#title(グラーフ・ツェッペリンの詳細・評価・オススメ装備)

[[艦種別リスト>キャラクター/艦種別]] > ''グラーフ・ツェッペリン''

----
#contents
*基本情報 [#o602c0d6]
|CENTER:450|CENTER:84|CENTER:90|CENTER:84|CENTER:90|c
|>|>|>|>|~プロフィール|
|&attachref(グラーフ・ツェッペリン全体.jpg,zoom,450x525);|~名前|>|>|グラーフ・ツェッペリン&br;KMS Graf Zeppelin|
|~|~レアリティ|>|>|SSR|
|~|~艦種|>|>|[[空母>キャラクター/艦種別#aircraftcarrier]]|
|~|~陣営|>|>|[[鉄血>陣営別艦種#wa2cd39c]]|
|~|~CV|>|>| 茅野愛衣((茅野氏の靖国神社参拝問題の影響により、中国大陸版では2022年7月28日より担当声優が内山夕実に変更された。))&br; 内山夕実((図鑑から変更可能))|
|~|~CV|>|>| 茅野愛衣((運営の都合により、中国大陸版では2022年7月28日より担当声優が内山夕実に変更された。))&br; 内山夕実((図鑑から変更可能))|
|~|~イラスト|>|>|[[木shiyo>CV・イラストレーター#h1c66d3d]]|
|~|~耐久|A|~火力|E|
|~|~雷装|E|~回避|C|
|~|~対空|B|~航空|S|
|~|~航速|>|>|33|
|~|~SD|>|>|&attachref(グラーフ・ツェッペリン.gif,nolink);|
|>|>|>|>|~自己紹介|
|>|>|>|>|我はツェッペリン……この名は捨てても構わぬが、呼びやすいようなら我をこう呼びたまえ。&br;――願望、か。世界を滅ぼすことだ……だが今は、卿の呼びかけには応えよう。&br;卿はもう我が総軍の一部になっているからな。|

|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:160|LEFT:671|c
|>|CENTER:~入手方法|
|''建造''|期間限定建造(2017/12/26〜2018/1/12、2018/6/28〜2018/07/15、建造時間4:35:00)&br;特型艦建造(2019/08/15〜、建造時間4:35:00)|

//建造とドロップ以外の入手法全てをその他欄に記入する。例:「イベント名:作戦補給」、「○○ショップ」、「イベント招待状」
//※イベント招待状は数が多く複数から入手できるキャラもおり、全て列挙させると縦幅を取りすぎて見づらくなるので、「イベント招待状」と纏める※
//なしの場合は「なし」と記入したり空欄にしたりせずコメントアウトする


|>|>|>|>|>|>|>|>|~ステータス(MIN/MAX)|
|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:96|c
|~耐久|1317|6808|~装甲|>|中装甲|~装填|42|100|
|~火力|0|0|~雷装|0|0|~回避|14|36|
|~対空|60|281|~航空|76|358|~消費|4|13|
|~対潜|0|0|>|>|>|>|>| |
|~運|>|45|>|>|>|>|>| |

|~装備枠|~初期装備|~補正(MIN/MAX)|~最大数((各行動時に攻撃を行う砲座数や艦載機数))|
|CENTER:120|CENTER:369|CENTER:160|CENTER:160|c
|戦闘機|[[BF-109T艦上戦闘機]]T1|120%/120%|2|
|爆撃機|[[Ju-87C急降下爆撃機]]T1|115%/130%|3|
|爆撃機&br;(3凸後)攻撃機|[[Ju-87C急降下爆撃機]]T1|115%/130%|3|
|設備|-|-|-|
|設備|-|-|-|

|>|~スキル名|~効果|
|CENTER:60|CENTER:150|LEFT:610|c
|&attachref(img/鉄血の翼_icon2.png,nolink,56x56,鉄血の翼);|鉄血の翼|鉄血陣営の艦が受けるダメージを5%(MAX15%)軽減する。&br;味方艦隊の鉄血艦船が1隻につき、自身の航空が1.0%(MAX5.0%)アップ(最大3回加算可能)|
|&attachref(img/鉄血の鷹_icon2.png,nolink,56x56,鉄血の鷹);|鉄血の鷹|自身が鉄血艦載機を1枠以上装備している場合、&br;自身の全ての艦載機枠の威力補正が15.0%(MAX30.0%)アップ|
|BGCOLOR(#e9eefd):&attachref(img/鉄血の鷹_icon2.png,nolink,56x56,鉄血の鷹);|BGCOLOR(#e9eefd):鉄血の鷹+&br;(要[[専用特殊装備>重照空投射攻性艤装NT]]Lv10)|BGCOLOR(#e9eefd):自身が航空攻撃を行う時、追加で特殊攻撃Lv.10を行う;&br;自身が鉄血艦載機を1枠以上装備している場合、&br;自身の全ての艦載機枠の威力補正が15.0%(MAX30.0%)アップ|

//スキルアイコン→&attachref(img/スキル名_icon.jpg,nolink,70%);
//改造時に習得するスキルは色変え→BGCOLOR(#e9eefd):

|>|~限界突破|
|CENTER:60|LEFT:771|c
|~初段|戦闘機数+1/爆撃機補正+3%|
|~二段|攻撃隊上限+1/爆撃機数+1/爆撃機補正+5%|
|~三段|爆撃機数+1/爆撃機補正+7%/兵装枠3は攻撃機を装備可能|

|~航空攻撃|~特殊弾幕スキル|
|CENTER:415|CENTER:416|c
|&attachref(グラーフ・ツェッペリン弾幕.gif,nolink);|-|

//&attachref();

上記情報の参照元:https://wiki.biligame.com/blhx/%E9%BD%90%E6%9F%8F%E6%9E%97%E4%BC%AF%E7%88%B5

***MAXステータス [#e237b711]
|CENTER:216|CENTER:216|CENTER:216|c
|>|>|~LV120好感度200/LV125好感度200|
|~耐久|~装甲|~装填|
|7912/8092|中装甲|135/136|
|~火力|~雷装|~回避|
|0/0|0/0|53/54|
|~対空|~航空|~消費|
|337/344|447/453|13|

//▼改造が実装されたら公開する
//**改造
//|CENTER:100|CENTER:200|CENTER:250|CENTER:70|CENTER:100|CENTER:120|c
//|~改造内容|~詳細|~必要な設計図その他|~費用|~必須レベル|~必須レアリティ|
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||
//|||||||

//▼改造が実装されたら公開する
//***改造後MAXステータス
//|CENTER:216|CENTER:216|CENTER:216|c
//|>|>|~改造後MAXステータス|
//|~耐久|~装甲|~装填|
//||||
//|~火力|~雷装|~回避|
//||||
//|~対空|~航空|~消費|
//||||

//▼改造が実装されたら公開する
//***改造後のキャラ絵
//#region(改造後のキャラ絵を開く)
//|&attachref();|
//#endregion

//▼ケッコン衣装が実装されたら公開する
//*ケッコン
//#region(ケッコン衣装の絵を開く)
//|&attachref();|
//#endregion

*着せ替え [#b6b3e28e]
#region(着せ替え画像を開く)
|>|~砂浜のウルズ|
|&ref(./砂浜のウルズ.jpg,70%);|&attachref(砂浜のウルズ_sd.gif);|
|>|ショップにてダイヤ1180で購入可(期間限定:2018年7月15日 23:59まで)|

#endregion

//▼着せ替え衣装ボイスが実装されたら公開する

**着せ替え後(砂浜のウルズ)ボイス [#a9dd440c]
#region(クリックでセリフ一覧を開く)
|60||c
|~入手時|第二の楽章は夏と海のロンドか……まあいい。来たるべく終焉の前に、卿とともにしばし安寧を享受するのもよかろう|
|~ログイン|どこへ行っていた?ともに砂浜へ行くと約束したろう?|
|~詳細確認|話は変わるが、夏にはこの布の少ない服に着替えること以外に、一体何をすれば良いのだろうか?|
|~メイン1|海辺に我が座れる場所はあるのか?……ないのか……そうか|
|~メイン2|卿の希望ゆえ着替えてやったのだ。卿が海に行かないとなれば、我は……怒るだろうな|
|~メイン3|オイゲン、急かすのでない。指揮官がまだ執務中だ。我だけ海に行っても成すことはなかろう|
|~タッチ|出発か?…待て、この靴はいささか履きづらい……少し手助けを頼めぬか…|
|~タッチ2|ふん、卿はこの子の肴にでもなりたいのか?|

#endregion

//▼着せ替え衣装ボイスが実装されたら公開する
//**着せ替え後(着せ替えの名前)ボイス
//#region(クリックでセリフ一覧を開く)
//|60||c
//|~入手時||
//|~||
//|~||
//#endregion

*ボイス [#q0d1e494]

#region(クリックでセリフ一覧を開く)
|60||c
|~入手時|指揮官か……我が名はツェッペリン。さぁ条件が全て揃った。では開幕するとしよう……終焉のシンフォニーを|
|~ログイン|黒山羊の角笛がすでに鳴り響いている。焦ることはない。心して待つが良い。 |
|~詳細確認|もし神が居るなら、そいつから葬るとしよう…… |
|~メイン1|高い所は好きだ。すべてを見渡し、すべての破滅も眼中に納められるからな…… |
|~メイン2|失っても取り戻せるもの……最初から存在すべきではない。そう思わんか? |
|~メイン3|人生は所詮配られたカードでゲームするだけというなら、いっそうゲームそのものを壊す気にはならないか? |
|~タッチ|憎んでいる。すべてを。 |
|~タッチ2|ふふふ…さすがは我が選んだもの……いい豪胆っぷりだ |
|~任務|任務を与えてくれる者が、果たして卿が真に努力を捧げたい存在だろうか? |
|~任務完了|任務の報酬……受け取り給え。 |
|~メール|人と接する時間を大切にするがいい。もうすぐそれもなくなる|
|~母港帰還|卿らの争いも、悪あがきも、全て終焉の糧とならん… |
|~委託完了|戻ったか……ふん、港で喜んでいるようだ…… |
|~強化成功|ふん、力だけですべてが決まればいいものを…… |
|~戦闘開始|では始めよう――我らの戦争(はかい)を |
|~勝利|敵にふさわしい場所は墓以外にあらぬ |
|~失敗|次こそ死よりも深い絶望を味わってもらうとしよう… |
|~スキル|終わりだ……Funebre! |
|~損傷大|鉄と、血の匂い…… |
|>|BGCOLOR(#FFFFFF):COLOR(GRAY):CENTER:~▼好感度系|
|~失望|卿ではないか |
|~知り合い|ああ…なんて甘美な…だが甘美なものは生き長らえぬ…永遠に生き続けるのはただただ冷たい憎悪だけだ |
|~友好|神への祈りは果たして意味があるか?神が応えてくれるか?Nein、神は慈悲がないからこそ神になりえるのだ|
|~好き|運命を信じないつもりだが、卿との出会いが運命というのなら……ふん、皮肉なものだ。最悪の過去と最善の未来を同時に与えてくれるとは……なら我の憎悪は果たしてどんな意味を成すのだろうか……|
|~ラブ|卿がいる世界なら、そうつまらなくて憎くいものではなかろう。安心したまえ。卿が世界の敵になろうとも、我が卿の側に立つのだ。むしろ、その日が来るのを楽しみにしているぞ……ふふふ|
|~ケッコン|ふん?卿はついに世界の敵になると決心がついたのか――なに…?我とともに行きたいだけ、か。まあいい、我々の前に立ち塞がるすべての存在を打ち滅ぼす。それも一興だ|

#endregion

*ゲームにおいて [#InGame]

17/12/26より開催のイベント「[[鏡写されし異色>イベント14_鏡写されし異色]]」で登場した鉄血所属のSSR空母。
//(初回:2017/12/26〜2018/1/12 第2回:2018/6/28〜7/15)。
//復刻時に排出率が公表されており、ピックアップ分を含め2%とされている。
-復刻を経て、現在は特型建造にて常設入手できる。~
-子供ver[[ツェッペリンちゃん]]は当該ページにて。

**性能 [#Performance]

上方修正が入ったため、素のステータスは全体的に高めでスキのない性能をしている。
-確率スキルなどを持たず、特別苦手なこともない、全体として堅実な空母。
-スキル1、2を発動させることで航空値と補正が更に上昇し、トップクラスになる。
--特殊効果こそ持たないものの攻撃力が高く、俗に言うレベルを上げて物理で殴るタイプ。
-耐久値が高めかつ常時発動のダメージ軽減スキルを持つことから、空母としては耐久性能が高い。
--[[隠蔽システム>SandBox/空母隠蔽システム]]も活用すれば、継戦能力は高め。
-最大まで限界突破することで、第3スロットは爆撃機と攻撃機を選択可能になる。
--戦術の幅が広がるので、どう活用するかは吟味したい。

22/08/18アップデートで専用特殊装備が実装。
-ステータス補正は航空値と装填値と恵まれている。
--特に航空値は一気に最上位になる。
-装備スキルは「先導攻撃-航空」。
--1回目の攻撃時に、10秒間味方の航空値を上昇させる。
同スキルを持っているのが自分だけの場合は、制限時間内に畳み掛けるようにしたい。
-スキル変化により、特殊攻撃の絨毯爆撃が追加される。

20/12/22アップデートでステータス調整。

//本体性能は耐久が頭一つ抜けて高く、常時発動のダメージ軽減スキルを持つことから単純な耐久力は標準的な戦艦に優るとも劣らない。
//自爆ボートを迎撃できない事や中装甲といったマイナス面もあるものの、よほど高難度の海域でなければ単独での旗艦運用にも耐えうる。
//他ステータスもSSR級の高さを誇り、後述のスキルから特殊航空攻撃こそ持たないものの、それを補って余りある基本能力を持つ非常に堅実な空母となる。

//2020/12/22アップデートで航空値と装填値が上昇し、上限値もアップ。
//Lv120愛時で航空値423、装填値127と他陣営のSSR空母と遜色ないくらいにまで伸びる。

//***対艦攻撃力 [#w817630f]

//最大まで限界突破することで攻撃機を搭載できるようになる。
//事実上160%という高補正で艦載機を運用できるため、別枠の攻撃隊を持たないながら非常に高い攻撃力を持つ。
//爆撃機は投下地点がバラける性質上、素早く動く人型やボス等の単体攻撃力に欠けるので、若干のムラがあるのが難点だが、補うだけの打力はある。

//2020/12/22アップデートで3枠目の爆撃機スロットは完凸時に攻撃機を搭載可能になったため、戦2爆3攻3のよくある攻撃重視型空母と同じ構成にも出来るようになった。
//これに加えて鉄血の鷹の発動条件が緩くなったため、対艦攻撃力が大幅に上昇した。

***スキル [#Skill]

-「''鉄血の翼''」
--1つ目の効果は、鉄血所属艦の被ダメージ軽減バフ。
効果量も大きめで、ダメージを直接減少させるため強力。
---鉄血艦は回避ではなく耐久値で受けて耐える傾向にあるため恩恵は大きい。
2つ目の効果と合わせて、鉄血染め編成が向く。
--2つ目の効果は、鉄血所属艦同時編成による航空値バフ。
自身を含めるので、他に2隻編成すれば良い。
//各種のHP回復効果とシナジーを狙いたいが、鉄血陣営には該当艦がいないこと、高火力艦が多いため露骨に打力が落ちる(結果的に被弾は増えやすくなる)という無視できないデメリットが生まれる。
//どちらかというと安定性を高めるスキルであり、長期戦狙いなら他の艦隊を構成したほうがいいだろう。
-「''鉄血の鷹''」
--鉄血製艦載機を1つ以上装備している場合、全ての装備補正が30%上昇するとても強力なスキル。
---実質的に艦載機数が2機増えたのとほぼ等しい効果になる。
---鉄血艦載機の実装数が増えたことで戦略の幅が広がったので、敵に合わせた装備を吟味したい。
-「''鉄血の鷹+''」
--特殊装備を装備時にスキルが変化し、航空攻撃時に特殊攻撃が追加される。
---攻撃は500lb爆弾相当の爆弾による、飛行船からの絨毯爆撃。
ステータス補正は航空値の80%で、装甲補正は120/120/120。
//補正率160%の爆撃機、攻撃機を運用可能になるので是非とも発動させたいが、発動可能な装備が限られてしまうのが難点となる。
//鉄血製艦載機を十分に持っていない場合は、例え青レアリティでも絶対に捨てないようにしよう。

***総評 [#Conclusion]

防御寄りの空母だったのも今は昔の話。単艦で見れば''最大160%という破格の補正値で殴る''、という%%脳筋%%超攻撃型空母。
-鉄血編成ならばダメージ軽減により高レベル海域での連戦もこなしやすくなる為、非常に高い汎用性を持つ空母となる。
-スキル効果がどれもシンプルに強力なものばかりで、確率スキルに頼らない戦い方ならばトップクラスの性能を誇る。
--''固定値は裏切らないのだ。''
--逆に言うと、艦載機の仕様を把握しておかないと空振りしやすくなる。
//特に重桜攻撃機を使うならば要練習だ。
-性能を100%発揮させる為には鉄血製艦載機が必要になる他、どの枠を鉄血製にするかで得意な事が大きく変わる。
--状況に合わせて選択しよう。

**オススメ装備 [#RecommendEquip]

鉄血艦載機を1機持たせておきたい。装備の陣営は装備性能で確認できる。
-鉄血製装備は癖が強い。
--どれを装備して、誰と編成し、どう活躍させるかは事前にしっかり吟味したい。
--どうしても相性が悪ければ、身も蓋もないがその戦場は他の艦船に譲るのも手。

Me-155A+XSB3C(鉄血)とF7F+Ju-87C(鉄血)、F7F+XSB3C(非鉄血)について。
-理論値では対艦攻撃力はF7F+Ju-87C>F7F+XSB3C>Me-155A+XSB3Cの順。
--F7F+Ju-87CはF7F+XSB3Cより約15%、Me-155A+XSB3Cより約4割高い。
--サイズの異なる爆弾の装甲補正の差や命中率の差、第3スロットは考慮していない。
//F7Fx150x2=249600
//F7Fx120x2=199680
//XSB3Cx160x3=564480
//XSB3Cx130x3=458640
//Ju87x160x3=525120
//F7F+XSB3C=658320
//F7F+Ju87=774720
//Me-155A+XSB3C=564480

***戦闘機 [#Fighter]

|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装備名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|CENTER:40|||c
|&ref(戦闘機リスト/Me-155A艦上戦闘機T3.png,40x40);|[[Me-155A艦上戦闘機]]|鉄血製。爆弾は搭載していないが、敵艦載機の迎撃性能が非常に高い。&br;12章や13章などの航空攻撃の激しい海域では強力。|
|&ref(戦闘機リスト/BF.jpg,nolink,40x40);|[[試作型BF-109G(特別計画艦仕様)]]|鉄血製。ロケット弾を用いる、対艦攻撃力に特化した戦闘機。対中、軽装甲に効果的。&br;敵艦載機に対する自動発艦を行わない点と、攻撃範囲が狭いことに注意。 |
|&ref(戦闘機リスト/TG.jpg,nolink,40x40,F7Fタイガーキャット);|[[F7Fタイガーキャット]]|対空、対艦を両立した戦闘機。&br;対艦を重視しつつ、ロケット弾との相性が悪い敵に。|
|&ref(戦闘機リスト/F4U(VF-17中隊)T0.png,nolink,40x40,F4U(VF-17中隊));|[[F4U(VF-17中隊)]]|対空に優れる戦闘機。対艦火力も高め。|
|&ref(戦闘機リスト/F6FヘルキャットT3.jpg,nolink,40x40,F6Fヘルキャット);|[[F6Fヘルキャット]]|標準的な戦闘機三兄弟。入手しやすい。|
|&ref(戦闘機リスト/シーファングT3.png,nolink,40x40,シーファング);|[[シーファング]]|~|
|&ref(戦闘機リスト/シーフューリーT0.png,nolink,40x40,シーフューリー);|[[シーフューリー]]|~|

***爆撃機 [#Divebomber]

第2、第3スロットに装備可能。

|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装備名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|CENTER:40|||c
|&ref(爆撃機リスト/Ju-87C急降下爆撃機T3.png,nolink,40x40,Ju-87C急降下爆撃機);|[[Ju-87C急降下爆撃機]]|鉄血製爆撃機。入手しやすい。&br;爆撃数が多く面での攻撃力に優れる。|
|&ref(爆撃機リスト/SB2CヘルダイバーT3.jpg,nolink,40x40,SB2Cヘルダイバー);|[[SB2Cヘルダイバー]]|入手しやすい三兄弟。&br;上に行くほど対艦攻撃力が高い。&br;下に行くほど対空攻撃力が高い。|
|&ref(爆撃機リスト/BTD-1デストロイヤーT3.png,nolink,40x40,BTD-1デストロイヤー);|[[BTD-1デストロイヤー]]|~|
|&ref(爆撃機リスト/ファイアフライT0.png,nolink,40x40,ファイアフライ);|[[ファイアフライ]]|~|
|&ref(爆撃機リスト/実験型XSB3C-1T0(修正).png,nolink,40x40,実験型XSB3C-1);|[[実験型XSB3C-1]]|鉄板装備。対空と対艦を両立。|
|&ref(試作型艦上式Su-2/試作型艦上式Su-2.png,nolink,40x40,試作型艦上式Su-2);|[[試作型艦上式Su-2]]|対軽装甲に強い。|

#region(何故、Ju-87C急降下爆撃機は不安定なのか)

まずは爆撃機が投下する爆弾の特徴をおさらいしておこう。

-''爆弾投下時の優先度1''
ボス>人型>量産型>自爆ボート
-''爆弾投下時の優先度2''
戦艦≧空母>巡洋艦>駆逐艦
-''爆弾投下時の優先度3''
出現している全ての敵が同じ優先度を持つ場合、爆撃機から見て一番近い敵に投下する

それぞれの爆撃機の投下対象は1→2→3の順番で決められ、''全爆弾統一''となる。
爆弾ごとに投下地点はバラけ、たまたま上下最大にバラけた爆弾が他の敵を巻き込んで全包囲攻撃っぽくなる。
以上の特徴から、''最優先攻撃対象が画面中央にいる時こそ爆撃機は最も高い攻撃力を発揮する。''
Ju-87C急降下爆撃機が4発搭載している100lb爆弾は破壊範囲がとても狭い為、その影響を特に受けやすい。
人型やボスが最上下端にいる時に投下すれば画面右側の半分にも満たない攻撃範囲になりかねない。
更に投下タイミングを自分で決められないオート操作ならば、より顕著になる。
ゆえにJu-87C急降下爆撃機は不安定な爆撃機と言える。

高い補正率があろうと、''当たらなければ意味がない''のは重桜攻撃機と同じである。
自分のプレイスタイルや攻略対象を確認して、鉄血製装備に縛られない編成をしていきたい。

#endregion

***攻撃機 [#Torpedobomber]

第3スロットには爆撃機か攻撃機どちらかを装備できる。ここでは攻撃機を解説する。

|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装備名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|CENTER:40|||c
|&ref(攻撃機リスト/Ju-87 D-4T0.jpg,nolink,40x40,Ju-87 D-4);|[[Ju-87 D-4]]|鉄血製。[[重桜魚雷>流星]]とほぼ同じ挙動をする。&br;自前では減速や停止を持たないため、どう命中させるかは要検討。|
|&ref(攻撃機リスト/バラクーダT3.png,nolink,40x40,バラクーダ);|[[バラクーダ]]|定番のつなぎ装備。|
|&ref(攻撃機リスト/ファイアブランドT0.png,nolink,40x40,ファイアブランド);|[[ファイアブランド]]|対空攻撃力が高い。入手しやすく、ワイヴァーンに派生可能。|
|&ref(攻撃機リスト/ワイヴァーンT0.png,nolink,40x40,ワイヴァーン);|[[ワイヴァーン]]|対空と対艦を両立した鉄板装備。自動迎撃持ち。|

***設備 [#Auxiliary]

|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装備名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|&ref(設備リスト/油圧カタパルトT3.png,nolink,40x40,油圧カタパルトT3);|[[油圧カタパルト]]|航空値を大きく上げる空母系鉄板装備。|
|&ref(設備リスト/100/150航空燃料T0.png,nolink,40x40);|[[100/150航空燃料]]|通称ハイオク。艦載機(スキルで発艦されたものも含む)の移動速度が上がる。&br;停止スキルが間に合わないような素早い敵にも収束魚雷や[[ミサイル>試作型BF-109G(特別計画艦仕様)]]を当てやすくなる。&br;航空値、艦載機HPも上がる|
|&ref(設備リスト/空母燃料タンクT3.png,nolink,40x40);|[[空母燃料タンク]]|航空値と艦載機HPを上げる。&br;艦載機HPを上げたいが艦載機速度を上げる必要はないという場合は選択肢に入る。&br;量産性は高いので、金カタパルトが足りない場合の代替品としてはお世話になる。|
|&ref(設備リスト/ホーミングビーコンT0.png,nolink,40x40,ホーミングビーコン);|[[ホーミングビーコン]]|装填短縮持ち。早回しや装填調整に。|
|&ref(設備リスト/消火装置T3.jpg,nolink,40x40,消火装置);|[[消火装置]]|炎上対策の定番装備。アンチ隠蔽砲撃対策に。 |

**オススメ編成 [#RecommendFormation]

被ダメ軽減の陣営バフを持つため、鉄血染めがおすすめ。
鉄血所属艦が増えたため、戦略の幅も広がった。
//キャラアイコン→&ref(img/アイコン名,nolink,40x40,キャラ名);

***主力 [#MainForce]

|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:キャラ名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|CENTER:40|||c
|&ref(img/ビスマルク_icon.jpg,40x40,ビスマルク);|[[ビスマルク]]|陣営バフ持ち。|
|&ref(img/ティルピッツ_icon.jpg,40x40,ティルピッツ);|[[ティルピッツ]]|元祖相棒。火力、制圧力が高めで、空母護衛に相性が良い。|
|&ref(img/アウグスト・フォン・パーセヴァル_icon.jpg,40x40,アウグスト・フォン・パーセヴァル);|[[アウグスト・フォン・パーセヴァル]]|確定の停止と、航空ダメージ増加デバフ持ち。|
|&ref(img/ペーター・シュトラッサー_icon.jpg,40x40,ペーター・シュトラッサー);|[[ペーター・シュトラッサー]]|妹。微量の減速やランダムの停止、鉄血染めでの空母装填バフを持つ。|
|&ref(img/オーディン_icon.jpg,40x40,オーディン);|[[オーディン]]|道中に強い。|
|&ref(img/ザイドリッツ_icon.jpg,40x40,ザイドリッツ);|[[ザイドリッツ]]|砲撃短縮及び主力保護持ち。また伝承艤装持ちが旗艦の場合、砲撃短縮を付与する。|
|&ref(img/リュッツォウ_icon.jpg,40x40,リュッツォウ);|[[リュッツォウ]]|伝承艤装持ち。ザイドリッツのお供に。|
|&ref(img/テューリンゲン_icon.jpg,40x40,テューリンゲン);|[[テューリンゲン]]|伝承艤装持ち。ザイドリッツのお供に。|
|&ref(img/フリードリヒ・デア・グローセ_icon.jpg,40x40,フリードリヒ・デア・グローセ);|[[フリードリヒ・デア・グローセ]]|反撃弾幕持ちなので、護衛にも向く。|
|&ref(img/ウルリッヒ・フォン・フッテン_icon.jpg,40x40,ウルリッヒ・フォン・フッテン);|[[ウルリッヒ・フォン・フッテン]]|~|
|&ref(img/ヴェーザー_icon.jpg,40x40,ヴェーザー);|[[ヴェーザー]]|前衛をシールド保護できる。|
|&ref(img/エルベ_icon.jpg,40x40,エルベ);|[[エルベ]]|前衛をシールド保護できる。|

#region(主力艦隊詳細)

|CENTER:130|LEFT:130|LEFT:453|c
|>|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''ティルピッツ''};|
|[[&attachref(img/ティルピッツ_icon.jpg,nolink,ティルピッツ);>ティルピッツ]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|主砲投射・磁気魚雷|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル1''|''孤高なる北の女王''&br;主力艦隊の戦艦、巡戦がティルピッツだけの場合、自分の与えるダメージが10%(MAX30%)アップ|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル2''|''磁気魚雷''&br;35秒(最短15秒)毎、敵を追尾する磁気魚雷を4発発射する(威力はスキルレベルによる)|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''スキルを阻害しない実装時から続く最良のパートナー''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''戦艦中心編成に出来ない''&br;%%姉より貫禄がある%%|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|「孤高なる北の女王」から繰り出される高火力が魅力の良き相棒。&br;[[ビスマルク]]がいない限りは旗艦を務めることになるので、磁器魚雷による自爆ボート迎撃力が高いのも嬉しい。&br;ただし、もう1隻は必然的に空母になるので艦載機の扱いに長けていないと[[第十二章]]までは苦労することになる。|
|>|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''ビスマルク''};|
|[[&attachref(img/ビスマルク_icon.jpg,nolink,ビスマルク);>ビスマルク]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|主砲投射・弾幕スキル(通常弾)|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル1''|''不屈の力''&br;旗艦として出撃する場合、自身の主砲攻撃時40.0%(MAX70.0%)で発動。特殊弾幕を展開する。また、味方の鉄血所属空母の与えるダメージが10%(MAX20%)アップ|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル2''|''鉄血艦隊の指導者''&br;出撃時、味方鉄血艦船の砲撃・雷撃・航空攻撃のクリティカル率が4.0%(MAX20.0%)アップし、装填が4.5%(MAX12.0%)アップ&br;ティルピッツの与えるダメージが20%(MAX40%)アップ|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''主砲・航空支援共に隙のない鉄血艦隊が組める''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''スキルの都合で自爆ボート迎撃に難がある''|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|鉄血の総大将。陣営バフのクリティカル率・装填強化によりツェッペリンの高火力に更に磨きがかかる。&br;スキル「Wahrheit」の性質上、副砲が軽巡砲だと近くまで寄ってきた人型も撃ってしまうので&br;肝心な時にリロード中で自爆ボードを素通ししてしまう弱点も抱えている。&br;総大将不在期間が割と長かった為、一緒に組めば強いが必須というほどではない所も覚えておきたい。|
|>|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''フリードリヒ・デア・グローセ''};|
|[[&attachref(img/フリードリヒ・デア・グローセ_icon.jpg,nolink,フリードリヒ・デア・グローセ);>フリードリヒ・デア・グローセ]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|主砲投射・弾幕スキル(装甲無視&榴弾)|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル''|''破壊のSinfonie''&br;自身がダメージを受けるか敵が一定範囲内に入った時、装甲種類を無視する特殊副砲弾幕Lv.1(10)を発動する(威力はスキルレベルによる)。15秒に1回しか発動しない|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''圧倒的火力で敵を捻じ伏せる高火力艦隊が組める&br;最高クラスの耐久力により磨きがかかる''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''戦艦のDRなので途方もなく完成までが長い''|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|鉄血が誇る屈指の戦艦。史実で積み重なった無茶苦茶な計画に恥じない大火力を見せ付けてくれる。&br;鉄血の戦艦の例に漏れず対空が苦手なので、同時編成時は[[Me-155A艦上戦闘機[T3]>Me-155A艦上戦闘機]]を用意したい。&br;難点は何よりも完成までの長さ。彼女のコンサートは燃料をケチる貧乏指揮官お断りなのである。|
|>|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''ツェッペリンちゃん''};|
|[[&attachref(img/ツェッペリンちゃん_icon.jpg,nolink,ツェッペリンちゃん);>ツェッペリンちゃん]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|爆撃機x3・弾幕スキル(榴弾/徹甲弾)|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル''|''鉄血のヒナ鷹''&br;戦闘開始時、味方艦隊の鉄血艦の数だけ、自身の航空・対空・装填が1.0%(5.0%)アップ|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''火力を持つ空母なのでハード編成に強い&br;ティルピッツのスキルを阻害せず鉄血艦隊が組める''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''軽空母と同じ艦載機数なので火力はそこそこ''&br;%%万が一、育つとああなる%%|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|な、なんだここは!? 卿がまた誘拐……自分のことを紹介しろって?&br;ご、ごほんっ! 我ならば[[ティルピッツ]]を入れた鉄血艦隊を組む時にスキルを阻害しないぞ!&br;飛行機が最強なのは間違いないが、軽巡砲があれば自爆ボートだって倒せるんだぞ!&br;よし、紹介したぞ! 褒美のおやつをよこせ! ……ない? これでもくらえぇ!!|
|>|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''ペーター・シュトラッサー''};|
|[[&attachref(img/ペーター・シュトラッサー_icon.jpg,nolink,ペーター・シュトラッサー);>ペーター・シュトラッサー]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|攻撃機x3・追加攻撃スキル(攻撃機)|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル1''|''Zeitsteuerung''&br;全ての敵速力が8%ダウン&br;戦闘中、1.0%(10.0%)の確率で全ての敵の速力を3秒間ゼロにする(この効果が7秒間に1度しか適用できない)|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル2''|''鉄血の翅''&br;味方艦隊の鉄血所属艦船が1隻につき、自身の航空が1.0%(5.0%)アップ(最大3隻分まで加算可能)&br;鉄血所属艦船が4隻以上いる場合、味方鉄血空母・軽空母の3回までの航空攻撃準備時間を1.0%(10.0%)短縮させる|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''完全停止スキルにより強力な攻撃を叩き込みやすくなる&br;姉と組んだ時の制空力・対艦攻撃力は他陣営に全く劣らない''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''旗艦が[[ビスマルク]]だと自爆ボート処理に不安が残る&br;強いて言うならば、時間停止がランダム発動で予測し辛いこと''|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|共に未成で終わった妹。何と言っても敵艦を一定確率で完全停止させるスキル「Zeitsteuerung」が強力。&br;毎秒ランダム発動なので突然止まるのだが、効果時間は3秒となかなか長め。その間に攻撃を叩き込むことは難しくない。&br;追加攻撃スキルもあって姉とも遜色ない攻撃力を発揮してくれる。空を鉄血で染めてやろう。&br;ただし、弱点でも挙げている通り[[ビスマルク]]を軸とした鉄血編成は自爆ボート処理が苦手なので対策を怠らないように。|

#endregion

***前衛 [#AvantGarde]

|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:キャラ名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|CENTER:40|||c
|&ref(img/プリンツ・オイゲン_icon.jpg,40x40,プリンツ・オイゲン);|[[プリンツ・オイゲン]]|盾役に。|
|&ref(img/マインツ_icon.jpg,40x40,マインツ);|[[マインツ]]|耐久に優れる軽巡。対空役に。|
|&ref(img/マクデブルク_icon.jpg,40x40,マクデブルク);|[[マクデブルク]]|連戦に強い軽巡。|
|&ref(img/ライプツィヒ_icon.jpg,40x40,ライプツィヒ);|[[ライプツィヒ]]|巡洋艦バフ持ち。|
|&ref(img/ニュルンベルク_icon.jpg,40x40,ニュルンベルク);|[[ニュルンベルク]]|対空につよい。|
|&ref(img/ローン_icon.jpg,40x40,ローン);|[[ローン]]|耐久と火力に優れる重巡。|
|&ref(img/エーギル_icon.jpg,40x40,エーギル);|[[エーギル]]|盾役に。|
|&ref(img/kutiku24.jpg,40x40,レーベ);|[[Z1]]|Z駆逐艦バフ持ち。火力が高め。|
|&ref(img/kutiku25.jpg,40x40,ニーミ);|[[Z23]]|主人公。シールド持ちで、火力が高め。|
|&ref(img/Z28_icon.jpg,40x40,Z28);|[[Z28]]|Z駆逐艦バフ持ち。|
|&ref(img/kutiku45.jpg,40x40,Z46);|[[Z46]]|親友。軽巡に近い特性を持つ万能駆逐艦。|

#region(前衛艦隊詳細)

|CENTER:130|LEFT:130|LEFT:453|c
|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''重巡''};|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''ローン''};|
|[[&attachref(img/ローン_icon.jpg,nolink,ローン);>ローン]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|主砲|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル''|''全方位装甲''&br;30秒毎に発動する。敵弾を8回まで無効できる、持続時間5秒間(15秒間)の回転シールドを4枚生成する|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''火力と防御力を両立できる''&br;%%私を他の娘と一緒に採用するなんて……&color(#ff0000){''許せない!!''};%%|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''完成までが遠い''&br;%%私を採用しないなんて……&color(#ff0000){''許せない!!''};%%|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|重巡の中でも特に高い耐久力を持つ開発艦。主砲砲座+1により火力も折り紙付き。&br;ただし、副砲ではなく魚雷装備なので主砲装填完了までの間に穴が開きやすい。&br;この隙間を埋めることのできるサポーターと組むことで本領を発揮できるだろう。|
|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''軽巡''};|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''ライプツィヒ''};|
|[[&attachref(img/ライプツィヒ_icon.jpg,nolink,ライプツィヒ);>ライプツィヒ]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|主砲・魚雷|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル1''|''戦術指揮・巡洋艦''&br;戦闘中、巡洋艦の火力、雷撃、装填値が1.0%(MAX10.0%)アップ。同じ種類のスキルの効果は重複しない|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル2''|''安全第一!(要改造)''&br;自分が戦闘可能である限り、味方前衛艦隊の速力が3アップし、敵との接触ダメージを15.0%(MAX25.0%)軽減する&br;戦闘中、自分がダメージを受けて耐久度が最大値の30%を下回った場合に一度だけ発動、自身の与えるダメージを5.0%(MAX15.0%)アップし、2.0(MAX5.0)秒間自身が全ての攻撃を回避する|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''オート操作の難点である衝突ダメージを軽減できる''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''建造可能になるまでが少し面倒''&br;一歩間違えると頭突き艦隊に目覚める|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|えー、今回の編成はライプツィヒが加わります。&br;オート操作の難点である衝突の被害が抑えられますが、0ではないのでご注意ください。&br;えー、また、「戦術指揮・巡洋艦」は重複の心配ございませんので、心配しすぎないよう編成しましょう。&br;皆様よろしいでしょうか? ……はい。それでは皆様、''本日もご安全に!''|
|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''駆逐''};|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''Z1''};|
|[[&attachref(img/kutiku24.jpg,nolink,Z1);>Z1]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|主砲・魚雷|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル''|''Zの系譜''&br;戦闘中、Zクラス駆逐艦の火力、回避が20.0%(40.0%)アップ|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''鉄血駆逐艦隊を組むなら欠かせない存在''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''Z46不在だと対空が死ぬ&br;鉄血の宿命:対空が苦手''|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|鉄血駆逐艦隊でお馴染みのレーベ様。対空の必要性がほぼない[[第十一章]]までなら破竹の勢いを見せてくれる。&br;改造すると重桜駆逐艦並の魚雷火力に化けるので、主砲や航空支援以外で一発の瞬間火力を担保できる。&br;ただし、鉄血共通の弱点である対空は更に穴が開く形になるので[[第十二章]]以降の採用は慎重に。|
|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''駆逐''};|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''Z23''};|
|[[&attachref(img/kutiku25.jpg,nolink,Z23);>Z23]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|主砲|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル1''|''鉄血先鋭''&br;戦闘中、Zクラス駆逐艦の火力、回避が20.0%(40.0%)アップ|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル2''|''重装形態(要改造)''&br;20秒毎に40.0%(MAX70.0%)で発動。強力な弾幕を展開すると同時に、敵弾を5回無効化できるシールド(10秒間持続)を2枚生成し、10秒間自身の主砲攻撃を100%クリティカルさせる|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''高火力主砲により、高い平均ダメージを出せる''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''魚雷火力が並なので、手動時はここぞの一発の火力に欠ける&br;鉄血の宿命:対空が大苦手''|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|鉄血駆逐艦隊でもう一人のお馴染みニーミ先生。&br;改造すると確定ではないがシールドを展開可能になるので、耐久力は数値以上に高い。&br;ローンと同時編成すると彼女の弱点を埋めてくれるが、やっぱり対空に難があるのが悩み所となる。|
|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''駆逐''};|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''Z25''};|
|[[&attachref(img/Z25_icon.jpg,nolink,Z25);>Z25]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|主砲|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル''|''旗艦随伴''&br;自身が戦闘可能である限り、旗艦の受けるダメージを15.0%(25.0%)軽減|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''主力単艦編成時には姉より高い適正を持つ''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''姉と比べるとスキル発動時の爆発力に欠ける&br;鉄血の宿命:対空が大苦手''|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|姉のニーミ先生と比べると発動スキルが主砲に依存しないので、装備の自由度が高い。&br;「旗艦随伴」により旗艦の耐久力を更に高めることができるが、やっぱり対空が大の苦手。鉄血の宿命である。|
|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''駆逐''};|>|BGCOLOR(#696969):CENTER:~&color(#ffffff){''Z46''};|
|[[&attachref(img/kutiku45.jpg,nolink,Z46);>Z46]]|BGCOLOR(#f0f0f0):''所属''|鉄血|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''メインダメージ''|主砲・魚雷|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特筆スキル''|''折れた鋼翼''&br;対空攻撃範囲内で敵艦載機が撃墜された場合、8秒間、自身の火力に自身の基本対空(基本ステータス+装備)の5.0%(MAX15.0%)分を加算する。効果適用中にさらに同じスキルが発動した場合、効果は加算されず持続時間のみ上書きされる。|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''特長''|''駆逐艦らしからぬ総合耐久力を持つ&br;鉄血駆逐艦ながら、対空が得意!''|
|~|BGCOLOR(#f0f0f0):''弱点''|''魚雷補正が低いので数値ほどの威力が出ない&br;強い徹甲弾の駆逐主砲が確保しづらい''|
|>|>|BGCOLOR(#f0f0f0):CENTER:''概要''|
|>|>|親友にして駆逐艦のような何か。回避は少なめだが、それを補って余りある耐久力を持つ。&br;対空が優秀なので、必然的に鉄血が苦手とする艦隊の対空も強くなる。&br;魚雷補正が低いとはいえ、削りには良いので妥協せずに良い装備を与えてあげよう。|

#endregion

**キャラクター [#Character]

 世界を滅ぼしたいという破滅的な思想を持つ。厭世的な性格だが、心の奥底ではそんな自分を誰かに救済してほしいと葛藤を感じている。
 「■■■」に操られる指揮官を憐れと思う一方で協力者としての期待も寄せている。

(公式Twitterより)

 好きなもの・こと:非公開
 苦手なもの・こと:非公開
 趣味      :非公開
 特技      :非公開

(クロスウェーブより)

-公式ツイッターの説明によると「世界を滅ぼしたいという破滅的な思想を持つ。
厭世的な性格だが、心の奥底ではそんな自分を誰かに救済してほしいと葛藤を感じている」との事。
--それ故か、彼女の言動には後ろ向きなものが目立つ。%%でもSDキャラとか見てるとただの厨二病患者にしか見えない。%%
---SDの動きが全体的にかわいい。[[寮舎でも怖いあの人>ローン]]とは違い、完全に寮舎エンジョイ勢である。
--同ツイートには「『■■■』に操られる指揮官を憐れと思う」ともある。
この世界やセイレーンについて何か知っていると考えられるが、本人が言及しないため詳細は不明。
--なお妹にすら難解な世界観を持っていると言われる始末。
--特にタッチ1のセリフ「憎んでいる。全てを。」が有名。
そのため「にくすべ」なる%%かっこよさが台無しな%%あだ名が浸透して%%しまって%%いる(または「すべにく」とも)。
---図鑑のボイス再生画面でこのセリフを再生すると左下のSDが(>_<)←この顔でウキウキするようにはねている為一番ギャップが激しい。
---その後、チャットスタンプに「にくすべ」スタンプが追加され、公式化されることとなった。
&color(#c0c0c0){とてもじゃないが何かを憎んでるようには見えない朗らかな笑顔である};
-鉄血陣営だけあって禍々しく攻撃的な艤装を持っている。史実では火砲も多く積んでいたため、砲の数がよく目立つ。
--SDだとポーズと共に艤装の口の砲門からビームを撃とうとするが…''出ない''。チャージはしても''出ないのである''&color(#c0c0c0){(そりゃあせる)};。
---長らくビームかなんかでも撃つと思われていた艤装だが、[[探照灯>重照空投射攻性艤装NT]]だったようだ。
--意外と表情が豊かであり、例のグラサンをかけてドヤったり、某40萬家具などに乗せるとノリノリで踊りだす。
根は案外お茶目さんなのかもしれない。
-よく見ると非常に髪が長い。このためか風呂に入る時はタオルで短くまとめている。
--スラリとした御御足の向こうにあるのは、マントではなく髪。SD絵でも尻尾のような艦装の向こうに見えている。
-また[[Z46]]のキャラストーリーにも登場。
--母港に来て他所の陣営の艦と関わるようになってからはザワークラウトを作る料理の腕前も上がったようだ。
口下手で人付き合いの苦手なZ46の悩みを聞く&color(#c0c0c0){オカンっぷり};面倒見の良さも語られた。
--こうした面倒見の良い世話好きな一面は史実ネタも絡めて[[赤城]]に似た可能性があるとゲーム内では推測されている。
---%%下手すりゃヤンデレ勢になってた?%%

*元ネタ [#Original]

//他サイトの文言をそのままコピー&ペーストする行為はそのサイトに迷惑がかかりますのでお止め下さい。
//ゲームのキャラクターを知るための元ネタ解説として、できるだけ要約してください。通常は2000文字程度を上限とし、特筆すべき戦歴の多い艦でも2万文字以下。
//戦争における善悪を印象づけるような、強い表現を避けてください。

第二次世界大戦下のドイツで建造されていたグラーフ・ツェッペリン級航空母艦1番艦、グラーフ・ツェッペリン。
-起工、進水までは工事が進んでいた。
--戦況と上層部の方針転換により未完成のまま放置。
--その後、戦況の悪化に伴いドイツ軍自身の手で自沈。
戦後ソ連が引き上げるも、修理不能だったため標的艦として処分されたとされている。
-名前の由来は現在でも運用されている硬式飛行船の発明家で、陸軍軍人でもあるフェルディナント・フォン・ツェッペリン。
--正式にはフェルディナント・アドルフ・ハインリヒ・アウグスト・フォン・ツェッペリン。
--名前の『グラーフ(Graf)』は日本語訳すると『伯爵』。

空母としては、重装甲かつ砲火力が高い設計となっていた。
-砲塔の多さは立ち絵の艤装にも反映されている。
-同様に重装甲だった[[イラストリアス]]級同様、搭載機数は控えめの計画。
--ドイツ初の空母だったため、ノウハウの提供を同盟国の日本に打診。
工作機械や装甲技術と引き換えに、赤城の図面を入手して参考にしたと言われている。
-同型艦4隻が予定されており、起工したものの進水しなかった2番艦仮称Bが[[ペーター・シュトラッサー]]として実装済み。

#region(戦歴?欲張りセット)

-1935年3月16日、政権を取ったヒトラー総統は再軍備宣言を行った。
これにより忌々しいヴェルサイユ条約は破棄され、新生ドイツ軍として堂々と軍備を拡充させ始めた。
海軍もまた、かつてのドイツ帝国に返り咲くべく艦隊の再建を目指す。
-その中に、ドイツが運用した事が無い「空母」の建造が含まれていた。
つまりグラーフ・ツェッペリンの建造の端緒である。
なお空母の研究そのものは再軍備宣言より前から行われており、1934年4月からベルリン工科大学造船学科助教授が基本設計を練り始めている。
しかし航空機のノウハウが無く、更に空軍の協力も得られなかったため独力での研究を強いられていた。
--1935年に基本設計が完了。
同年6月18日、イギリスとの海軍条約により3万8,500トンの建造枠が認められた事から1万9,250トンの空母2隻を建造する事に決定し、発注された。
発注後、ようやく空軍の協力が得られるようになった。だが慣れない空母建造のため工事が遅延。
-ビスマルク級戦艦やUボートなどと同時期に建造計画が始まっていたが、空母の建造に関しては一番進んでいなかった。
-そこで秋頃、海軍国かつ唯一の同盟国大日本帝國に技術支援の要請を打診した。
日本側は快諾し、帝國海軍から「[[赤城]]」の設計図や航空機運用方法といった機密を手に入れた。
更に航空将校や技師の視察も許可された。
--一例として1935年9月から12月にかけてドイツの造船関係者が視察に訪れ、訓練の様子を見学したことが挙げられる。
こうして、提供された[[赤城]]の100枚以上の図面((なお、渡されたのは近代化改装前の三段式甲板の資料だった。))や、視察した航空将校からの情報を参考に骨組みを組み立てていった。
技術支援を受けたドイツ側は返礼として、精密工作機械や装甲技術を与えた。
あの戦艦大和は、ドイツ製の工作機械によって建造されたのは有名な話である。
--このような交流は今後も続き、ドイツの在日海軍武官が[[龍鳳]]の発着艦訓練を見学するなど親交を温めている。
--陸軍は積極的にドイツと交流したが、海軍は山本五十六長官が反ドイツ派だったため、大した資料を渡さなかったとする説がある。

-英空母「フューリアス」や米空母「[[レキシントン]]」も参考にし、研究に研究を重ねた結果、1936年12月28日にドイチェヴェルケ造船所で起工。
「A」という仮称が与えられ、建造が進められた。
1938年12月8日に進水、式典にはヒトラーと駐独日本大使館附海軍武官小島秀雄大佐が参列している。
命名者はツェッペリン将軍の娘ヘレネ・フォン・ツェッペリン。
その後の祝賀会ではヘルマン・ゲーリングが演説を行った。
多くの観衆が祝福に駆けつけ、軍関係者は進水の瞬間をナチス式敬礼で見送った。
この日はフォークランドの戦いから24周年の節目でもあり、式典は盛大に執り行われた。
-公称排水量は1万9,250トンと発表されたが、実際は2万3,200トンと予定より超過していた。
もっとも排水量はそれ自体が艦の性能において重要な情報であるため、このようなことは当時では珍しくない。
-肝心の建造は、溶接工の不足や資材確保の遅れで思うように進んでいなかった。
--特にゲーリングの妨害が激しかった。
''空を飛ぶ物は全て空軍の管轄''というトンデモ持論を持つ彼にとって、海軍が勝手に航空隊を整備する光景は見るに耐えられなかったのだろう。
ヒトラーに後ろ向きな報告をして完成を遅らせている。
艦載機や搭乗員を巡って、レーダー提督との衝突が絶えなかった事も、妨害の激しさを後押ししていた。
1937年からバルト海沿岸にて航空隊の養成が始まり、1939年9月までに3つの航空隊が用意されていた。
同時に航空機開発も始まっており、艦上雷撃機としてフィゼラー社の複葉機「Fi 167」が開発されていた。
-1939年から1940年にかけて、ソ連の対外貿易人民委員がドイツを視察。
この時に建造中のグラーフ・ツェッペリンを見学している。
空母の運用を考えていたソ連はグラーフ・ツェッペリンの購入もしくは同型艦の購入を打診したが、ドイツ側に断られている。

-建造途中で第二次世界大戦が勃発。
開戦時の完成度は85%だったが海軍の戦略方針により潜水艦の建造が優先される事になり、艤装工事は中止。
ノルウェーやフランスを降伏させ、長大な沿岸を防衛する必要が出てきたドイツ軍は沿岸砲の製造に注力し始めた。
それに伴って建造優先度は低下し、艤装が90%済んだ状態で1940年6月に未完成のまま建造中止された。
--余談だが飛行船のグラーフ・ツェッペリンも同年に解体されており、奇妙な縁を感じる。
-用意された機銃等は国交があったソ連に売却された他、レーダー提督の進言でノルウェーに配備された。
1940年7月、掃海艇M-81に護衛されてキールからゴーテンハーフェンに回航。
広葉樹の保管庫として活用された。またゴーテンハーフェンの防空を担うべく、3.7cm砲が新たに装備された。
対空兵装の大半が右舷側に集中しており、排水量を無駄に増やす結果を招いている。
--商船に化け、通商破壊に勤しむドイツ海軍の仮装巡洋艦たちは自らの正体が露呈しないよう様々な欺瞞情報を流していた。
とある仮装巡洋艦は「グラーフ・ツェッペリンが作戦行動中である」と偽情報を流し、それを傍受した仮装巡洋艦アトランティスの乗員が苦笑したというエピソードがある。
-1941年6月22日、独ソ戦開幕。ソ連軍の爆撃を避けるため、曳船ダンツィヒとアルバート・フォスターに曳航されて出港。
一旦ポーランド北西部のステッチンに退避したが、快進撃によって戦線がソ連領深奥に移動したので、11月頃にゴーテンハーフェンへ戻された。
その後も木材の倉庫に使われた。

-1941年12月10日、同盟国として参戦した大日本帝国がマレー沖でイギリスの戦艦2隻([[プリンス・オブ・ウェールズ]]と[[レパルス]])を航空攻撃で撃沈。
これを知ったヒトラーは刺激を受け、グラーフ・ツェッペリンの建造を再開するよう命じた。
-1942年3月9日、ドイツ海軍が誇る戦艦[[ティルピッツ]]が英空母搭載のアルバコア雷撃機12機に襲われる事態が発生した。
幸い被害は無かったが、ビスマルクの二の舞になると考えたレーダー提督は、敵空母を爆撃の主標的にするとともにグラーフ・ツェッペリンの完成を急ぐべきだと痛感した。
-4月の戦略会議でレーダー提督は「建造までに約1年、航空隊の養成や訓練に6ヶ月が必要」と報告。
ヒトラーは許可を下し、5月13日に工事再開。燃料タンクや大型バルジの装着、通信機、レーダーの搭載が行われ、20mm機銃も28門に増やされた。
満載排水量は3万4,000トンと、[[翔鶴]]型を上回る巨体となった。
しかし、艤装工事にまで手が回らなかった。
グラーフ・ツェッペリンには高機能な面もあったが、ノウハウ不足により未成熟な部分が多く見られた。
1942年6月5日に生起したミッドウェー海戦の敗北により、空母の補充が急務となった帝国海軍にツェッペリンの購入と足柄の譲渡を打診されたが、回航不可と拒否。
代替案として神戸港で係留されていた商船のシャルンホルストを日本側に売却した。
--なお、船価の二倍で売却した模様。
-8月、最初の海上試験が行われた。
-同月27日夜、グラーフ・ツェッペリンは初めて敵の標的になった。
イギリス軍のアブロ・ランカスター爆撃機7機がゴーテンハーフェンに飛来し、軍港を爆撃してきた。
彼らは大型艦を沈めるために5,600ポンド(2,540kg)爆弾を携えていたが、曇り空に阻まれてグラーフ・ツェッペリンを発見できなかった。
紙一重で助かった瞬間だった。
-11月30日、増加する敵機の脅威から逃れるべく3隻の曳船に曳航されてゴーテンハーフェンを出港。
護衛には3隻の掃海艇と6隻の小型艦艇が付いた。
敵機の襲撃に備え、グラーフ・ツェッペリンの対空兵装は強化されていた。
-12月5日、キール工廠に入渠。
翌年夏までに機関を搭載する予定だったが、空軍との調整が上手くいかず、艦載機を手配できずにいた。
--ゲーリングの妨害はここでも介在し、「1944年末まで海軍用の航空機を用意できない(大嘘)」と言って計画的配備を妨げている。
またレーダー提督は空母専用の艦載機を用意したかったが、技術的な問題や過酷な生産ラインによって1946年以前に量産するのは不可能と各航空機メーカーは示した。
このため艦載機には既存の機体を流用する事とし、既に量産されていた少数のFi 167は実験用に使用。
残りは同盟国のクロアチア独立国に売却された。
-機関を搭載すれば26ノットの速力が出せると想定され、工事が進めば1944年冬に竣工できるはずだった。
同年12月31日、バレンツ海海戦で優勢だったにも関わらず援ソ船団を取り逃す大失態に激怒したヒトラーは、水上艦の解体命令を下す。
責任を取って辞任したレーダー提督の後任デーニッツ提督の取り成しにより実行はされなかったが、ツェッペリンの建造は完全に頓挫。
--完成する事は永遠に無くなった。

-1943年1月、イギリス軍の爆撃から逃れるため、ポーランド北西部のステッチンに避難した。
同月30日には船上の主要な作業は停止、係留されるだけの日々を過ごす。
4月15日、ドイツ海軍最高司令部はグラーフ・ツェッペリンをドイチェヴェルケ造船所に回航するよう命令。
4隻の曳船に曳航されてキールを出港。
オーデル川付近のメーネに移され、ネットでカモフラージュ。
40人の民間人によって保管状態となった。
一応、工事は7月30日まで行われている。
搭載していた15cm砲は地上砲台に転用、ノルウェーの沿岸防衛に充てられた。
-9月8日、イタリアが降伏。
建造中だったが主要部が破壊されたイタリア空母アクィラを接収したドイツは、ツェッペリンから射出機を剥ぎ取って流用している。
-1944年7月、東部戦線が崩壊。
陸軍や難民がソ連軍に追われて西方に逃げてくる。
ソ連軍の勢いは留まる所を知らず、第二戦闘グループや生き残ったドイツ艦艇の激しい抵抗をも押し切って、バルト三国、東プロイセン、ポーランドへと次々に雪崩れ込んできた。
-1945年3月29日、ソ連軍の接近に伴い、バルト海にある動けない艦艇は自沈処分する事になった。
結局、未完成のまま放置されたツェッペリンは、ソ連の接収を防ぐため4月にキングストン弁を開放。
着底したが浅瀬だったため完全には沈まなかった。そこで工作員10名が船体に穴を開け、内部の装甲を解体。
同月25日午後6時、ソ連軍がステッチンの市街地に侵入。
ヴォルフガング・ケーラー司令官はラジオ放送で爆破処分の決行を知らせる。
缶室に爆雷が放り込まれ、爆砕。
ついにスクラップと化した。
-一度も空母として戦うことなく、ツェッペリンは艦歴を閉じたのだった。
戦後から数十年の間、ツェッペリンの行方は不明瞭だった。
しかし、後世の歴史家による不断の努力やソビエト側の資料によりその全容が明らかになった。

-1945年8月、進駐してきたソ連軍の第77緊急救助隊はグラーフ・ツェッペリンの船体を調査。
破孔と亀裂を塞いだ後、排水して浮上させた。
応急修理の後、シュヴィーネミュンデへ回航。
-そのまま鹵獲され、8月末にソ連海軍へと編入された。
ソビエトよりPO-101の仮称が与えられた。
当初は練習艦及び実験空母にするとして、船体を購入。
空母研究に熱心なクズネツォフ司令官率いるグループは、造船省からの合意を取り付けて準備を整えていた。
しかし予想以上に損傷が激しく修復不能と判断されてしまった。
また空母を、アメリカ資本主義の象徴と捉えたスターリンの妨害もあり、運用計画は頓挫。
-1946年3月、現地でツェッペリンの船体を修復し始める。
規定期間内に修復が出来なかったため、カテゴリーCに分類される。
これは1946年8月15日までに海没処分を完了せよ、という意味だった。
前日の8月14日、シュヴィーネミュンデに回航。
-砲弾や爆弾の威力を試す実験体にされ、2発の1トン爆弾、2発の500kg爆弾、3発の250kg爆弾、5発の100kg爆弾を投下。
爆撃の末、撃沈処分された。
右絃に傾いていく姿が写真に残されている。
--ツェッペリンの最期には諸説あり、レニングラードに回航される途中でイギリス軍が敷設した機雷に触れて沈没した、同じく回航中に嵐に巻き込まれて沈没した等がある。
上記の実験体としての処分はソビエトの公式記録及びポーランド人の目撃証言から来ている。
-ちなみに完成した時のスペックは搭載数50〜60機、排水量2〜3万トン、8インチ砲8門、出力20万馬力、速力33.5ノット、そして巡洋艦並みの装甲を持つはずだった。
艦載機の内訳は戦闘機30機、急降下爆撃機13機。ただ航続距離にはあまり恵まれなかったらしく、行動半径は小さかった。
--余談だか、ソ連海軍もまた戦前から空母の研究を行っていた。
1944年、グラーフ・ツェッペリン視察団からの資料を参考にコストロミノフ少尉が卒論という形で設計を提出。
これはK案と呼称され、高い評価を獲得。
後の空母開発に大きく貢献したと言われている。
満載排水量5万1,200トン、艦載機は106機。
グラーフ・ツェッペリンを参考にしているため、艦型が酷似していたとか…。

-時は流れて2006年7月12日、ポーランドの石油資源探索会社によってバルト海に沈むグラーフ・ツェッペリンの船体が発見された。

-彼女の場合「航空機を運用する」という空母の立場が、完成と就役を遠のかせる一因にもなっていた。
この時期、航空機を運用→空軍が指揮権を持つべき((『''空を飛ぶものは全て空軍の指揮下''』とかいうやべー考えで、艦艇の水上機すら空軍管轄にしようとした程。))、というあまりにも短絡的かつ非合理な論理展開で空軍が強硬に主張していた。
そのため艦載機の選定や計画は出来ても開発が全く進まなかったという経緯がある。
また、空母らしからぬ立派な砲塔を備えた艤装が印象的だが、それもそのはず、史実では''15cm''(55口径)''連装砲塔を主砲として8基も積んでいた。''
しかしゲーム内では残念ながら軽巡主砲が装備できたり、[[サラトガ]]のようにスキルで砲撃ができたりはしないようだ。
-未完成に終わった空母グラーフ・ツェッペリンであるが、その大きな要因はヒトラーが海軍艦艇の運用に疎かったことや、海軍内でUボート推進派が幅を利かせていたことも大きい。
グラーフ・ツェッペリンは海軍再建計画「Z計画」の中でレーダー元帥により「英海軍に対抗するならば4隻は必要」とされた空母の内の一隻だった。
しかし海軍内では「灰色の狼」の異名をとったデーニッツ提督を中心とする通商破壊推進派がヒトラーの海軍構想とも合致したこともあり、主力艦艇そっちのけでUボート建造に邁進することとなった((主力のU-VIIC型に至っては600隻以上建造されている))。
更に海軍は常に陸軍と空軍に予算と鉄鋼の割り当てを取られており、満足に建造できるのがUボート程度しかなかったという苦しい台所事情もある。
この結果ドイツ海軍は艦隊編成の際に中核となるべき巡洋艦と主力の戦艦系の建造数がほぼ同じ、駆逐艦も40隻程度であとは潜水艦一杯(戦時中だけで1,000隻近く建造)という
非常に歪な海軍の状態で大戦を戦う事となり、グラーフ・ツェッペリン建造にリソースを割り当てておけない状況だった。
もっとも、上記対立は英国海軍とまともにやりあうのかというのが根本的な争点
さらに当初計画としては有り得た選択肢が建艦技術の問題や開戦に向かう流れの中で継続できなくなったという側面もある。
-ここまでを見ると軍部内部の問題により日の目を見られなかったようにも思える。
しかしそもそも海軍の編成に必要な設計と建造の時間が得られなかったこと、相対するのが既に強大な海軍力を有する英国であったことから、
想定外の早期開戦と相成った時点で水上艦隊の整備、特に護衛艦隊の保持が運用の前提となる空母の建造は困難な上戦略的有効性も甚だ疑問であったといえる。
開戦後は電撃戦に代表される積極的な陸空軍の共闘をする最中に艦載機開発に航空機技術のリソースを割くのか、生産ラインを割くのかという問題もあった。
-同型艦の計画も存在し、当初は2隻のみだったが追加建造され4隻になる予定だった。
しかし後に計画が変更され再び2隻のみが建造されるよう計画が変更された。
ドイツ海軍は進水前の艦艇に名前を与えておらず2番艦から4番艦まではそれぞれ「B」、「C」、「D」となっていた。
2番艦の「B」は完成した場合、第一次世界大戦時にドイツ海軍の飛行船部隊を指揮した「''ペーター・シュトラッサー''」から取られることになっていた。
このBは進水こそしなかったものの船体部分は装甲甲板まで完成していた。
グラーフ・ツェッペリン級二番艦「[[ペーター・シュトラッサー]]」として実装済み。

#endregion

//▼祈願専用特設フォームの運用法やルールなど。※この運用法やルール説明のコメントアウトは採用時でも外さないで下さい
//・通常は収納しておき、対象となりそうなキャラが出て来た時に表示させて、期間終了後はまたコメントアウト形式で収納する
//・採用するページはイベントなどのドロップ限定などで入手難易度がかなり高い事が判明しているページと、提案版などで必要と判断されたページにのみ期間限定で表示する
//・期間についてはイベントキャラの場合はイベント中のみ、他のキャラに適用された場合は2週間が目安。延長する場合は提案板で決を取る
//・必要無いと思われるのに表示されていた時は提案版で簡単な決を取り、必要無いと判断されたら収納する
//▼採用されたら表示する。フォーム説明2か所、折り畳みフォームと注意書き4か所、一番下の注意書きにも1つありますのでご注意下さい。収納時もこの7個所を漏れなくコメントアウトして下さい

//*&color(Red){キャラ入手祈願専用コメントフォーム};
//''ドロップ&建造の「&color(Red){祈願};、単に&color(Red){出た};、&color(Red){出ない};とする報告」の3つのみこちらにコメントして下さい。''&br;(出ないけど○○がいいの?などの情報提供を求める投稿や、ドロップ情報の報告は通常のコメント欄で構いません。)&br;祈願用コメントフォームの採用期間中は木の乱立を防ぐ為、通常コメント欄に該当内容のコメントを発見した場合、「''同様の話題の木に枝付け''」させて頂きますのでご了承ください。&br;また、許可を取らずともどなたでも枝付け作業をして頂いて構いません。

//#region(こちらを開いて祈願などのコメントをして下さい)
//#pcomment(コメント/祈願板,reply,10)
//#endregion
//なおこちらの祈願専用フォームは他のページの祈願専用フォームと1つに統合されておりますので、予めご了承ください。

*コメントフォーム [#s495ca91]
#region(クリックで過去ログ一覧を開く)

末尾の番号が若いほど、古いログになります。

#ls2(コメント/グラーフ・ツェッペリン/)
#endregion
#pcomment(,reply,20)

&size(16){''こちらの板は[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]を適用しております。投稿する前に、[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]をご確認ください。''};
''&color(#0000ff){3回のルール違反でアクセス禁止処置、該当プロバイダーへ迷惑行為としてログを提出};''させていただきますので、ご了承下さい。

//&size(16){''&color(Red){祈願};やそれを目的とした投稿は上の&color(Red){キャラ入手祈願専用コメントフォーム};に投稿して下さい。''};
&size(16){''また、愚痴を含む投稿は[[愚痴掲示板]]で投稿するようお願いいたします。''};

TIME:"2022-09-05 (月) 09:19:49" REFERER:"https://azurlane.wikiru.jp/index.php?cmd=edit&page=%A5%B0%A5%E9%A1%BC%A5%D5%A1%A6%A5%C4%A5%A7%A5%C3%A5%DA%A5%EA%A5%F3"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS