変更点の大まかな概要をまとめました。詳細については質問掲示板もしくは雑談掲示板などでふってみてください。

2018年4月
レベルキャップ開放 (認識覚醒):毎日開放されるデイリー出撃「戦術研究」などで獲得可能なメンタルユニット (と資金) を消費してレベル上限を5ずつ上げられるようになった。2020年1月時点では4段階拡張で最終的にLv120にまで到達できる
科学研究室実装:時間はかかるが、出撃せずともSSR装備(金装備)を作成可能に。特別計画艦専用の強化ユニットの主要な入手元
開発ドック実装:特別計画艦と呼ばれる一群の艦の開発が可能になる (2020年7月時点で17種)
2018年6月
潜水艦と救助信号実装:潜水艦用/対潜装備は「SOS商船護衛」(救助信号からアクセスできる海域) でしか入手できない (N〜Rまでの対潜装備は物資支援に常設の装備箱からも得られる)。敵潜水艦は救助信号海域のみで登場なので、現状必須要素とはなっていない
2018年7月
戦艦等の副砲発射モーションが修正。自爆ボート対処が容易になった
2018年8月
★3達成かつ海域脅威度が「安全海域」なら、海域選択画面で「周回モード」に設定することができるようになった。ノーマルとハードで内容が異なる
ハード:中枢艦隊のみが最初から登場する
ノーマル:敵の空襲、待ち伏せが出現しなくなる(2020年3月から)
共通の機能として戦闘開始前の確認画面をスキップする機能が追加(2020年3月から)
2018年9月
オフニャ実装:試験的要素(らしい)。箱は毎日1つ、無料で得られるのでそれは集めておこう
戦術教室の3枠目がダイヤで拡張できるようになった
作戦履歴実装:過去開催されたイベントの一部が常設された
2019年3月
第七章以降の難易度調整 (調整内容)
海域の「制空権」概念が実装。有利・不利状態では航空攻撃以外にも効果が及ぶ
戦艦主砲の徹甲弾の対軽装甲倍率を上方修正、追加効果を実装
2019年4月
艦船技術実装。図鑑登録などのポイントを集めて艦種に応じたステータスアップ効果が得られる
2019年5月
アプリのバージョンアップに伴い最低要求スペックが上昇。UI更新
2020年12月
セイレーン作戦実装。指揮官レベル60以上で解放される高難易度の常設コンテンツ
兵装開発実装。既存装備と開発素材を用いて上位装備を作成するシステム
メタラボ実装。セイレーン作戦をこなすことでMETA艦船という特殊な艦船を入手・強化できる
空母発見ゲージが追加。隠蔽状態では敵に狙われにくくなり攻撃力も上昇する
大艦隊システム・UI更新。大艦隊補給の追加
一部艦船のバランス調整を実施
2021年1月
自動攻略機能が実装。ステージ単位で楽に周回できるようになった
データキーの仕様変更。
2021年4月
セイレーン作戦で自動攻略機能が実装。ほか、スキャン画面からオブジェクトに直接移動できるボタンを追加
余燼戦において、出現キャラ変更から一定期間が経過すると支援攻撃が行われる機能を追加
デイリースキップ機能追加。一度S勝利でクリアすると、以後は燃料を消費せず一括完了できるように(ただし一括では好感度や経験値は入手できない)
周回モード適用の条件緩和。これまで☆3達成かつ安全海域化が条件であったものが、ステージ進捗率を100%にするだけで良くなった
救助信号の一部仕様変更。任意の海域に出撃できるように
科学研究のうち、データ収集の達成条件が「X章のステージをn回クリア」が「X章以降のステージをn回クリア」に変更
2021年6月
公共大艦隊、常設過去イベントの実装
索敵値を上げることで、待ち伏せが出現しなくなる
デイリー任務、ウィークリー任務の変更
2021年7月
強化ユニットの代わりに資金を使う、特別計画艦の強化・竜骨編纂
オフニャ育成機能「オフニャハウス」を追加
2021年9月
オート魚雷発射の仕様変更(敵を狙って発射される)
駆逐艦の限界突破で、3種類のどれかの特殊効果を得る(〜潅独射の主砲攻撃数が半減・魚雷の散布角が狭くなる・設備強化)
レベルキャップ開放(レベル125まで)
大講堂リニューアル、アイテム「経験値パック」として受け取れるようになる
シーズン任務実装
2021年10月
9章以降に「クリア報酬」を追加、周回モードに「燃料消費上限」を追加。燃費を気にしない6隻編成で終盤の海域を周回すれば、高効率で資金と経験値を得られるようになった
その他
・メインストーリーがノーマル第十四章、ハード第十二章まで開放されている
・ハード海域は1日3回に減っている(2018年3月より)。代わりに「コアデータ増量キャンペーン」がたびたび開催されるようになった(開催履歴)
コアショップのラインナップが何回か調整されている。381mm連装砲改は今は科学研究室で設計図を獲得して作るようになった
・過去の限定艦船の一部が建造に常設実装されている。一覧については新キャラ・改造キャラの実装履歴を(ちょっと見づらいけど)。これ以外にはコアショップにも追加された例がある
特別計画艦関係の拡張
・「竜骨編纂」2019年4月実装
第一期特別計画艦の強化レベルが30になったものに対して追加で行える強化。
・「プロトショップ」2019年12月実装
所持している「強化ユニット」を分解して入手できる「プロトコア」で、様々な強化ユニットや設計図アイテムと交換できる
強化ユニットの分解は、当該特別計画艦の強化レベルが30に達すると行うことが可能。竜骨編纂の完了前から分解出来てしまうので注意。
通常建造ラインナップ調整
建造艦船増加に伴い一部艦船が通常建造から外されている
通常海域やその他の方法からは変わらず入手できます
グローウォームZ1チャールズ・オースバーングリッドレイアリシューザガラティア(2019年6月〜)
シムスジュノー(駆逐)(2019年8月〜)
・小型建造:チェイサー、大型・特型建造:ベルファストエディンバラ(2020年5月〜)(チェイサーは特型から、ベルファストは小型から引き続き入手可能)
・特型建造:高雄愛宕プリンツ・オイゲン(2020年6月〜)(大型から引き続き入手可能)
ヴァンパイアエディンバラサッチャーフォーチュン(2020年7月〜)

コメントフォーム Edit


コメントはありません。 コメント/復帰組向けガイド?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-22 (金) 12:34:10