[[設備リスト]] > ''改良型缶''
----

#contents

*基本情報 [#u52283d8]
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~名前|>|>|>|~装備種|>|~所属|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:改良型缶|>|>|>|CENTER:設備|>|CENTER:共通|
|~T|~アイコン|~★|>|~耐久|>|~火力|>|~対空|>|~回避|>|~命中|>|~速力|>|~装填|~特殊|~設計図|
|~|~|~|~初&br;期|~最&br;大|~初&br;期|~最&br;大|~初&br;期|~最&br;大|~初&br;期|~最&br;大|~初&br;期|~最&br;大|~初&br;期|~最&br;大|~初&br;期|~最&br;大|~|~|
|~T1|&attachref(設備リスト/改良型缶T1.jpg,nolink);|2|35|50|-|-|-|-|-|-|-|-|1|1|-|-|-|なし|
|~T2|&attachref(設備リスト/改良型缶T2.jpg,nolink);|3|63|119|-|-|-|-|-|-|-|-|2|4|-|-|-|なし|
|~T3|&attachref(設備リスト/改良型缶T3.jpg,nolink);|4|98|245|-|-|-|-|-|-|-|-|3|8|-|-|-|5-1、9-1|
|>|~艦種|~駆&br;逐|~軽&br;巡|~重&br;巡|~戦&br;巡|~戦&br;艦|~航&br;戦|~砲&br;艦|~軽&br;母|~空&br;母|~工&br;作|~潜&br;水|>|>|>|>|>|~例外|
|>|~装備可否|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|?|>|>|>|>|>||
*基本情報 [#info]
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~名前|>|~装備種|>|~特性|>|~所属陣営|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|改良型缶|>|設備|>|なし|>|その他|
|~T|~アイコン|~★|>|~耐久|>|~速力|>|>|>|>|>|>|>|~スキル|~設計図|
|~|~|~|~初&br;期|~最&br;大|~初&br;期|~最&br;大|>|>|>|>|>|>|>|~|~|
|~T1|&ref(設備リスト/改良型缶T1.jpg,nolink,40x40);|2|35|50|1|1|>|>|>|>|>|>|>|-|なし|
|~T2|&ref(設備リスト/改良型缶T2.jpg,nolink,40x40);|3|63|119|2|4|>|>|>|>|>|>|>|-|なし|
|~T3|&ref(設備リスト/改良型缶T3.jpg,nolink,40x40);|4|98|245|3|8|>|>|>|>|>|>|>|-|5-1&br;9-1|
|>|~艦種|~駆&br;逐|~軽&br;巡|~重&br;巡|~超&br;巡|~巡&br;戦|~戦&br;艦|~軽&br;母|~空&br;母|~航&br;戦|~潜&br;母|~砲&br;艦|~潜&br;水|~工&br;作|~備考|
|>|~装備可否|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○| |
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~入手方法|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[装備箱>アイテム一覧#y8a7054e]]、通常海域での設計図ドロップなど|

*特徴・運用法 [#f8c5d14a]

*特徴・運用法 [#feature]
耐久力と速力を同時に上昇させる設備。低速艦の希望の星。
純粋に耐久力を伸ばしたい場合、魚雷ダメージを軽減する[[バルジ]]や、耐久力を回復させる[[応急修理装置]]に軍配が上がる。
したがって、本装備を採用する際は速力を伸ばすという点に重きが置かれる。
速力を上げると、魚雷や投射攻撃を避けやすくなり、自爆ボートを追いかけての処理も容易になる。

速力アップは前衛のどの艦に付けても効果があるが、装備している艦が沈むと効果が失われるので、
・バルジを装備できない駆逐に付けて耐久を補う
・駆逐や軽巡がやられた後の速度低下を防ぐため、重巡など速力の低い艦に付ける
など、艦隊の性質に応じて誰に付けるかを考えよう
なお、主力艦に装備することはできるが、[[ビーバーズエムブレム]]とは違い前衛の操作スピードは変わらない。

パーツ強化で速力の値がアップするため、+10にすればかなりの速さで動けるようになる。
おおよその目安だが、重巡にT3缶+10(速力+8)を1つ付けると軽巡並に、2つ付けると駆逐艦並に足が速くなる。
元々速い艦へ付けると凄まじい機敏さで動くようになり、[[チャールズ・オースバーン]]の31ノット・バークでも重ねようものなら&color(#FF0000){もはや制御不能レベルである。};

他に速力を上げる装備は、[[ジャイロスコープ]]か図鑑報酬限定の[[ビーバーズエムブレム]]のみ。
ジャイロスコープは耐久の代わりに命中が上がる。
命中値がクリティカル率に関与しているので、耐久よりも火力がほしいならあちらを選ぶといいだろう。
命中値がクリティカル率に関与しているので、耐久よりも火力がほしいならあちらを選ぶといいだろう。~
ジャイロスコープ同様に速力向上が潜水艦にも有効。ジャイロ+缶で組み合わせれば耐久と命中を強化しつつ相当に素早い潜水艦となる。

*歴史 [#t9520aba]
ちなみにT3缶は最大の+11まで強化すると速力は増えずに耐久260とセイレーン作戦用補正+1%が増える。
また、同性能の金枠の[[コラボ>インテリジェントチップ]][[装備>あん肝]]の+12以降の強化でも速力は増えないので注意。

*歴史 [#history]
-「缶」はボイラーのこと。「かん」、あるいは「かま」と呼ばれる事もある。
中央に設置された炉で火を炊き、内部の水を加熱。高温高圧の水蒸気を生み出すものである。
生み出された水蒸気はタービン(風車のようなもの)を回転させ、艦を動かす動力の源となった。

-本装備のアイコンは三胴式水管ボイラー、特にイギリスのヤーロー社が開発したヤーロー式と呼ばれるタイプに近い。
--ヤーロー式ボイラーの発展型としては、日本の「ロ号艦本式缶」やイギリスの「アドミラルティ式ボイラー」がある。
本装備のモチーフはこれら第二次大戦で使われたヤーロー系ボイラーだと考えられる。
--三胴式ボイラーは燃料消費が多いものの大出力かつコンパクトであり、船舶用としては主力の形式であった。
日英以外の軍艦も、国によって細かい形式は異なるものの基本的には三胴式ボイラーを搭載していた。

-ロ号艦本式缶は日本海軍の技術部門である艦政本部が開発し、1914年から艦艇への搭載が始まった。
日本海軍の標準となり、蒸気の温度や圧力などの小改良を繰り返しながら長く製造された。太平洋戦争当時第一線にあった艦艇は基本的にこのボイラーを搭載している。
--1900年に(当時の)ヤーロー式を改良する形で開発された「イ号艦本式缶」は内部構造に腐食が発生しやすく、耐久性に問題があったため、さらなる改良型として開発された。
--広島県呉市の呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)には、1928年の第一次改装時に取り外された巡洋戦艦「金剛」のイ号艦本式缶が1基現存し、常設展示されている。
--広島県呉市の呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)には、1928年の第一次改装時に取り外された巡洋戦艦「[[金剛]]」のイ号艦本式缶が1基現存し、常設展示されている(([[画像>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kongo_Yarrow_Water-tube_boiler.JPG]]))。
取り外された後は暖房設備として使用され、1993年まで現役だったと言われている。
---この戦艦金剛に搭載された缶の運用がどのようなものであったかは、かの文豪・芥川龍之介が金剛に乗艦した体験を綴った『軍艦金剛航海記』に詳しく書かれている。艦底にある機関室は暗く石炭の粉が舞っており、機関兵が手押し車やショベルでボイラーの中へ石炭を投入し、暑さは水を一升瓶でガブ飲みしなければ耐えられない程だという。

-アドミラルティ式はイギリス海軍省が開発したもので、1927年から艦艇への搭載が始まった。
艦本式缶と同じくヤーロー式の改良型であるが、ヤーロー式自体が27年の間に発展を遂げているため、ロ号艦本式缶とは従兄弟か再従兄弟のような関係にあたる。
--[[ベルファスト]]の缶室には今なおこのボイラーが収められ、公開されている。

*コメントフォーム [#n98ce289]
*コメントフォーム [#comment]
#pcomment(,reply,20)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS