#title(クイーン・エリザベスの詳細・評価・オススメ装備)

[[艦種別リスト>キャラクター/艦種別]] > ''クイーン・エリザベス''
----
#contents
*基本情報 [#o602c0d6]
|CENTER:450|CENTER:84|CENTER:90|CENTER:84|CENTER:90|c
|~No.130|>|>|>|~プロフィール|
|&attachref(クイーン・エリザベス.jpg,zoom,450x525);|~名前|>|>|クイーン・エリザベス|
|~|~レアリティ|>|>|SR|
|~|~艦種|>|>|戦艦|
|~|~陣営|>|>|ロイヤル|
|~|~建造時間|>|>|04:10:00|
|~|~CV|>|>|上坂すみれ|
|~|~イラスト|>|>|MD&br;かえで(着せ替え「女王さまの舞踏会」)|
|~|~耐久|A|~火力|A|
|~|~雷装|E|~回避|D|
|~|~対空|D|~航空|E|
|~|~航速|>|>|24|
|~|~SD|>|>|&attachref(クイーン・エリザベス.gif);|
|>|>|>|>|~自己紹介|
|>|>|>|>|ロイヤルネイビー超弩級旗艦よ、この名を骨に刻んでおきなさい!&br;戦果?そんなもの、下僕どもに取らせて、私はその働きを見るだけでいいわ!|
|>|>|>|>|~入手方法|
|>|>|>|>|5-2、7-1、10-4|

|>|>|>|>|>|>|>|>|~ステータス(MIN/MAX)|
|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:96|c
|~耐久|1250|6464|~装甲|>|重装甲|~装填|53|126|
|~火力|78|368|~雷装|0|0|~回避|6|15|
|~対空|40|185|~航空|0|0|~消費|5|14|
|~対潜|0|0|>|>|>|>|>| |
|~運|>|25|>|>|>|>|>||

|~装備枠|~初期装備|~補正(MIN/MAX)|~最大数((各行動時に攻撃を行う砲座数や艦載機数))|
|CENTER:120|CENTER:369|CENTER:160|CENTER:160|c
|戦艦主砲|[[381mm連装砲]]T1|100%/130%|3|
|駆逐副砲&br;軽巡副砲|[[152mm単装砲A]]T1|200%/200%|3|
|対空| |100%/100%|1|
|設備|-|-|-|
|設備|-|-|-|

|>|~スキル名|~効果|
|CENTER:60|CENTER:150|LEFT:610|c
|&attachref(img/女王号令_icon.jpg,nolink,70%);|女王号令|戦闘中、ロイヤル陣営の艦の火力、雷撃、航空、対空、装填、回避が5%(Max15%)アップ。――「女王さまは永遠に11歳よ!」|

//スキルアイコン→&attachref(img/スキル名_icon.jpg,nolink,70%);
//改造時に習得するスキルは色変え→BGCOLOR(#e9eefd):

|>|~上限突破|
|CENTER:60|LEFT:771|c
|~初段|主砲砲座+1/主砲補正+5%|
|~二段|副砲砲座+2/主砲補正+10%|
|~三段|主砲砲座+1/主砲補正+15%|

|~主砲攻撃|~特殊弾幕スキル|
|CENTER:415|CENTER:416|c
|&attachref(クイーン・エリザベス弾幕.gif);|-|

//&attachref();

上記情報の参照元:[[http://wiki.joyme.com/blhx/>http://wiki.joyme.com/blhx/%E4%BC%8A%E4%B8%BD%E8%8E%8E%E7%99%BD%E5%A5%B3%E7%8E%8B]]
***MAXステータス [#e237b711]
|CENTER:216|CENTER:216|CENTER:216|c
|>|>|~LV120好感度200|
|~耐久|~装甲|~装填|
|7937|重装甲|153|
|~火力|~雷装|~回避|
|426|0|35|
|~対空|~航空|~消費|
|225|0|14|
|~対潜|>|~ |
|0|>||

//▼改造が実装されたら公開する
//**改造
//|CENTER:100|CENTER:200|CENTER:250|CENTER:70|CENTER:100|CENTER:120|c
//|~改造内容|~詳細|~必要な設計図その他|~費用|~必須レベル|~必須レアリティ|
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||

//▼改造が実装されたら公開する
//***改造後MAXステータス
//|CENTER:216|CENTER:216|CENTER:216|c
//|>|>|~改造後MAXステータス|
//|~耐久|~装甲|~装填|
//||||
//|~火力|~雷装|~回避|
//||||
//|~対空|~航空|~消費|
//||||
//|~対潜|>|~ |
//||>||
//|~潜航力|~弾薬量|~ |
//||||

//▼改造が実装されたら公開する
//***改造後のキャラ絵
//#region(改造後のキャラ絵を開く)
//|&attachref();|
//#endregion

//▼改造ボイスが実装されたら公開する
//***改造後ボイス
//#region(クリックでセリフ一覧を開く)
//|60||c
//|~入手時||
//|~||
//|~||
//#endregion

//▼ケッコン衣装が実装されたら公開する
//*ケッコン
//#region(ケッコン衣装の絵を開く)
//|&attachref();|
//#endregion

//▼着せ替え衣装が実装されたら公開する
*[[着せ替え>着せ替え一覧]] [#sc2f728d]
#region(着せ替え画像を開く)
|>|~女王さまの舞踏会|
|&attachref(./女王さまの舞踏会_1.jpg,70%);|&attachref(女王さまの舞踏会.gif);|
|>|ショップにてダイヤ780で購入可|
#endregion

//▼着せ替え衣装ボイスが実装されたら公開する
**着せ替え後(女王さまの舞踏会)ボイス [#fb3e35a6]
#region(クリックでセリフ一覧を開く)
|60||c
|~入手時|ふふ〜ん、この下僕、ありがたく思いなさい!今日は特別に私のパートナーとしてパーティーに参加することを許してやるわ!……べ、別に好きであなたを選んだわけじゃないからね!てきとう…そう、テキトウに選んだだけよ!わかった?|
|~詳細確認|この私に称賛を捧げることを許してやるわ!……さっさと褒める言葉を並べなさい!この下僕!|
|~メイン1|パーティーで恥をかかせないようにダンスの練習に励みなさい!わ、私が一緒に練習してやっても…わ、私を煩わせる必要はないって!?べ、べべべ別に面倒でもなんでもないわよ!?|
|~メイン2| 女王の進む道にある障害をキレイに取り除くのも下僕の役目よ。わかった?|
|~メイン3| ベル!パーティーの準備はもうできているの?べ、別に待ち遠しくなったわけじゃないわよ!メイドたちの仕事を心配しているだけよ!|
|~タッチ1|ふ、ふん!…せっかく用意したパーティーなんだから、この無礼は大目に見てやるわ。私の寛大さに感謝しなさい!この下僕!|
|~タッチ2|うぉ、ウォースパイト!!15インチ砲でこの不埒な下僕を死刑に処しなさい!し、死刑だあああ!!|
#endregion

*ボイス [#q0d1e494]
#region(クリックでセリフ一覧を開く)
|~入手時|あなたが指揮官?私に指図するなど10万年早いわ!でもまあ、チャンスをあげるわ…今日からあなたは、私の忠実な下僕の1人となるのよ!|
|~ログイン|何なのよ、私をこんなに待たせるなんて!|
|~詳細確認|この庶民!誰が盗み見していいって言ったの? ま、まだ準備できてないんだからね…|
|~メイン1|小さいのは高貴のしるしよ、分かった?|
|~メイン2|ぶつかったですって?私に道を開けないからよ!|
|~メイン3|おなかに触らないで、失礼よ!|
|~メイン4| |
|~メイン5| |
|~タッチ|私の高貴な体に触らないで!|
|~タッチ2|ちょ、ちょっと…愚か者、何するの!!し、死刑にするわよ!|
|~タッチ3| |
|~任務|早くミッションを終わらせなさい!庶民の分際で仕事をサボるな!|
|~任務完了|跪いてミッションの恩賞を受け取るがいいわ!|
|~メール|メールの中身に興味などないわ…ぐぅ…|
|~母港帰還|いい働きよ。特別に少し休ませてあげるわ!|
|~委託完了|委託に行った下僕たちが帰ってきたわ。面白い献上物がないか見てきなさい!|
|~強化成功|強くなる必要なんてないわ!──まあ…あなたがせっかく強くしてくれるというなら…|
|~戦闘開始|超弩級戦艦の威力を見るがいいわ!|
|~勝利|Piece of cake!私のやることに間違いはないわ!|
|~失敗|何てこと!このエリザベス様に恥をかかせるなんて!覚えておきなさい!|
|~スキル|女王の前に跪きなさい!|
|~損傷大|何とぼけてるのよ!早く行きなさいよ!|
|>|BGCOLOR(#FFFFFF):COLOR(GRAY):CENTER:~▼好感度系|
|~失望|この役立たずな下僕!クビにしてやるわ!|
|~知り合い|このエリザベス様のために頑張りなさい!|
|~友好|ここの雰囲気が気に入ったから、少しだけここで座ってやっているの!勘違いしないでちょうだい!|
|~好き|ふ、ふん!あなたも少しは役に立つところがあるから、特別に王家親衛隊の隊長に引き上げてやるわ!私が呼んだらすぐに来るのよ!いい?すぐ!速攻で!最速で!|
|~ラブ|あなたね、仕事は手下に任せればいいじゃない?この私の婿となるものが私のそばにいてくれないとはどういうことかしら!さ、寂しくなっちゃうじゃない……|
|~ケッコン|ようやく私に届いたのね。この馬鹿下僕、どれだけ私に待たせるつもりよ!……でもその努力に免じて、こっちに来て、私の手を取ることを許可してやるわ!はい!これからは私が付いていってあげるんだから!|
|>|BGCOLOR(#FFFFFF):COLOR(GRAY):CENTER:~▼特殊セリフ|
|~[[ウォースパイト]]と出撃|ウォースパイト、早くあいつらをやっちゃってよ!|
|~SSRの3キャラと出撃|これこそ私が求めた艦隊だわ!|
|~ロイヤル5キャラと出撃|王家の戦士たち、栄光のために戦いなさい!|
#endregion
*ゲームにおいて [#y943775b]
----
CENTER:&size(18){''Welcome aboard. ロイヤルネイビーは貴君の着任を歓迎する!''};
----

ロイヤルネイビーの象徴たる、クイーン・エリザベス級戦艦。通称「陛下」
建造でもお越しいただけるが、女王陛下のお住まいの1つである5-2は[[F6Fヘルキャット[T3]>F6Fヘルキャット]]の設計図も入手できる。
女王陛下への謁見が許されるまで、航空戦力を強化すると6章以降が楽になるだろう。

**性能 [#bf41d1f4]
素のステータスはSRとして標準的だが、後述の通りに&color(,#ffffff){''恐ろしく強力なチームバフスキル''};を有している。
[[ネルソン]]級戦艦や[[キング・ジョージ5世]]級戦艦のような一芸をお持ちではないが、逆に言ってしまえば手堅い戦艦ということになる。

**スキル [#p2b52894]

-&size(16){''「女王号令」''};
「ロイヤル陣営の艦の火力、雷撃、航空、対空、装填、回避を最大15%アップする」という永続効果。
1種類でも強力なバフが6種類の能力に掛かる。数値も15%と十分に高く、全スキルの中でもトップクラスの有用性を誇る。
このスキルを活かすため、女王陛下の出撃時は基本的には艦隊をロイヤル所属艦で固める事が推奨される。
また、このスキル効果は女王陛下ご自身にも適応されるので、出撃時はSSR級のステータスを持っているも同義となる。

**総評 [#s63886e0]
現在は[[長門]]や[[ビスマルク]]のように、女王陛下以外にも強力なチームバフスキルを有する艦が増えたので以前ほどの絶対的優位性はなくなった。
また、それらの艦は大体弾幕スキルも持っているので、弾幕スキルをお持ちではない女王陛下を軽視する無礼な輩が増えてしまったのは否めない。

しかしながら、女王陛下は逆に言えば''弾幕スキルにも配置にも縛られない''という強みを持っている事にもなる。
下僕との旗艦の奪い合いにならず、弾幕スキルの都合で装備がほぼ一択になることもない。好きな装備や配置で出撃していただけるのだ。
この自由度の高いチームバフこそ女王陛下のオンリーワンであり、今でも忠誠を誓う指揮官が尽きない理由だろう。

入手はそれなりに困難であり、またスキルレベル上げも必須ではあるが、戦力があまりそろわない段階でも十分な戦闘力を引き出してもらえる。
序盤のみならず、後半海域においてもその威光でロイヤルネイビーを勝利に導いてくれるだろう。

----
CENTER:&size(18){''今日からあなたは、私の忠実な下僕の1人となるのよ!''};
RIGHT:&size(14){'''HMS Queen Elizabeth'''};
----
**オススメ装備/編成 [#rdb1030b]
各装備の競争率に関しては、当ページを閲覧する王家への忠誠心溢れる指揮官達には言うだけ野暮なことなので割愛する。

***主砲 [#i05bdd8f]
弾幕スキルをお持ちでない分、好きな主砲を装備していただける
SSR戦艦より先に撃つのはなかなか難しいので、基本的に後詰めのトドメになる。逆に空母主体の編成であれば航空支援前の先制攻撃も可能。

|CENTER:45|LEFT:250||c
|~画像&br;弾薬|~武器名|~備考|
|&attachref(艦砲リスト/406mm三連装砲MK6T3.png,nolink,40x40);&br;榴弾|[[406mm三連装砲MK6[T3]>406mm三連装砲MK6]]|紫ながら非常にバランスの取れた定番主砲。入手性も良好なので大量生産が可能。&br;金装備より火力補正は落ちるが、弾幕スキルに縛られない女王陛下にとっては些事である。|
|&attachref(艦砲リスト/試製381mm三連装砲T0.png,nolink,40x40);&br;榴弾|[[試製381mm三連装砲[T0]>試製381mm三連装砲]]|[[406mm三連装砲MK6[T3]>406mm三連装砲MK6]]とよく似た性能を持つ金主砲。火力補正込みでも威力の差はほとんどないも同然。&br;研究鬼限定なので入手性は悪いが、女王陛下には豪華な装備が一番似合うと思う指揮官ならば是非献上すべし。|
|&attachref(艦砲リスト/試製410mm三連装砲T0.png,nolink,40x40);&br;徹甲弾|[[試製410mm三連装砲[T0]>試製410mm三連装砲]]|これまた[[406mm三連装砲MK6[T3]>406mm三連装砲MK6]]とよく似た性能を持つ研究限定の金主砲。こちらは徹甲弾となっている。&br;空母主体の編成であれば、重装甲相手にこの主砲でデバフ「破甲効果」を叩き込むことで必殺級の航空支援が狙える。&br;榴弾より汎用性は落ちるが、ロイヤル空母には攻撃機が強力な空母が揃っているので敵次第で一考の余地は大いにある。|
|&attachref(艦砲リスト/試作型406mmSKC連装砲T0.png,nolink,40x40);&br;榴弾|[[試作型406mmSKC連装砲[T0]>試作型406mmSKC連装砲]]|[[410mm連装砲[T3]>410mm連装砲]]の上位互換となる研究挟限定主砲。威力と速度のバランスが良い。&br;ロイヤルには[[セントー]]や[[ユニコーン]]などの高装填軽空母がいるので、それらと攻撃タイミングを合わせやすい利点がある。|
|徹甲弾|[[試作型457mm連装砲MKA[T0]>試作型457mm連装砲MKA]]|虹の徹甲弾主砲。研究挟限定な上、50枚も設計図が必要なので完成まで非常に長い時間をかける事になる。&br;金など目ではない豪華さに女王陛下も必ず満足していただけるはず。忠誠心溢れる指揮官の最終目標と言える。|

***副砲 [#j73259fa]
他ロイヤル戦艦とほぼ変わらないが、編成が空母主体か戦艦主体かでオススメ度が変わってくる。

|CENTER:45|LEFT:250||c
|~画像&br;弾薬|~武器名|~備考|
|&attachref(艦砲リスト/軽巡主砲テーブル/試製152mm三連装砲T0.png,nolink,40x40);&br;徹甲弾|[[試製152mm三連装砲[T0]>試製152mm三連装砲]]|研究鬼限定の長射程徹甲弾主砲。&br;空母主体編成の場合、最後の迎撃は女王陛下のみとなるので自爆ボート2隻まで迎撃可能なこの砲がオススメとなる。&br;ただし弾道のブレによって1隻も落とせない迎撃完全失敗もありえるので、過信しすぎないようにしたい。|
|&attachref(艦砲リスト/155mm三連装砲T3.jpg,nolink,40x40);&br;榴弾|[[155mm三連装砲[T3]>155mm三連装砲]]|常設の榴弾主砲。&br;戦艦主体編成であれば、最後の迎撃の手数も増えるのでこの砲でも特に支障はなくなる。&br;戦艦の自爆ボート迎撃は「正面>上側>下側」の順に優先して迎撃するので、前衛だけで捌き切れない時は下側を優先撃破していこう。|
|&attachref(艦砲リスト/152mm三連装砲T3A.png,nolink,40x40);&br;榴弾|[[152mm三連装砲A[T3]>152mm三連装砲A]]|長射程・ショットガンタイプの榴弾主砲。上述の金装備が賄えない場合、この主砲が最大射程となる。&br;角度に関係なくほぼ必ず損害を与えることが出来る上、自爆ボート以外の敵にも効果が見込める。&br;後半海域の耐久が増えた自爆ボート相手だと倒し切れないこともあるので、11章開始までの装備更新を目指そう。|
|&attachref(艦砲リスト/152mm連装砲T3B.png,nolink,40x40);&br;徹甲弾|[[152mm連装砲B[T3]>152mm連装砲B]]|中射程・ショットガンタイプの徹甲弾主砲。[[152mm三連装砲A[T3]>152mm三連装砲A]]と比べて弾数が少ない分、1発の威力は上回る。&br;ほぼ正面等の浅い角度なら2発は当たるので、金装備が用意出来ず[[152mm三連装砲A[T3]>152mm三連装砲A]]では倒し切れない場合、こちらを試してみるのもいいだろう。|

***対空 [#e0c166c1]
こちらも他ロイヤル戦艦とほぼ変わらないので、鉄板構成でも特に支障はない。

|CENTER:45|LEFT:250||c
|~画像&br;弾薬|~武器名|~備考|
|&attachref(対空砲リスト/連装ボフォース40mm機関砲STAAGT0.png,nolink,40x40);&br;射程30|[[連装ボフォース40mm機関砲STAAG[T0]>連装ボフォース40mm機関砲STAAG]]|研究鬼限定の対空砲。命中+10が戦艦にとって大変ありがたい。&br;攻撃速度、DPSも高いので命中以外の要素も文句なしの逸品であり、正に女王陛下に相応しい装備である。|
|&attachref(対空砲リスト/対空砲テーブル/未命名_0.png,nolink,40x40);&br;射程35|[[113mm連装高角砲[T3]>113mm連装高角砲]]|長射程・高威力を誇る高性能対空砲。攻撃速度は遅いが、総合性能は非常に高い。&br;[[連装ボフォース40mm機関砲STAAG[T0]>連装ボフォース40mm機関砲STAAG]]を賄えない間は、こちらを装備していただくのが一番無難となる。|
|&attachref(対空砲リスト/四連装ボフォース40mm機関砲T3.png,nolink,40x40);&br;射程28|[[四連装ボフォース40mm機関砲[T3]>四連装ボフォース40mm機関砲]]|威力と攻撃速度のバランスが取れた、研究装備が増えてもその地位が揺るがない逸品。&br;[[113mm連装高角砲[T3]>113mm連装高角砲]]だと射程は足りているが、後一歩で間に合わない時はこちらに変えてみるのも手となる。|

***設備 [#d5592025]
女王陛下を彩る様々な装飾品。戦場に相応しい物を選ぼう。
|~画像|~武器名|~効果1&br;(+10)|~効果2&br;(+10)|~備考|
|CENTER:70|LEFT:250|CENTER:|CENTER:||c
|&attachref(設備リスト/SGレーダーT3_0.jpg,nolink,40x40);|[[SGレーダー[T3]>SGレーダー]]|命中35|回避15|「敵艦見ゆ」の発生率低下・回避率増加という通常海域の鉄板装備。&br;命中・回避アップも戦艦には非常にありがたい要素なので、女王陛下に相応しい装飾品の1つと言える。|
|&attachref(設備リスト/消火装置T3.jpg,nolink,40x40);|[[消火装置[T3]>消火装置]]|耐久266|-|敵の榴弾による炎上の発生率・スリップダメージを軽減する。このゲームは炎上効果が強いのでとても有用。&br;空母主体編成であれば、航空支援の弾消しを上手く使えばなくても切り抜けることは可能。&br;戦艦主体編成・演習・オート操作だと、速攻撃破でもなければ榴弾投射攻撃を防ぐ手段がほぼないので必須級となる。|
|&attachref(設備リスト/一式徹甲弾T0.png,nolink,40x40);|[[一式徹甲弾[T0]>一式徹甲弾]]|火力55|命中15|コアショップ限定品。火力だけでなく命中もアップするのが戦艦にとって嬉しい要素。&br;弾幕スキルには火力アップしか乗らないという欠点も女王陛下には関係ないので相性は良好。&br;女王陛下には輝かしい戦果こそ相応しいと思う指揮官なら、こちらを献上すればMVPでお応えくださるだろう。|
|&attachref(設備リスト/SHST0.png,nolink,40x40);|[[SHS[T0]>SHS]]|火力70|-|コアショップ限定品。[[一式徹甲弾[T0]>一式徹甲弾]]と同時に装備すればロマン砲の完成である。&br;女王陛下は旗艦縛りがないので、他チームバフスキル持ちの戦艦よりも同時装備の余地は大いにある。&br;ただし、第11章以降の敵戦艦投射攻撃は''旗艦以外もよく狙ってくる''ので手動メインの指揮官も注意しよう。|
|&attachref(設備リスト/高性能火器管制レーダー_T0.png,nolink,40x40);|[[高性能火器管制レーダー[T0]>高性能火器管制レーダー]]|火力30|命中36|[[イベント>イベント52_闇に堕ちた青き翼]]設備。[[SGレーダー[T3]>SGレーダー]]級の命中アップとそこそこの火力アップが魅力的。&br;駆逐艦ボスなどの高回避相手に火力と命中を両立したいならば、正にうってつけの設備。&br;スキル効果「主砲攻撃1回目の準備時間が15%短縮」に関しては、弾幕スキルをお持ちでないので特に気にする必要もないだろう。|
|&attachref(ビーバーズエムブレム/2017y10m14d_162634440.jpg,nolink,40x40);|[[ビーバーズエムブレム[T0]>ビーバーズエムブレム]]|回避35|耐久75|スキル効果「艦隊速力が20%アップ」が目立つが、高い回避アップも見逃せない高性能設備。&br;[[消火装置[T3]>消火装置]]と組み合わせると炎上による被害を大幅に抑え込める。&br;何より女王陛下の安全を重視する指揮官ならオススメしたい組み合わせの1つ。|

***編成 [#p63be370]
ロイヤル陣営には[[フッド]]や[[イラストリアス]]などの強力な主力や[[ベルファスト]]などの前衛が存在するため[[全キャラリスト>キャラクターリスト]]を見て自分好みの編成を組もう。
個別ページ⇒''[[編成考察/ロイヤル艦隊]]''

**キャラクター [#j2f3dc02]

 「ロイヤル」の小さな女王さま。
 有能だが部下が持て囃しすぎたせいかわがままっぷりが磨きかかり、他人(ウォースパイト除く)をすべて下僕扱い。
 年齢、身長、胸部装甲(?)の話は禁句。

-&size(15){''「女王の前に跪きなさい!」''};
--ログイン画面等のロード絵で、[[ウォースパイト]]の横に座って紅茶飲んでる方の娘。
「女王は如何なる時も最強である」がモットー。ウォースパイトを従者のように従えている。
--ゲームのグラフィックでは煙突が2本、また装備には防盾付の6インチ単装砲がある。
これは建造当初から第一次世界大戦後までの姿であり、後に1926年から1927年まで行われた第一次近代化改装によって煙突が1本になるなど外観が変化している。
さらに1937年から1941年までの第二次近代化改装でほとんど別物に近い外見になった。

-&size(15){''「ここの雰囲気が気に入ったから、少しだけここで座ってやっているの!勘違いしないでちょうだい!」''};
--[[ハムマン]]とは違ったタイプのツンデレ。所謂「女王系ツンデレ」……の割にはかなり隙だらけである。
台詞を見れば分かるようにむしろデレ成分の方が多めであり、よく見ると照れ隠しのように煙突が勢い良く煙(湯気?)を噴いている。
--「クイーン」の名の通りに普段は政務で忙しいらしく、ロイヤル艦のほとんどが彼女に恭しく接することから、ロイヤル陣営で文字通り高い立場にいると見られる。
[[ベルファスト]]が起こさないと昼過ぎまで寝ているようで、ゲーム内スタンプでも「完徹」でぶっ潰れている姿が描かれている。
ところがスピンオフ作品『[[アズールレーン Queen's Orders>https://www.ichijinsha.co.jp/azurlane/rex/]]』では指揮官や下僕達に全部押し付けていたりするので、母港の数だけ物語があるということなのだろう。
--ベルファストの発言から、[[某問題艦船>アーク・ロイヤル]]の守備範囲内の可能性がある……。
ちなみに強がってはいるが、自身のスタイルを常に気にしているらしく[[イラストリアス]]に突っかかる場面もある。

-&size(15){''「ウォースパイト、早くあいつらをやっちゃってよ!」''};
 「小さな女王陛下『クイーン・エリザベス』と 絶対命中の学友こと『ウォースパイト』による、 ドタバタな日常ストーリーをお楽しみに!」
 (Twitter 22:39 - 2018年9月14日 @azurlane_staff)
--学友のウォースパイトと実の姉妹ではあるかどうかは、公式設定では今の所ボカされているが
公式ツイッターでは、槌居のスピンオフ漫画『アズールレーン Queen's Orders』について上記のように紹介されているので、学友であることは間違いないと思われる。
同漫画の7話では、ウォースパイトの台詞として「勘違いしているみたいだけど私は陛下とは姉妹じゃない 学友よ」という台詞があるが、公式設定かスピンオフ独自の設定かどうかは不明。
一方、ゲーム内の台詞ではウォースパイトが「姉妹の中では年長のほう」と発言しており、「最年長」ではなく「年長の方」というニュアンスから姉がいるとも考えることができ、
その場合は同型艦で進水日が一ヶ月早いクイーン・エリザベスがウォースパイトの姉であり、かつ学友であるとも考えられる(同じ年に産まれたので進学すれば学友になる)。

-&size(15){''「女王さまは永遠に11歳よ!」''};
--スキル説明文に「11歳」とあるが、これはエリザベス王女が11歳のときに父が王位に就いたことにより、未来の女王として運命づけられたことが元ネタになっていると思われる((イギリスでは18世紀から、女性も(順位は低いながら)王位継承権を正式に認められている。))。
もっともこれは当代のエリザベス2世女王に関する史実である。この艦の名前の由来であるイングランド繁栄の時代を切り開いたテューダー朝の『エリザベス1世』の、即位以前の地位は不安定であり、11歳に関連するエピソードは見当たらない。
//このゲームは2代目の同名艦のエピソードやニックネームを拾っていることがしばしばあるので、これもその1つかもしれない。
//↑エリザベス2世に因む艦は現時点で存在しない
もっともこれは当代のエリザベス2世女王に関する史実である。この艦の名前の由来であるイングランド繁栄の時代を切り開いたテューダー朝の『エリザベス1世』の即位以前の地位は不安定であり、11歳に関連するエピソードは見当たらない。
しかし、エリザベス1世とエリザベス2世は非常に遠いが親戚ではあるので、それ繋がりのネタかもしれない。

*元ネタ [#o6161fc6]
-クイーン・エリザベス級戦艦の1番艦。16世紀のイングランド女王で、1588年にスペイン無敵艦隊を打ち破り大英帝国の基礎を築いたエリザベス1世(1533年〜1603年)の名を戴く。第一次世界大戦の頃に就役した戦艦であり「高速戦艦」の祖とも言われる。
-クイーン・エリザベス級戦艦の1番艦。16世紀のイングランド女王で、1588年にスペイン無敵艦隊を打ち破り大英帝国の基礎を築いたエリザベス1世(1533年〜1603年)の名を戴く。
第一次世界大戦の頃に就役した戦艦であり「高速戦艦」の祖とも言われる。
コンセプトが「既存の超弩級戦艦(当時356mm)を超える砲を使える船」であり、開発中だった381mm砲塔を前提に組んだという異例の作られ方をしている。
(戦艦の設計で最も厄介なのが大型砲塔による影響のため、実際できてる物から設計するのが当たり前だった)
また「速力こそ最大の防御」を掲げていた巡洋戦艦とは異なり、「十分な装甲を施した上で更に速力も(巡洋戦艦ほどではないにしろ)向上させた戦艦」としてこの船が生まれた。
この考えが後に「高速戦艦」として呼ばれていく事になる。

#region(それって「巡洋戦艦」じゃない?)

巡洋戦艦と高速戦艦は混同されがちな所もあるが、実は派生元となる艦種が異なっている。

・巡洋戦艦
 WW1前にあった巡洋艦(装甲巡洋艦)の派生種。日本語訳では巡洋"戦艦"なので戦艦の一種と思われがちだが、Battle''cruiser''、つまり巡洋艦の一種である。
 弩級戦艦に使われていた技術を装甲巡洋艦に入れた事で「巡洋艦に戦艦の火力」を持たせた「巡洋戦艦」ができた。
 下地が「巡洋艦」であるがゆえに基本的には装甲は薄い。また巨大なエンジンを搭載するため同時代の戦艦よりむしろ大型化しがちであった。
・高速戦艦
 巡洋戦艦が登場し、速力が遅かった戦艦に対して機動力を求めた派生種。
 装甲の薄い巡洋戦艦に対して、戦艦として十分な装甲を持たせつつ、戦艦より速力を向上させた「高速戦艦」が生まれた。
 こちらは公式に各海軍で認められている艦種ではなく、あくまで俗称に近いものである。公式には低速のものも含めて「戦艦」で統一される。

クイーン・エリザベスはその後者に辺り、比較的初期の超弩級戦艦でありながら高速戦艦の祖となっている。
WW1当時の戦艦はほとんどが20〜22ノット程度であり。最大で25ノットまで出せるクイーンエリザベス級は従来の戦艦を大きく上回る速度を有していたと言えよう。~
WW1後、防御力に劣る巡洋戦艦という艦種が廃れ、また戦艦が機関の発達により装甲や火力を維持しつつ高速を出せるようになっていったことで「高速戦艦」へと収束していく。
条約が無効になった後に作られた新型戦艦は軒並み高い速力を備えており線引自体が意味を成さなくなったのである。
(新戦艦の中では比較的低速な大和型やサウスダコタ級でも27ノット、ヨーロッパの新戦艦は多くが30ノット前後の高速力であり、アメリカ最後の戦艦であるアイオワ級に至っては33ノットと一部の駆逐艦に迫る速力を有する)

#endregion
-クイーン・エリザベスはその1番艦であり、完成した当時は最新鋭の大型戦艦の一番顔。実際のところ、旗艦任務が主となり戦闘経験があまりない。
第一次世界大戦では地中海方面で活動している。有名なユトランド沖海戦の時は間が悪くドックにいた為、戦闘に参加していない。
大西洋艦隊の旗艦だった時期もあり、時には昭和天皇(当時は大正天皇皇太子)が訪問・視察に来た程であった。%%さながら長門や大和%%。

-その後第二次世界大戦では旧式化しており、戦闘参加はしているが目立った活躍はない。
1941年、エジプトのアレクサンドリア港に停泊中のクイーン・エリザベスはイタリア海軍の潜水工作員による破壊工作により、僚艦である戦艦ヴァリアント(未実装)共々、大破着底した。旧式とはいえ2隻の戦艦が行動不能になった事でしばらくの間、地中海の制海権は枢軸優勢となる。
クイーン・エリザベスは応急修理後、1年間アメリカで本格的な修理を行った後に本国艦隊へ復帰。
その後は東洋艦隊所属として太平洋方面へ移動しインドネシア方面で日本軍の襲撃を行い1945年7月に本国へ帰国、終戦後解体となった。

-…結局のところ1番艦だった故に目立った戦績がなく、艦自体の戦歴はあちこち引っ張り回された各地の戦闘に参加した2番艦[[ウォースパイト]]が目立った結果になってしまった訳である。「戦闘より旗艦が長かった」船故にあのようなスキルになったのではなかろうか。それでも船自体のスペックは中々良いのでやるときは本当にやる子。

-名を継ぐ軍艦は長らく存在しなかったが、半世紀以上後の2017年12月7日、最新鋭航空母艦の2代目「クイーン・エリザベス」が就役した。

-なおキュナード・ライン社の大西洋航路向け豪華客船にも同名船(RMS Queen Elizabeth)あるが、そちらはジョージ6世妃のエリザベス (現女王エリザベス2世の生母。2002年没) に因む。エリザベス1世に因む軍艦とエリザベス皇太后に因む民間客船はいずれも代を重ねており、同名で並存するという珍しい状態がたびたび起こっている。

#region(艦歴欲張りセット)
-1912年10月21日、ポーツマス工廠で起工。1913年10月16日に進水し、1914年12月22日に竣工した(完工は翌年1月)。
-クイーン・エリザベス級戦艦のネームシップであり、姉妹艦に「[[ウォースパイト]]」「バーラム」「ヴァリアント」「マレーヤ」が就役。バーラムのみ第二次世界大戦中Uボートに撃沈されているが、残りは二つの大戦を生き抜いている。
--基本的な性能は竣工直後で基準排水量29200トン、全長196.8m、機関出力4軸75000馬力で最大速力は24ノット。燃料は重油3400トンで10ノット4500浬の航続距離を持つ。速力については上に書かれている。
--兵装には[[Mk.1型15インチ(38.1cm)42口径連装砲>381mm連装砲]]4基、[[6インチ(15.2cm)45口径単装砲>152mm単装砲A]]14基、[[3インチ(76mm)45口径単装砲>76mm高角砲]]1基、12ポンド40口径砲1基、7.7mm機銃10挺、21インチ(533mm)水中魚雷発射管4基を持つ。
---''主砲である15インチ砲は完成当時、弩級戦艦で最大のものであった。''これを最初に搭載したのがQE級戦艦。以降の標準的なイギリス戦艦・巡洋戦艦のほとんどは本砲を搭載している。完成時初期の搭載砲弾でも871Kgの重量を誇り、これを8門発射するQE級の斉射弾重量は従来の標準的な戦艦に搭載された13.5インチ(34.3cm)砲10門の斉射弾量より約1割増加していた。砲口初速はやや低めだったものの集団率・散布界ともに良好であり、大威力かつ射撃指揮の容易な本砲を「奇跡の大砲」と呼ぶ者もいたという。欠点として上がるのは完成時しばらくの砲弾の貫通力が不十分だったことで、これは1917年に改良型が配備されて解決されることになった。
---クイーン・エリザベスのみ1門搭載していた12ポンド砲は旧式のものだったため、のちに3インチ砲に換装される。が、資料によってはバラつきがあるようである。いちおうこれらは飛行船などに対する高角砲であった。
--装甲は水線330mm、甲板76mm、バーベット250mm、砲塔前盾330mm、司令塔279mm。第一次世界大戦期の弩級戦艦において典型的な全体防御方式である。戦艦としては十分なもので、同型艦が参加したユトランド沖海戦でもその防御力をいかんなく発揮している。
-1915年2月:ガリポリ上陸作戦に従事する東地中海戦隊旗艦に充当され、ダータネルス海峡侵攻作戦に参加。
--これは新型である15インチ砲の砲術公試も兼ねており、2月19日以降トルコ軍陣地への火力支援艦として相応の活動を行う。
--4月29日には観測気球の支援を受けつつ、トルコが運用していた元ドイツ海軍巡洋戦艦「ゲーベン」への間接射撃を実施したという記録もある。
-1915年5月:作戦水域での敵による機雷敷設・潜水艦からの脅威が増したこと、砲術公試で良好な成績(上記性能を参照)をマークし終えたことから帰還命令が発令。5月12日に英本土に向け出発、26日付で本国艦隊に編入。
-1915年11月:就役した3番艦「バーラム」と共に第5戦艦戦隊を編成。
--1916年5月22日に同戦隊は英巡洋戦艦隊の根拠地ロサイスに入港、ユトランド沖海戦に参加するもののクイーン・エリザベス自身は整備のためドック入りしていた。
-1916年11月:「グランド・フリート」こと大艦隊旗艦に選ばれ、第5戦艦戦隊を離脱。翌年2月よりその任につく。
-1919年4月4日:大艦隊解散、大西洋艦隊旗艦となる。
--大西洋艦隊は後に本国艦隊と改編される。
-ちなみにユトランド沖海戦以降、QE級戦艦には戦訓に基づき以下の改装が施されていた。
--水密区画の細分化を含む水中防御の改善、重油移送による傾斜復旧装置を含むダメコンの改善
--主砲及び副砲弾薬庫に対する防爆・防炎対策の強化
--高角砲を[[102mm砲>102mm高角砲]]に更新。
--水平防御改善のため中甲板部に25mm装甲を追加。
--射撃指揮改善のため、1918年までに砲塔の旋回方位を示す目盛りを記入。また射距離を示す示数盤を搭載。
--前檣及び後檣トップの配置変更
--前檣観測所に対空観測測距儀を追加。
--1917年以降、2番及び3番砲塔上に滑走台を装備。
-1924年11月:地中海艦隊に転属、旗艦となる。
-1926年6月:第一次改装開始。完了は翌年10月。以下第一次改装の内容。
--バルジの設置と水中防御の改善
--前檣観測所の大型化と対空監視装置の更新、艦橋の各種設備配置変更
--後部上構の魚雷発射指揮所の改装、構造物の高さ増大
--前檣トップマストの更新
--煙突を2本から誘導煙突1本に改正
-1928年1月:地中海艦隊旗艦
--1934年には2番砲塔の滑走台を撤去している。第二次改装までに対空砲の増備も何度か行われている。
-1937年8月:ロサイスに帰還後、ポーツマスで第二次改装開始。先に第二次改装を行った[[ウォースパイト]]とヴァリアントのデータを基に、上部構造が原形をとどめないレベルの大改装が行われた。以下、改装後の性能。
--バルジの増設や対空火器の増備などにより基準排水量は1944年時点で基準排水量32930トン、満載排水量38450トンを記録。&color(#c0c0c0){太った?};乾舷も低下し、防御力に支障をきたすのでは?という声もあった。
--装甲も戦訓を踏まえてさらに張り足しが行われている。
--主砲塔を[[MK.1N型>381mm連装砲改]]に改正。最大射程は27.4kmとなる。射程増大のために増えた仰角に対応するため砲眼部が上に突き出した形になったため識別が容易。
---さらに射程増大と貫通力向上を狙った新型砲弾の運用も可能となり、これを使った場合は最大29.4km先まで砲弾をお届けできるようになった。
---実弾定数は1門あたり徹甲弾100発、榴弾6発だった。が、艦砲射撃任務に駆り出される機会が増えると榴弾の割合も増えていき、徹甲弾を搭載しないこともあったという。
--航空兵装を砲塔上から移動して前後の構造物の中間に配置。艦載機を固定カタパルトから横向きに射出できるようになった。
---ちなみにアレクサンドリア港で受けた損傷修理後、本国で撤去されて艦載艇置き場になっている。ほかの英国戦艦も同様に航空兵装を撤去したものが多い。
--汽缶の変更。ただウォースパイトの改装とは異なるため、煙突や航空兵装まわりの形状も違っている。出力は増加したものの排水量の増大により速力はわずかに下がっている。
--旧来の副砲と高角砲を全廃し、[[4.5インチ連装両用砲>113mm連装高角砲]]を片舷5基ずつ、計10基20門搭載。
---これは本ゲームでもルンバと親しまれているもので、一足早く改装をしたヴァリアントと[[レナウン]]にも搭載されていたがウォースパイトには搭載されていない(ウォースパイトには6インチの副砲が数を減らしたものの残っていた)。
---対空火器は第二次世界大戦中の他の軍艦の例に漏れず増設が繰り返され、1946年4月(戦争終結後になぜ…?筆者にはわからない。)には「ポムポム砲」こと[[40mm8連装機関砲>QF 2ポンド八連装ポンポン砲]]6基、[[同4連装型>QF 2ポンド四連装ポンポン砲]]2基(計56門)、ボフォース40mm機関砲単装12門、20mm機銃は連装と単装合わせて16挺となっている。
--前部艦橋が新造される。塔型となったもののその形状はウォースパイトよりレナウンに近く、また各種レーダーが搭載された。
--魚雷発射管はこれまでに撤去されている模様。近接して魚雷発射を行う効果に比してスペースの無駄・防御力の低下などデメリットが多いので仕方がない。
-1941年8月:工事完了後本国艦隊配属。
-1941年5月:地中海艦隊配属、翌月24日に旗艦となる。
-1941年12月19日:アレクサンドリア港内にてイタリアの人間魚雷「マイアーレ」を用いた攻撃を受け、同型の「ヴァリアント」と共に大破着底。しかし欺瞞のため、しばらくは艦隊旗艦を引き続き務めていた。
-1942年6月27日:本格修理のためアレクサンドリアを出港、アメリカのノーフォーク海軍工廠に回航され翌年後半まで戦列を離れる。
-1944年1月30日:東洋艦隊に配属、旗艦となる。
-1944年7月25日:オランダ領東インドのサバンに艦砲射撃。
-1944年11月22日:東インド艦隊旗艦に配属。
-1945年1月:ラムリー島およびチェドバ島上陸作戦に支援を実施。同月以降の空母機動部隊の作戦支援や艦砲射撃を活発に行う。
-1945年7月12日:東インド艦隊旗艦を「[[ネルソン]]」に委譲、本国に帰還。
-1945年8月7日:ポーツマスに帰還、10日に予備艦籍編入。
-1945年10月22日:第2戦艦戦隊に復帰、宿泊艦となる。
-1946年3月:再度予備艦籍に編入。
-1948年5月15日:解役

#endregion

//なおこの名を持った「高級クルーズ船」があり、その名前のクルーズ船としては現在3代目。「世界で最も有名な豪華客船」として今の海を航海している。
//その他に軍艦としてのクイーン・エリザベスも''最新鋭空母''として建造中。%%平坦な部分を活かした設計?%%
//そして2017年12月7日、無事に就役。式典では女王陛下を女王陛下が祝いに来られた。コレも本人登場の一種か。
*コメントフォーム [#s495ca91]
#region(クリックで過去ログ一覧を開く)
末尾の番号が若いほど、古いログになります。
#ls2(コメント/クイーン・エリザベス/)
#endregion

#pcomment(,reply,20)

&size(16){''こちらの板は[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]を適用しております。投稿する前に、[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]をご確認ください。''};
''&color(#0000ff){3回のルール違反でアクセス禁止処置、該当プロバイダーへ迷惑行為としてログを提出};''させていただきますので、ご了承下さい。

&size(16){''また、愚痴を含む投稿は[[愚痴掲示板]]で投稿するようお願いいたします。''};

TIME:"2019-06-08 (土) 18:50:21" REFERER:"https://azurlane.wikiru.jp/index.php"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS