#title(シカゴの詳細・評価・オススメ装備)

[[艦種別リスト>キャラクター/艦種別]] > ''シカゴ''
----

#contents
*基本情報 [#o602c0d6]

|CENTER:450|CENTER:84|CENTER:90|CENTER:84|CENTER:90|c
|~No.042|>|>|>|~プロフィール|
|&attachref(シカゴ全身.jpg,zoom,450x525);|~名前|>|>|シカゴ|
|~|~レアリティ|>|>|R|
|~|~艦種|>|>|重巡|
|~|~陣営|>|>|ユニオン|
|~|~建造時間|>|>|01:40:00|
|~|~CV|>|>|根本流風|
|~|~イラスト|>|>|realmbw|
|~|~耐久|C|~火力|A|
|~|~雷装|E|~回避|C|
|~|~対空|C|~航空|E|
|~|~航速|>|>|26|
|~|~SD|>|>|&attachref(シカゴ.gif);|
|>|>|>|>|~自己紹介|
|>|>|>|>|お姉さんはノーザンプトン級の四番艦のシカゴよ。&br;運があまり良くないし、戦果も大したことなかったけど、&br;指揮官くんのために頑張るから、お姉さんのことを大事にしてね〜チュッ♡|
|>|>|>|>|~入手方法|
|>|>|>|>|3-1、4-4、6-4、7-2|

|>|>|>|>|>|>|>|>|~ステータス(MIN/MAX)|
|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:96|c
|~耐久|581|3002|~装甲|>|軽装甲|~装填|61|145|
|~火力|44|209|~雷装|0|0|~回避|9|23|
|~対空|38|178|~航空|0|0|~消費|3|10|
|~対潜|0|0|>|>|>|>|>||
|~運|>|32|>|>|>|>|>||
|~装備枠|~初期装備|~補正(MIN/MAX)|~最大数((各行動時に攻撃を行う砲座数や艦載機数))|
|CENTER:120|CENTER:369|CENTER:160|CENTER:160|c
|重巡主砲|[[203mm三連装砲T1>203mm三連装砲]]|100%/120%|2|
|駆逐副砲||50%/55%|1|
|対空|[[12.7mm対空機銃T1>12.7mm対空機銃]]|100%/105%|1|
|設備|-|-|-|
|設備|-|-|-|

|>|~スキル名|~効果|
|CENTER:60|CENTER:150|LEFT:610|c
|&attachref(img/集中攻撃_icon.jpg,nolink,70%);|集中攻撃|主砲発射時15.0%(30.0%)で発動。一回だけ主砲によるダメージが2倍になる|
|&attachref(img/全弾発射-重巡_icon.jpg,nolink,70%);|全弾発射-ノーザンプトン級I|自身の主砲で12回(IIで8回)攻撃する度に、全弾発射-ノーザンプトン級Iを行う|
//スキルアイコン→&attachref(img/スキル名_icon.jpg,nolink,70%);
//改造時に習得するスキルは色変え→BGCOLOR(#e9eefd):

|>|~上限突破|
|CENTER:60|LEFT:771|c
|~初段|全弾発射スキル習得/主砲補正+5%|
|~二段|主砲砲座+1/主砲補正+10%|
|~三段|全弾発射弾幕強化/武器補正+5%|

|~全弾発射スキル|~特殊弾幕スキル|
|CENTER:415|CENTER:416|c
|&attachref(シカゴ弾幕.gif);|-|


上記情報の参照元:[[http://wiki.joyme.com/blhx/>http://wiki.joyme.com/blhx/%E8%8A%9D%E5%8A%A0%E5%93%A5]]

***MAXステータス [#t8aa5105]
|CENTER:216|CENTER:216|CENTER:216|c
|>|>|~Lv110好感度100|
|~耐久|~装甲|~装填|
|3197|軽装甲|156|
|~火力|~雷装|~回避|
|224|0|38|
|~対空|~航空|~消費|
|191|0|10|

*ボイス [#q0d1e494]
#region(クリックでセリフ一覧を開く)
|~入手時|あんたが指揮官くん?お姉さんに弄ってほしいって顔してるわね。明日から楽しみよ。|
|~ログイン|放置プレイにもほどがあるわよ。指揮官くん〜|
|~詳細確認|お堅い数字とにらめっこしてないで…もっと柔らかそうなものを見てみない?|
|~メイン1|女はシカゴの風と同じくよく変わるものよ、指揮官くん❤|
|~メイン2|この距離こそ、二人だけの話ができちゃうわ❤|
|~メイン3|肩が固いわね、お姉さんがほぐしてあげようか?|
|~メイン4| |
|~メイン5| |
|~タッチ|お姉さんがもっと面白いことを教えてあげる❤|
|~タッチ2|あぁん〜指揮官くんは悪い子ねぇ〜|
|~タッチ3| |
|~任務|新しい任務を整理したわよ。……お姉さんも、たまにはちゃんと働くの|
|~任務完了|ボーナスよ。指揮官くんはいつも偉そうにしてるのね|
|~メール|新しいメールよ、こ・こ・よ❤|
|~母港帰還|ご苦労さん。お姉さんの胸で癒してあげる〜|
|~委託完了|指揮官くん、委託に行った娘たちが帰ってくるみたいよ、ちょっとその前にお姉さんとイイコトしない?|
|~強化成功|ここまで期待されると、お姉さんも頑張らないとね〜|
|~戦闘開始|いい風ね〜|
|~勝利|帰ったらいっぱいご褒美ちょうだい〜(ちょろり|
|~失敗|あらぁ、服が破けてるじゃない〜|
|~スキル|あら、逃さないわよ!|
|~損傷大| |
|>|BGCOLOR(#FFFFFF):COLOR(GRAY):CENTER:~▼好感度系|
|~失望|指揮官くん、女心についてはまだまだ勉強が必要ね|
|~知り合い|指揮官くん、夜は長いよ。お姉さんと大人の遊びでもしない?…冗談よ〜|
|~友好|お姉さんが苦手な人は結構いるけど、指揮官くんは物好きよね……|
|~好き|最近ちょっと控えめになった?そうよ。だって生まれて始めて視線を奪いたい人ができちゃったもの。努力しないとね〜|
|~ラブ|あら、顔色が悪いわね。疲れが溜まっちゃってるのかしら……じゃあお姉さんがご飯作ってあげるわ。お姉さんにも責任、あるからね〜|
|~ケッコン|指揮官くんからこれを貰うため、お姉さんは結構我慢したのよ?&br;もらったらもう我慢しなくてもいいよね?じゃあ……心の準備しといてね、絶対逃さないんだから♥|

#endregion
*ゲームにおいて [#y943775b]
**性能 [#bf41d1f4]
-いわゆる火力型重巡…の一言では片付けられない性能を持つ、ユニオン陣営が誇る&color(red){砲戦特化型重巡洋艦};
同等以上の能力を持つ者としては[[ウィチタ]]がいるが、このキャラ独特の強みもある。
-基礎ステータスを見る限りでは耐久・装甲・火力・装填などすべて平凡で、主砲の補正も100%/120%とそれほどでもない。
-ポイントは、限界突破2回目の&color(blue){「主砲砲座+1」};。
これ自体は上記のウィチタ含め、同様の性能を持っている重巡もそれなりにいる。単純に回転が2倍になり、全弾発射のカウントが乗る点も変わらない。
「この性能で増えたところで…」と思うだろう。が、&color(red){スキルとのコンボがヤバすぎる};のだ。
~
-所持スキルは「集中攻撃」 15%/30%で主砲ダメージを倍にする効果を持つ。
&color(blue){主砲発射がトリガー};のスキルであり、その主砲は&color(blue){2本};ある。この時点で相性の良さは明確だが、スキルLvMAXを前提として詳細を並べておく。
--当然ながら、発砲ごとに完全に独立して発動確率の抽選が行われる。2射1セットとした場合、1回でも発動する確率は51%。
また、&color(red){発動から1〜2秒程度効果が持続している。};よって、1射目で発動後、すぐに2射目を撃てれば&color(blue){そちらにも効果が乗る。};
(恐らく、一回で3連射するタイプの主砲の全弾に効果を乗せるためと考えられる)
主砲のリロードは状況によってズレていくので、事実上手動限定のテクニック。射角を意識してあえて撃たないようにするとこの状況に持っていきやすい。
--1射目のスキル発動率は当然30%。これを引いた瞬間、&color(red){通常射撃の4倍ものダメージが確定};する。これこそが彼女の真骨頂。
---ウィチタの持つ「主砲連射」ではこうはいかない。当キャラの「集中攻撃」もそうだが、この系統のスキルには再発動までの待機時間が存在する。
これにより、"1射目でスキル発動→2射目でも発動"とはならない。「主砲連射」の場合、通常射撃の3倍ダメージが限界となる。
ステータスや他スキルの都合もあり、これだけで追いつけるわけでもない。が、最大の利点として覚えておいて損はない。
--但し、&color(red){1射目を撃ち切らないと2射目は撃てない。};2連射の主砲までは確実な効果を期待できるが、&color(blue){3連射タイプの4倍狙いはやや厳しい。};
~
-難点は、とにかく脆い点である。
耐久は重巡ワースト4位(2017年11月現在)であり、並の軽巡よりも低い。速力・回避にも期待できず、当然のことながら軽装甲。
編成や設備で補わなければ、あっという間に大破してしまうだろう。
~
-主砲+1とスキルの相乗効果で高い火力を誇り、限定的ながら驚異的な瞬間火力をも獲得できる面白いキャラ。
ドロップは最速で3-1とやや遅め。限界突破はそこまで苦労しないだろうが、お手軽な強キャラ…というわけではない。
彼女の魅力を限界まで引き出すには、知識と準備、そして手動での操作が不可欠。自分自身のテクニックで、大人のお姉さんを乗りこなそう。

***認識覚醒 [#fb173e4c]

相も変わらず火力一辺倒で防御など顧みぬ我道を突き進むのであった。耐久性能的には堂々の重巡ワーストだが攻撃性能はトップクラスというピーキーさ。
プリンが焼きプリンになった程度には固くなるが、先頭には絶対に置かないようにしてあげよう。
無改造R艦がSR・SSRの上位重巡勢と変わらぬ火力を叩き出す時点で色々おかしいので仕方ない気もする。

**オススメ装備/編成 [#rdb1030b]
***主砲 [#f04e3129]
基本的には、4倍ダメージを狙いやすい2連射の主砲をおすすめしたい。
3連射タイプでもやってやれない事は無いが、装填時間の調整や射角の管理に多少の慣れが必要。
いずれにせよ、火力が最大の売り。できれば金装備を用意してあげたい。
|CENTER:&ref(艦砲リスト/重巡主砲テーブル/試作203mmSKC三連装砲T0.png,nolink,40x40);|[[試作203mmSKC三連装砲]]T0|3発×2連射。下記[[203mmSKC連装砲]]T3の対抗馬として十分な性能を持つ。&br;あちらと比べて単発威力は5%下がっているが、連射数・装填時間の短縮による回転の速さでそれを補っている。入手性を考えなければ最良。&br;僅かに拡散する性質を持ち、射程限界付近では数発外す事もある。やや距離を詰めて運用したい。|
|CENTER:&ref(艦砲リスト/203mmSKC連装砲T3.jpg,nolink);|[[203mmSKC連装砲]]T3|2発同時×3連射。4倍撃がやや狙いづらく、撃ち切りの遅さから回転も悪い(=スキルの抽選回数を稼げない)と、スキルとの相性は今ひとつ。&br;利点を挙げるなら、弾道が素直なため長距離で立ち回れるところか。やや後ろ向きだが、耐久面の不利を考えると決して悪い選択ではない。&br;重巡の金主砲では最も入手性が良い…というより、まともに入手可能なものは現在の所これだけ。火力値+45を得るためにも、最低限持たせておきたい。|
|CENTER:&ref(艦砲リスト/試製203mm連装砲(3号)T0.png,nolink,40x40);|[[試製203mm連装砲(3号)>試製203mm連装砲(3号)]]T0|2発×2連射。コアショップで交換可能。&br;連射数が少なく、弾道も安定していて扱いやすい。研究所産と比べれば入手も容易なので、榴弾であれば取り敢えずこれを目指したい。|
|CENTER:&ref(試製203mm三連装砲/試製203mm三連装砲.png,nolink,40x40);|[[試製203mm三連装砲]]T0|1発×3連射。投射数は上記と比べ1発減っているが、その代わりに単発威力が高めとなっている。&br;やや拡散する弾道と連射数の多さから、比較的近距離で正面付近に立ち続ける必要がある。入手性も含めてやや上級者向け。|

***副砲 [#cf7b7f0b]
火力値が上がる装備を推奨。「威力」ではなく「火力」である。元のステータスが控えめな分、僅かな数値の変化であってもその恩恵は大きい。
対空が上がる装備もあるが、その役目は僚艦に任せてしまいたい。
|CENTER:&ref(艦砲リスト/138.6mm単装砲Mle1929T3.png,nolink,40x40);|[[138.6mm単装砲Mle1929]]T3|火力値+35。イベント限定品なので流石にもったいないが、突き抜けるなら是非。|
|CENTER:&ref(艦砲リスト/127mm連装砲T3.png,nolink,40x40);|[[127mm連装砲]]T3|火力値+25。榴弾かつ弾道が素直で入手性も悪くない。火力値のみで見れば他にも候補はあるので、手持ちと相談したい。|

***対空 [#od8e07fb]
対空値・補正値ともに平凡なので優先順位は低く、特に選り好みはしない。もし未強化のものを載せるなら、数値に変動の無い「射程」を重視。
強化後であれば選択肢は幅広い。手動操作がメインなので、射程を犠牲にして攻速重視で選定してみるのも面白い。
|CENTER:&ref(対空砲リスト/四連装28mm対空機銃「シカゴピアノ」T3.png,nolink,40x40);|[[四連装28mm対空機銃「シカゴピアノ」]]T3|何となくこれを載せている指揮官もいるとかいないとか。相性も特別悪くは無い。金装備は余裕があれば検討しよう。|

***設備 [#y1fea631]
&color(blue){基本は耐久系で。};どうしても装填系を積みたいなら、かなり手厚いフォローが必要になる。
尤もこれは高難易度での話で、低〜中難易度においてはこの限りではない。柔軟に対応しよう。
***編成 [#n4d10248]
-前衛…単体での砲火力の高さから、スキル:砲術指揮を持った艦と相性がいい。
[[ウィチタ]]と組めば2隻で凄まじい攻撃力を発揮するが、流石に速力が厳しいか。[[ブルックリン]]などはそれなりに速く、[[リアンダー]]改は煙幕散布も持っている。
また、上述の通り耐久面には不安があるので、被弾しやすい先頭に高耐久や高回避の艦を据えて補いたい。
-主力…ある程度お好みで構わないが、スキルでの支援があると嬉しい。支援空母と装填指揮を持つ[[ユニコーン]]は攻守ともにサポートしてくれる。
また、道中突破は問題ないので対ボス用火力を一人は入れておきたい。
**キャラクター [#j2f3dc02]
-モデルはアメリカ海軍にて活躍したノーザンプトン級重巡洋艦の4番艦・シカゴ(USS Chicago, CL/CA-29)
--自己紹介で「運があまり良くない」との発言があり、戦歴を追っていくと納得できてしまうのが悲しい。
-しかし、ゲーム内ではどこ吹く風。指揮官“くん”をあの手この手で誘惑する、とってもアダルティなお姉さんとなっている。
--含みを持たないセリフを探すほうが難しく、事あるごとに剛速球をガンガン投げ込んでくる。[[某軽空母>レンジャー]]が横で茹で上がっていそうだ。
--自身で「苦手な人は結構いるけど」と言っているあたり、自覚はあるようだ。いやいや、世の中にはリードされたい野郎も一定数いるんですよ、これが。
-%%だからなぜボイスが無いんだ。早期実装が望まれる%%…ついに実装されました。
-「女はシカゴの風と同じくよく変わるものよ、指揮官くん❤」「いい風ね〜」
--→シカゴ市の異名「風の都」(Windy City)から。1870年代から使われている異名だが、実はシカゴは特に風が強い街という訳ではない。
これには諸説あり、1892年発行『Freeborn County Standard』は「シカゴ市民は気まぐれでホラ吹きだから」という悪意ある説を載せている。
一方で、1870年代の文章はシカゴ市は心地よい涼風が吹く観光地と紹介しているものもあり、こっちが元だという説もある。
シカゴの台詞は両方を反映したものとなっている。

*元ネタ [#o6161fc6]

 アメリカ海軍の[[ノーザンプトン]]級重巡洋艦の4番艦「シカゴ」(USS Chicago,CL/CA-29)。艦名はアメリカ合衆国のイリノイ州の都市・シカゴに由来する。
1928年7月4日、カリフォルニア州のメア・アイランド海軍工廠にて起工、1930年4月10日進水、1931年3月9日就役した。
 ロンドン条約を受けて同年7月にアメリカ海軍は艦艇の分類を変更し、「シカゴ」は重巡洋艦に再分類された。((重巡は軽巡の発展型であるため、それまでは軽巡に分類されていた。))
これに伴い、ハルナンバーもCL-29からCA-29に改訂されている。なお、CAの艦種記号は、装甲巡洋艦に使われていたものだった。用済みとなった記号を、新たな分類に適用したのである。((細々と生き残っていたアメリカの装甲巡洋艦は、ロンドン条約で全て廃艦となった。))~
 就役後は主にカリフォルニアを拠点に東太平洋で活動した。33年10月には運悪く濃霧の中イギリス商船と衝突し、将校3名が死亡、1名の兵卒が腕を切断する重傷を負った。
40年9月からは真珠湾に拠点を移した。
 日本との開戦時には警備任務に当たっており、再攻撃に備えて哨戒を行った。
年が明けると[[オクラホマ]]の艦長だったボーデ大佐を新艦長に迎え、オーストラリア・ニュージーランド両海軍を核とするANZAC部隊に派遣され、ニューギニア方面で哨戒や空母の護衛などについた。
まもなく戦線整理に伴ってニュージーランド海軍は分かれ、第44任務部隊としてオーストラリア海軍と行動を共にすることとなった。~
 1942年5月7日〜8日の珊瑚海海戦では、任務部隊はポートモレスビーの最後の防衛線として、エアカバーもないままわずか6隻で機動部隊と別行動を取ることになった。
任務部隊はやがて日本軍に発見され、陸攻隊による空襲を受ける。
「シカゴ」は旗艦「オーストラリア」ともども戦艦に誤認され雷撃機の集中攻撃を受けるが全て回避に成功し、逆に部隊全体で指揮官機を含む4機を撃墜している。
続いて高高度から行われた水平爆撃は、輪形陣の中心にいた「オーストラリア」だけを狙っており、また極めて正確でもあった。
「シカゴ」の艦橋では旗艦が撃沈されたと誤認するほどの猛攻で、艦長は思わず悼辞を唱えたというが、極めて巧みな回避運動により「オーストラリア」は無傷だった。
その後部隊は、さらに高高度からの水平爆撃を受けた。今回も全艦無傷だったが…これがなんと、米陸軍航空隊機の''誤爆''であった。
艦からも飛行機からも写真が撮られており誤爆であることは明白だったが、陸軍側はこれを否定しつづけた。
空からの敵味方の識別というのは非常に難しく、誤爆自体は簡単に責められるものではないが、その後もしばらく陸軍は識別の訓練を見直さなかったという。~

 1942年5月31日、日本海軍の特殊潜航艇がシドニー港を襲撃したとき、「シカゴ」もまた同港に在泊していた。
この日の晩、「シカゴ」のボーデ艦長は折悪くシドニー軍港・オーストラリア海軍管区司令官と会食中で、副長が指揮を取っていた。
監視哨から潜水艦侵入の報せを受けて間もなく探照灯で潜航艇を捉え、副砲や機銃で攻撃したが、俯角を十分取れなかったため効果は薄かった。
「シカゴ」は出航準備に入るが、ちょうどその時、折悪く艦長が酒に酔って帰艦、誤報とみなして行動を中止させた。同様の混乱は軍港司令部でも発生している。
この時艦長は部下を''「お前たちは酔っぱらっているのか」''と叱責したそうだが……。
さきほど発見した潜航艇(八巻悌次中尉・松本静一等兵曹搭乗;八巻艇)はやがて「シカゴ」に向けて魚雷を発射、幸いにも外れて岸壁に命中したが、衝撃で宿泊艦「クッタブル」が撃沈され死者を出している。
さらに別の潜航艇(松尾敬宇中尉・都築雅夫二等兵曹搭乗;松尾艇)からも襲われたが、魚雷が発射出来なかった。そこで「シカゴ」に体当たりを試みたが、その衝撃はごく僅かなものだった。
なお、八巻艇は無事シドニー港を脱出したが、「シカゴ」からの攻撃による損傷が広がり、母艦に帰還することなく沈没、松尾艇も爆雷攻撃を受け、もはやこれまでと自爆した。~
 8月に始まったウォッチタワー作戦では、「シカゴ」を含む第44任務部隊は別方面の米海軍部隊とともに護衛部隊を構成した。作戦は予定を繰り上げて決行されており、連合軍部隊は寄せ集め同然だった。
そんな中始まったツラギ島・ガダルカナル島への上陸は順調だったものの、日本海軍機の激しい空襲にさらされ、乗員は高級将校も含め二日二晩ほとんど休息すら取れない状態だった。
さらに友軍の航空偵察は前記の事情もあって不正確で、最終的に司令部では水上艦艇による攻撃はないと判断、9日の晩にようやく乗員は休息を取れることになった。
しかしまさにその晩、日本艦隊が夜襲を仕掛けてきたのだ。サボ島沖海戦(日本名:第一次ソロモン海戦)である。
日本艦隊は、レーダーも用いて警戒を行っていた米駆逐艦の哨戒線をすり抜け、完全な奇襲に成功。
「シカゴ」は反撃を試みるも、照明弾不発などの不運にも見舞われやがて大破、周囲の部隊にさらなる警報を発せられないまま、輸送船団を背後に残す形で戦場を離脱した。
この行動はのちに問題視され、ボーデ艦長は翌年拳銃自殺を遂げてしまう。同海戦は「シカゴ」にとってあらゆる不運の集積とも言えるものとなった。

 「シカゴ」は翌1943年初頭に戦線復帰、因縁深いガダルカナル島への船団を護衛して1月27日にニューカレドニアを出港した。
29日夜、部隊は日本海軍機の二波にわたる空襲を受ける。合計3機を撃墜するものの、「シカゴ」は魚雷2本を受けて航行不能となり、曳航されながら後退した。
翌日、日本航空部隊が出撃という偵察情報が入ると、なんと艦隊司令部は他の巡洋艦に「シカゴ」を残して撤退するよう命令をくだす。
こうして「シカゴ」は自力航行ができない状態で、わずか6隻の駆逐艦とともに空襲を待つ身となってしまったのだった。
近くにいた空母「[4エンタープライズ]]」から護衛に戦闘機がやって来たが、統制は取れておらず、攻撃開始時にいたのはわずか2機だけだった。
「シカゴ」と駆逐艦たちは、それでも対空砲火だけで来襲した日本機11機のうち6機を撃墜、さらに到着した4機の戦闘機がもう1機を撃墜した。
しかし日本機は5本の魚雷の投下に成功。既に深く傷つき、行動の自由まで奪われていた「シカゴ」には十分な数だった。「シカゴ」は4本の魚雷を受け、20分ほどで転覆、沈没した。
この時も「シカゴ」にとって不運なことに、所属部隊の司令官は大西洋で対潜戦には慣れていたが、対空戦には不慣れだった。
さらに不運なことに「シカゴ」は上級司令部から事実上見捨てられ、頼みの綱の戦闘機も統制を欠くという有り様だった。
アメリカでは、「シカゴ」の喪失は「戦術上の第一級の愚行」とまで酷評されることもある。
少なくとも当時の海軍上層部では十分に避けることのできた失敗とみなされており、太平洋方面の最高指揮官自ら「『シカゴ』の喪失を口外したものは射殺する」とまで宣言したと言われている
(ただしこの発言は機密保持の徹底を求めたものだという説もある)。
 「シカゴ」の名は、ボルチモア級重巡洋艦の14番艦「シカゴ」(CA-136。のちミサイル巡洋艦に改装されてCG-11)に引き継がれ、現在はロサンゼルス級原子力潜水艦の34番艦「シカゴ」(SSN-721)が就役中である。

*コメントフォーム [#s495ca91]
#region(クリックで過去ログ一覧を開く)
末尾の番号が若いほど、古いログになります。
#ls2(コメント/シカゴ/)
#endregion
#pcomment(,reply,20)

&size(16){''こちらの板は[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]を適用しております。投稿する前に、[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]をご確認ください。''};
''&color(#0000ff){3回のルール違反でアクセス禁止処置、該当プロバイダーへ迷惑行為としてログを提出};''させていただきますので、ご了承下さい。

&size(16){''また、愚痴を含む投稿は[[愚痴掲示板]]で投稿するようお願いいたします。''};

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS