編集中です

編集途中でも御意見があったらコメ欄に投げてくださいm(_ _)m

元ネタ Edit

  • 帝国海軍が初めて建造した航空母艦「鳳翔」が元ネタ。「起工時から空母として設計されて竣工した」世界初の空母である。
    言い回しがややこしい理由は下の折り畳み内にて。
  • 1920年12月16日、浅野造船所で起工。1921年11月13日進水。1922年12月27日竣工。
    • 基準排水量7470トン、全長168.25m、船体最大幅18.90m(飛行甲板は幅22.7m)、搭載機数15+補用機*16、乗員550名。
    • 帝国海軍初の空母であるため、建造から運用まで全てが試行錯誤の連続だった。
      彼女で得られた経験やデータを基に、後に帝国海軍の中枢を担う赤城や加賀を筆頭とする空母たちが建造されて行くことになったため、彼女を「日本空母の母」と言う人も少なくない。
      ゲーム内でのキャラクターにもその点が色濃く反映されている。
  • 実戦は1932年の上海事件が初陣。加賀を連れて帝国海軍初の空母運用、そして敵機撃墜を記録している。
  • 太平洋戦争では前線に出る事はなく、もっぱら瀬戸内海でパイロットの育成・訓練に務めていた。
    小型で低速だった鳳翔では、急激な航空機の進化について行けず、当時の機体は既に運用することが出来なくなってしまっていたのだ。
    ゲーム内で初期装備になっている「九七艦攻」も、かの有名な「零戦」も実は運用したことがない。
    • 1944年に、流石にそれではまずいだろうと言う事で、飛行甲板の延伸やエレベーターの大型化などの大改造を行って新型機に対応できるようになったが、結果外洋航行が出来なくなってしまう。
      • これ以降は瀬戸内海から出ることなく、ひたすらパイロットの育成・訓練に従事することになる。
    • 1945年になると戦局は悪化の一途を辿り、飛ばす航空機も、動かす油も無く、25mm機銃を大量に配備して防空砲台と化す。
      • 停泊していた呉軍港が大規模空襲を受けた際も鳳翔は損傷を免れ、結局1発の爆弾も受けることなく終戦を迎える。
  • 戦後は復員輸送船となり、主に南方から約4万人を本土へ連れて帰ってきた。
  • 1946年8月31日、日立造船築港工場*2で解体開始。同年10月5日除籍。1947年5月1日解体完了。
    帝国海軍機動部隊の誕生から終焉までを見届け、静かに旅立った。
+ 艦歴詳細 ※長いよ!

仮設コメ欄 Edit


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 鳳翔の元ネタ欄に矛盾点や、信憑性が疑われる情報が数多く見受けられたので変更案を試作しています -- myaz(編集者)[ID9Q3hJoYBo] 2018-09-13 (木) 16:36:24
    • 一向に編集が進んでいませんがリアルが忙しすぎるせいでして・・・(言い訳 -- [Z7d9er8dHvA] 2018-10-23 (火) 17:14:00
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


*1 バラバラの状態で艦内において置かれる予備の機体
*2 現在この工場跡地にUSJがある
*3 艦首から艦尾まで通じて一枚の甲板

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-24 (月) 19:31:51