • まーた152増えたのか -- [gKmtgIdWdz6] 2018-04-21 (土) 21:36:27
  • 阿賀野の装備を見てみたことねぇやつだなぁ・・・と思ったら、ほんま珍しいもんだったわ・・・ -- [7qVVE6ee/Bo] 2018-06-12 (火) 21:02:06
  • 正面にしか飛ばないショットガンタイプの通常弾でメッチャ弱いっすわ。T2・T3が来ても期待できないな。 -- [G3m4NyDYVyI] 2018-07-21 (土) 15:22:16 New!
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


*1 厳密に言えば砲塔ではない

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-28 (土) 17:35:02