このエントリーをはてなブックマークに追加

艦砲リスト > 戦艦主砲 > 330mm四連装砲Mle1931




基本情報 Edit

名前装備種所属特性拡散範囲射程射角
330mm四連装砲Mle1931戦艦主砲アイリス投射24°20045
Tアイコン威力発射速度火力対空弾薬設計図
初期最大初期最大
T1330mm四連装砲Mle1931T1.png234x449x439.78s/回37.39s/回50通常弾なし
T2330mm四連装砲Mle1931T2.png337x469x434.25s/回30.14s/回120通常弾なし
T3330mm四連装砲Mle1931T3.png441x4102x432.92s/回26.34s/回250徹甲弾なし
射撃イメージ
[添付]

特徴・運用法 Edit

T1はダンケルクの初期装備として入手できる。
T2・T3は光と影のアイリスで設計図がドロップする。

アイリス製四連装砲の特徴として、4発を一斉射するのではなく、2発2回を1セットとして発射する。

歴史 Edit

ダンケルク級に搭載するべく新設計された、Canon de 330 mm/50 modèle 1931(1931年型 33 cm(52口径)砲)を搭載する4連装砲が元ネタ。
13インチ砲弾にしては重量級の560kgの徹甲弾を最大仰角35度で40600mまで到達させる優秀な砲で、高初速で重量級砲弾を発射することにより近距離では敵の舷側に、遠距離では敵の甲板に着弾するという性質の良い弾道を描く。
その威力も射程27,500mで舷側装甲292mmを、射程23,000mで舷側装甲340mmを容易く貫通するという優秀なもの。

ちなみに33cmという砲口径はドイッチュラント級装甲艦の主砲である28.3cm砲に対して「2インチ分上の火力で十分」と判断されたからである。

フランス式4連装砲の特徴については380mm四連装砲Mle1935の史実欄を参照。

コメントフォーム Edit


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 画像添付の方法だけ分かんねぇや。 誰か頼む -- [UHKvxm3h4aM] 2018-07-28 (土) 00:05:36
  • D-3でT3出るのこれか。 -- [kvSenRL2HW2] 2018-07-28 (土) 19:12:41
  • コレハァ徹甲なのか…微妙ですなー -- [Do9LnyzJkcg] 2018-07-29 (日) 10:06:57
  • 何で使えるようになるか分からないから作っておく -- [nUqNXuWNugM] 2018-07-29 (日) 21:07:16
  • 榴弾だと356mmや380mmの四連装が上位互換になるだけなので、差別化という意味では徹甲弾はアリ…なのか? -- [6UGkk0ZS0nE] 2018-08-01 (水) 03:30:21
  • 2発2セットはフランス戦艦じゃなくフランス砲に依存なのか。
    史実通りと言えば史実通りか…… -- [TYO.XzhjH4E] 2018-08-02 (木) 02:41:03
  • 弾種以外の基礎能力が全てにおいて1935に負けてるのか。速度ぐらいは勝ってるものと思ったが… -- [5gsGQIe2xCc] 2018-08-09 (木) 22:37:45
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-01 (水) 04:08:20