戦艦オート

オート時に前衛が辛いならジャンヌで保護すればいいじゃない。
神聖なる祈り発動が初回は幻影駆逐艦の弾幕が、3回目の発動時に自機狙い斬撃弾が飛んでくるタイミングと重なる。
ドレイクの火器管制レーダー、ヘレナのダメコン饅頭、ジャンヌのビーバーは変更可。
DoYは回転が早いかつ威力が高い徹甲弾砲で殴り続けデバフ維持を狙う。ハウ・FDGは初撃を初回SGと併せるため406mm/50三連装砲+金火器。
艦船技術如何では最後の一発が間に合わないため、その場合は各戦艦キャラのSHSを自動装填装置T3に変更。

最悪でも前衛が一人でも生き残り最後の砲撃まで耐えられればいい、という観点からジャンヌの変わりにタリンを採用するパターンもある。
シールド+自己バリアでプリンツ・オイゲン並に硬く、ダメージ出力がジャンヌを大きく上回るため、万が一前の2名が落ちても与ダメージ量のフォローが効く。

試作型234mm三連装砲はなければ試作型234mm連装砲で代用。
試作型457mm連装砲MKAはなければ380mmSKC連装砲で代用

空母主体その1

試作型234mm三連装砲はなければ試作型234mm連装砲で代用。
空母の攻撃速度が23秒以上だと着弾がアーク・ロイヤルMETAの停止タイミングと噛み合うのを利用したもの。
艦船技術で空母の装填がある程度高いと23秒を切ってしまうので外れる可能性が出てくる。

空母主体その2

左列中央右列
主力艦隊名前翔鶴長門(旗艦)信濃
代替[[]]、[[]]
前衛艦隊名前ドレイク(先頭)ヘレナ改ジャンヌ・ダルク
代替吾妻タリン

所謂タイムライン編成にジャンヌを入れたもの。
使用機器のスペックにも左右されるおま環戦法なため、そのままコピペしても上手くダメージが出ない事もある。
艦載機は一例。キャラ詳細→装備で見られる翔鶴、信濃の攻撃速度が22〜22.50秒程だと上手く行く可能性が高い。
艦船技術の空母装填をコンプしているとJu-87 D-4彗星一二型甲ホーミングビーコンを組み合わせれば翔鶴、信濃共に4回攻撃出来る。

鉄血艦隊

前衛が耐えられないなら鉄血艦隊の出番だ。
二名の高耐久盾に加えてグラーフ・ツェッペリンの軽減で時間内まで耐えられるようにする(それでも運し次第だが)。
マインツの代わりにローンも可だが、斬撃に盾が合致するのでマインツは鉄血艦隊で無くても有用な前衛。
ビスマルクは装填バフがあっても試作型406mm/50三連装砲だと4射目が間に合わないので、試作型457mm連装砲MKASHS一式徹甲弾にて。
フリードリヒ・デア・グローセは自己バフに加えてビスマルクの装填バフで試作型406mm/50三連装砲でも4射目が間に合う。
グラーフ・ツェッペリンも装填バフのお陰でギリギリ4航空可能だが、代替のペーター・シュトラッサーなら短縮スキルがあるのでF7Fタイガーキャット実験型XSB3C-1流星が使える。
但しランダム時止めで航空タイミングが狂うので、安定しなくなるのがネック。
60〜80万くらいはオートでも出るので、何度もこなすなら生存性重視でこんな選択肢もアリ。

攻撃機18編成

アーク・ロイヤル(META)アーク・ロイヤル(META)をぶつけてみるテスト。
攻撃速度は22秒前後に揃えておけば「レーダー探知」3回目もギリギリ間に合うので、爆撃機やホーミングビーコンでそれぞれ調整すべし。
バッファーに新鋭のステフェン・ポッターを中央配置しておけば先頭の耐久も上がるので、新たな空母バッファーとして注目されている。
問題は先頭で、オートだと吾妻ですら落ちる可能性があるので、盾適正があるタリンマインツ辺りも候補。
全体を持たせるならジャンヌ・ダルクが鉄板だが、本人の火力が低くバフデバフも無いのでダメージレースでは不利。
3航空だとオートでも攻撃機が安定して当てれるので、安定するかどうかは前衛の耐久に掛かっている。
2度目の斬撃をマトモに貰うと3航空前に前衛全滅で55万程度しか出ない。
生き残ってさえすれば70〜95万とかなりダメージを出せるので、2確をオートでこなしたいなら前衛を安定化させるべし。


TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-26 (日) 14:06:17