攻撃機リスト > TBDデバステイター




基本情報 Edit

名前装備種所属特性
TBDデバステイター攻撃機クロキッド雷撃
Tアイコン威力攻撃速度航空回避
上限
設計図
初期最大初期最大
T1TBDデバステイターT1_0.jpg190x2132x215.96s/回15.36s/回-3なし
T2TBDデバステイターT2.jpg296x2?x215.63s/回s/回53.5なし
T3TBDデバステイターT3.jpg3108x2?x215.30s/回s/回1242-4
機銃魚雷
2x7.7mm機銃2x航空魚雷-汎用

特徴・運用法 Edit

  • 汎用魚雷搭載の攻撃機の中では最も早く設計図が手に入る。
    水平に直進する魚雷を複数発射するタイプで、面制圧に向く。この機体やソードフィッシュで使い勝手を覚えるといいだろう。
    同じ2-4では性質の違う九七式艦攻の設計図も拾えるため、重桜魚雷との使い分けも習得できる。
  • 後にネームド機であるTBDデバステイター(VT-8中隊)も実装。詳細は該当ページにて。

歴史 Edit

  • ヨークタウン級航空母艦に搭載するためダグラス社によって開発された艦上攻撃機。
    生産数はかなり少なく129機しかない。
    完成した1936年当時、各国の単葉攻撃機がまだ実用に至っていなかった事もあり、極めて高い水準の性能だった。
    しかしその後は改良を加えられていなかったため、太平洋戦争開戦時にはすっかり旧式化。
    最大速度331km/h、航続距離1000km未満の本機ではコンビを組むSBDドーントレスとの連携に支障があった。
    搭載魚雷の不具合や防弾装備の不足などの問題も抱えていた。
    開戦時には後継機のTBFアベンジャーが完成間近だったとはいえ、採用から5年間放置した代償は大きかったのである。
    • 一方、同時期1937年完成の九七式艦攻は発動機を変えて性能向上を果たしており、緒戦では大戦果を上げている。
  • 珊瑚海海戦で祥鳳を撃沈するなど一応の活躍を見せるものの、その後は大きな戦果を挙げらず、多数が撃墜されてしまっている。
    • どうにも同時期にSBDドーントレスが莫大な戦果を挙げていたためイマイチ影が薄くなってしまった感じである。
      ミッドウェー海戦でも発艦した攻撃隊は4機を除き未帰還となっており、結果としてそれがオトリとなったことでマクラスキー隊のSBDドーントレスの活躍に繋がっている。
      • その後は攻撃機としての役目を後継機のTBFアベンジャーに譲り、1944年には残る全機がその活動を終了している。

コメントフォーム Edit


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • バラクーダ<助けてくれ!化物だ! -- [SgmPfJwKRzc] 2017-11-05 (日) 21:10:38
    • あの輸送機の名前バラクーダだったのか! -- [AB6Rd8BUlSw] 2017-11-05 (日) 23:11:26
  • ???「タマタマの下にいる!!」 -- [GiIFZj6k526] 2017-11-05 (日) 23:00:05
    • そっちちゃうwあ、合体して頭が悪くなった巨人でもないぞw(牽制 -- [ffkNotw3If.] 2017-11-05 (日) 23:06:38
    • レールガンくらって退場しそう -- [1f9SzSyfUSE] 2017-12-05 (火) 09:23:47
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-22 (月) 03:13:30