#title(ドーセットシャーの詳細・評価・オススメ装備)

[[艦種別リスト>キャラクター/艦種別]] > ''ドーセットシャー''
----

#contents

*基本情報 [#o602c0d6]

|CENTER:450|CENTER:84|CENTER:90|CENTER:84|CENTER:90|c
|>|>|>|>|~プロフィール|
|&attachref(ドーセットシャー全体.jpg,zoom,450x525);|~名前|>|>|ドーセットシャー&br;HMS Dorsetshire|
|~|~レアリティ|>|>|SR|
|~|~艦種|>|>|重巡|
|~|~陣営|>|>|ロイヤル|
|~|~建造時間|>|>|01:30:00|
|~|~CV|>|>|沼倉愛美|
|~|~イラスト|>|>|夢咲楓|
|~|~耐久|A|~火力|B|
|~|~雷装|B|~回避|C|
|~|~対空|B|~航空|E|
|~|~航速|>|>|25|
|~|~SD|>|>|&attachref(ドーセットシャー.gif);|
|>|>|>|>|~自己紹介|
|>|>|>|>|カウンティ級重巡洋艦、その中でもノーフォーク級と呼称されるのが姉さんと私です。&br;一番の自慢は姉さんの助けを借りてビスマルクさんを倒すことができたことです。&br;姉さんが自慢できる妹になるように頑張らないと!|
|>|>|>|>|~入手方法|
|>|>|>|>|[[図鑑報酬-カウンティ級★20>図鑑報酬#gf93b82b]] 取得後、建造可能|

|>|>|>|>|>|>|>|>|~ステータス(MIN/MAX)|
|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:96|c
|~耐久|821|4246|~装甲|>|中装甲|~装填|61|144|
|~火力|34|159|~雷装|45|213|~回避|9|24|
|~対空|47|217|~航空|0|0|~消費|3|10|
|~対潜|0|0|>|>|>|>|>|~ |
|~運|>|33|>|>|>|>|>|~ |

|~装備枠|~初期装備|~補正(MIN/MAX)|~最大数((各行動時に攻撃を行う砲座数や艦載機数))|
|CENTER:120|CENTER:369|CENTER:160|CENTER:160|c
|重巡主砲|[[203mm連装砲T1A>203mm連装砲A]]|110%/125%|1|
|魚雷|-|135%/150%|2|
|対空|[[QF 2ポンド八連装ポンポン砲T1>QF 2ポンド八連装ポンポン砲]]|120%/120%|1|
|設備|-|-|-|
|設備|-|-|-|

|>|~スキル名|~効果|
|CENTER:60|CENTER:150|LEFT:610|c
|&attachref(img/旅の終焉_icon.png,nolink,56x56,旅の終焉);|旅の終焉|魚雷のクリティカル率が20.0%(MAX40.0%)アップ。クリティカルによるダメージが50%アップ|
|&attachref(img/全弾発射-重巡_icon2.jpg,nolink,56x56,全弾発射-ノーフォーク級);|全弾発射-ノーフォーク級 I|自身の主砲で9回(IIで6回)攻撃する度に、全弾発射-ノーフォーク級 I を行う|

//改造時に習得するスキルは色変え→BGCOLOR(#e9eefd):

|>|~上限突破|
|CENTER:60|LEFT:771|c
|~初段|全弾発射スキル習得/主砲補正+5%|
|~二段|魚雷装填数+1/開始時魚雷+1/主砲補正+10%|
|~三段|全弾発射弾幕強化/魚雷補正+15%|

|~全弾発射スキル|~特殊弾幕スキル|
|CENTER:415|CENTER:416|c
|&attachref(ドーセットシャー弾幕.gif);|-|


大陸版wikiのページ:https://wiki.biligame.com/blhx/%E5%A4%9A%E5%A1%9E%E7%89%B9%E9%83%A1

***MAXステータス [#jb785ea4]
|CENTER:216|CENTER:216|CENTER:216|c
|>|>|~LV120好感度200|
|~耐久|~装甲|~装填|
|5025|中装甲|174|
|~火力|~雷装|~回避|
|193|259|72|
|~対空|~航空|~消費|
|264|0|10|

*ボイス [#q0d1e494]
#region(クリックでセリフ一覧を開く)
|60||c
|~入手時|こんにちは。ノーフォーク姉さんの妹、ドーセットシャーです。姉さんより大人しいって?あら、ご冗談を。姉さんこそ私が目指す目標ですよ?|
|~ログイン|おかえりなさいませ〜今日は何にします?|
|~詳細確認|私より、やっぱり姉さんのほうがカワイイですよね|
|~メイン1|姉さんが世界で一番カワイイって、常識じゃありませんか〜|
|~メイン2|ビスマルクさんって親切ですよ?姉さんの情報通りにいてくれて…違うんですか??|
|~メイン3|姉さんの話は三日三晩話しても足りませんよ〜|
|~タッチ|やっぱり指揮官も私が大きいと思っていますか?|
|~タッチ2|指揮官ってちょっと変ですね…|
|~任務|ミッションですね〜姉さんとの日々を思い出しちゃいます〜|
|~任務完了|ボーナスです、お納めください〜|
|~メール|指揮官、メールがあります|
|~母港帰還|指揮官お疲れ様です〜はい、お掛けになってお茶でもお飲みになってください。ところで、姉さんがですね〜|
|~委託完了|あ、委託チームが帰ってきました。次は私と姉さんを一緒に出撃させてください〜|
|~強化成功|姉さんを目標に、これからも頑張ります!|
|~戦闘開始|姉さんに恥をかかせないよう、頑張ります!|
|~勝利|これで姉さんにまた一歩近づけました!|
|~失敗|くっ……!まだここで倒れるわけにはいきません!|
|~スキル|姉さん、私に力を!|
|~損傷大|少し苦しい戦いになりそうですね…|
|>|BGCOLOR(#FFFFFF):COLOR(GRAY):CENTER:~▼好感度系|
|~失望|やっぱり私、姉さんには程遠いですね……|
|~知り合い|姉さんは世界の宝、神から授かった恵みです。こんな素晴らしい姉さんを持っているなんて、私、光栄です。|
|~友好|私もいい、ですか?指揮官は相変わらず冗談がお上手ですね。ふふ、姉さんと比べて私はただの醜いアヒルにすぎませんよ?|
|~好き|あら、こんな私にも、指揮官が友情以上の感情を抱いているというのですか?なら私もちゃんと向き合わないと……|
|~ラブ|まさか私にもこんな日があるとはね……こういう時どうお答えすればいいでしょうか?指揮官、教えてもらえますか?|
|~ケッコン|指揮官も物好きですね。姉さんという太陽に縋るしか能のない私にプロポーズするなんて。&br;まあ、こう申しましても、私も指揮官に惹かれていますよ。&br;こんな私でよければ、喜んでお受けいたします〜|

#endregion
*ゲームにおいて [#y943775b]
-[[図鑑報酬-カウンティ級★20>図鑑報酬#gf93b82b]]を達成することで入手できる、ロイヤル陣営の&color(red){重雷装重巡洋艦};。取得後は建造も可能となる。
**性能 [#bf41d1f4]

//[[ロンドン]]、[[シュロップシャー]]、[[ケント]]、[[サフォーク]]、[[ノーフォーク]]をまず揃える必要がある。
//それぞれの艦を上限突破させ、レアリティ★の合計20個になると図鑑コンプリートの報酬として得ることが出来る。
//-スキルの「旅の終焉」によって魚雷による攻撃は高いダメージを出すことが可能だが、通常攻撃力が低く主力としての運用は難しい。
//どちらかと言えば、入手条件で必要となるロンドンやサフォークを運用した方がいいと思われる。
//-一方で大陸では高評価。先に実装されたマップでは航空攻撃が非常に強く、耐久・対空が高いこの艦は壁として重宝されている。

-レア度SRでありながら、燃料消費はRと同じく最大10。
-スキルを含め、彼女の立ち位置はやや独特。純粋な耐久型として考えた場合、以下の点がやや気になる。
--高めの耐久と「中装甲」を備え、前衛の壁役をこなせるだけの要素は持っている。
しかし[[プリンツ・オイゲン]]や[[インディアナポリス]]、[[ノーフォーク]]のようなシールドは持たず、その点では一歩譲る。
--また、火力値がかなり低めに設定されており、耐久型の中でも更に一回り控えめ。メインのダメージソースとしての運用は難しい。
-ノーフォークから盾を外した感じの防御性能だが、かわりに最大の特長である極めて高い雷撃能力を持つ。
--雷装値はかの[[高雄]]、[[愛宕]]らSSR重桜陣営と並び、&color(red){重巡では上位に食い込む。};
魚雷もち重巡としては最も雷装値が低いノーフォークと比較すると、約1.75倍ということになる。装備補正値は低めだがほとんど気にならない。
--更に雷撃強化のスキルを持つ為、一撃の重さは凄まじい。装備にもよるが対ボス用火力としての運用も十二分に可能。
ただし重巡の例に漏れず速力が低いため、素の状態では魚雷接射が困難な点には注意が必要。設備で補おう。
-もう一つ特記する点として、対空能力の高さが挙げられる。
--&color(blue){重巡トップクラスの対空値に加え、威力補正も120%と優秀。};艦隊防空に大きく貢献してくれる。
--高い耐久も相まって、安定した対空火力を供給できる。高難易度になるほどその恩恵は大きい。
-[[開発ドック]]の実装により重巡「[[伊吹]]」が追加。基礎ステータス・スキル共に後塵を拝する格好となったが、対空に関してはこちらが上。
入手の容易さやロイヤル陣営である事、なによりも各指揮官の&color(red){愛};で差別化を図っていきたい。
-所持スキルは「旅の終焉」 魚雷のクリティカル(以下CRT)率が20/40%アップし、更にCRTダメージに50%加算される。
--スキルの発動そのものに確率は無く、魚雷発射の際に必ず発動する。
--通常、CRTのダメージは最終計算値の150%となっている。そこに50%が追加されるので、&color(red){発生すれば単純にダメージが2倍になる。};
--CRT発生確率は魚雷1本1本で個別に計算される。
(大陸版の情報によると、CRTの基本発生率は10%ほど…らしい。不確定かつ日本版では違う可能性もあるので割愛)

-耐久型でありながら重みのある一撃を携える、異彩を放つアタッカー。
魚雷に全てを賭けている為、自律戦闘(オート)ではその性能を引き出せない。手動戦闘にこそ価値があり、指揮官のウデが試されるキャラと言える。
入手こそ条件が必要なものの、限界突破は汎ブリで容易く行えるので問題はないだろう。
スキル・装備を鍛えれば、必ずや期待に応えてくれる。耐久と装甲を活かして肉薄し、眼前の敵に終焉をもたらしてやろう。
**オススメ装備/編成 [#rdb1030b]

***装備 [#se98b6d8]

//#region(長いので折り畳み)

#region(主砲)
-主砲
砲火力に劣るので優先順位は低め。ただし魚雷がメインである以上、競合相手は駆逐艦。
&color(blue){差別化を図れるポイント};なので疎かにはしたくない。
--[[203mmSKC連装砲]]T3 ☆5
重巡主砲と言えばコレ、というくらい強力な3連射徹甲弾。
しかし火力値の低い彼女だとリロードの悪さと射角の狭さが目立つので、金装備と言えども盤石とは言い難いかもしれない。
--[[試製203mm連装砲(3号)]]T0 ☆5
コアショップにて交換可能。高サイクルの2連射榴弾。
軽装甲の敵が多く出現する海域ではこちらを持たせてあげよう。
--[[203mm三連装砲改]]T3 ☆4
重巡主砲では最速のリロードを誇る3way榴弾。
一射で撃ち切るので表記以上に早く、拡散するので重巡が苦手な自爆ボートにも対処しやすく使い勝手は良好。
--[[203mm連装砲B]]T3 ☆4
上記2種の中間に当たる2連射榴弾。
それぞれ長所があるので、編成にあった砲選択をしたい。
|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装備名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|&attachref(艦砲リスト/203mmSKC連装砲T3.jpg,nolink,40x40);|[[203mmSKC連装砲[T3]>203mmSKC連装砲]]|重巡主砲と言えばコレ、というくらい強力な3連射徹甲弾。&br;しかし火力値の低い彼女だとリロードの悪さと射角の狭さが目立つので、金装備と言えども盤石とは言い難いかもしれない。|
|&attachref(艦砲リスト/試製203mm連装砲(3号)T0.png,nolink,40x40);|[[試製203mm連装砲(3号)[T0]>試製203mm連装砲(3号)]]|コアショップにて交換可能。高サイクルの2連射榴弾。&br;軽装甲の敵が多く出現する海域ではこちらを持たせてあげよう。|
|&attachref(艦砲リスト/203mm三連装砲改T3.jpg,nolink,40x40);|[[203mm三連装砲改[T3]>203mm三連装砲改]]|重巡主砲では最速のリロードを誇る3way榴弾。&br;一射で撃ち切るので表記以上に早く、拡散するので重巡が苦手な自爆ボートにも対処しやすく使い勝手は良好。|
|&attachref(艦砲リスト/203mm連装砲T3B.jpg,nolink,40x40);|[[203mm連装砲B[T3]>203mm連装砲B]]|上記2種の中間に当たる2連射榴弾。&br;それぞれ長所があるので、編成にあった砲選択をしたい。|
#endregion

#region(魚雷)
-魚雷
単発威力や装填速度、拡散範囲に細かい差異があり、好みの問題もあるので自身に合うものを選択しよう。
磁気誘導魚雷は誘導弾ではあるが、弾速が遅いので&color(red){密着に近い状態から撃っても敵の行動開始であっさり避けられることも多い。};

-[[610mm四連装魚雷]]T1~3 ☆3~5
4wayで範囲が狭いが、弾速が早く射程が長く威力も高い。
一撃の重さを重視するならこちらで、弾速の早さから狙撃にも使える。
-[[533mm五連装魚雷]]T2~3 ☆4~5
5wayで範囲が広く、上記よりリロードに優れる。
範囲と本数が優れるので広範囲の殲滅を狙うならこちらでスキルとも噛み合ってる。
-[[533mm五連装磁気魚雷]]T3 ☆6
☆6魚雷で威力そのものは上の装備たちに譲るものの、雷撃+70と最大補正を誇る。
駆逐艦には及ばない雷撃値の低さを補えるので、磁気で速力を補えるのも相まって相性は良い方。
-[[533mm四連装磁気魚雷]]T3 ☆5
上記のものより本数こそ減り一本あたりの威力が同一だが、リロードが☆5で最速。
こちらは複数入手出来るので、上記を他に回している際はこちらも適している。
|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装備名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|&attachref(魚雷リスト/610mm四連装魚雷T3.png,nolink,40x40);|[[610mm四連装魚雷[T3]>610mm四連装魚雷]]|4wayで範囲が狭いが、弾速が早く射程が長く威力も高い。&br;一撃の重さを重視するならこちらで、弾速の早さから狙撃にも使える。|
|&attachref(魚雷リスト/533mm五連装魚雷T3_150.png,nolink,40x40);|[[533mm五連装魚雷[T3]>533mm五連装魚雷]]|5wayで範囲が広く、上記よりリロードに優れる。&br;範囲と本数が優れるので広範囲の殲滅を狙うならこちらでスキルとも噛み合ってる。|
|&attachref(魚雷リスト/533mm五連装魚雷MarkIXT0.png,nolink,40x40);|[[533mm五連装魚雷MarkIX[T0]>533mm五連装魚雷MarkIX]]|現状最高峰の総合威力と一点集中狙い可能な挙動が特徴的な魚雷。手動操作時は頼もしい装備となる。&br;逆にオート操作時は当たらないことが多いため、[[533mm磁気魚雷(水上艦用)]]がないと運用自体が厳しいが、初回時のみ磁気魚雷化するため演習やエリート狩り等の短期決戦向け。|
|&attachref(魚雷リスト/533mm五連装磁気魚雷T3.jpg,nolink,40x40);|[[533mm五連装磁気魚雷[T3]>533mm五連装磁気魚雷]]|☆6魚雷で威力そのものは上の装備たちに譲るものの、雷撃+70と最大補正を誇る。&br;駆逐艦には及ばない雷撃値の低さを補えるので、磁気で速力を補えるのも相まって相性は良い方。|
|&attachref(魚雷リスト/533mm四連装磁気魚雷T3.jpg,nolink,40x40);|[[533mm四連装磁気魚雷[T3]>533mm四連装磁気魚雷]]|上記のものより本数こそ減り一本あたりの威力が同一だが、リロードが☆5で最速。&br;こちらは複数入手出来るので、上記を他に回している際はこちらも適している。|
#endregion

#region(対空)
-対空
こちらも駆逐艦と差別化が図れる。駆逐の対空値は[[ハムマン]]や[[ベイリー]]改、[[Z46]]など一部の娘たちを除けば、高くても160程度。
&color(red){威力の高い兵装を装備};し、対空値・補正値の高さを活かそう。
--[[113mm連装高角砲]]T2~3 ☆4~5
通称ルンバ。
全対空砲中最大威力と最長射程を誇るが攻速が遅くDPSは下記のものに譲る。
--[[105mmSKC連装高角砲]]T2~3 ☆4~5
ルンバとボフォースの中間に位置するバランス対空砲。
T3は入手困難だがT2は入手しやすく繋ぎとして採用出来る。
--[[四連装ボフォース40mm機関砲]]T2~3 ☆4~5
射程こそ上記のものに譲るが威力と攻速に優れており、DPSでは全対空砲中トップ。
T3が早い段階から狙えT2も充分な性能。
|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装備名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|&attachref(対空砲リスト/連装ボフォース40mm機関砲STAAGT0.png,nolink,40x40);|[[連装ボフォース40mm機関砲STAAG[T0]>連装ボフォース40mm機関砲STAAG]]|威力は低いが攻速は早く、DPSは[[四連装ボフォース40mm機関砲]]を上回る。&br;この装備の最大の利点は、命中補正を+10でき、クリティカル期待率を上げられることだが、設計図の入手性に難があり、戦艦との競争率が高い。余裕があれば回してあげよう。|
|&attachref(対空砲リスト/113mm連装高角砲T3.jpg,nolink,40x40);|[[113mm連装高角砲[T2~3]>113mm連装高角砲]]|通称ルンバ。&br;全対空砲中最大威力と最長射程を誇るが攻速が遅くDPSは下記のものに譲る。|
|&attachref(対空砲リスト/105mmSKC連装高角砲T3.png,nolink,40x40);|[[105mmSKC連装高角砲[T2~3]>105mmSKC連装高角砲]]|ルンバとボフォースの中間に位置するバランス対空砲。&br;T3は入手困難だがT2は入手しやすく繋ぎとして採用出来る。|
|&attachref(対空砲リスト/四連装ボフォース40mm機関砲T3.png,nolink,40x40);|[[四連装ボフォース40mm機関砲[T2~3]>四連装ボフォース40mm機関砲]]|射程こそ上記のものに譲るが威力と攻速に優れており、DPSでは全対空砲中トップ。&br;T3が早い段階から狙えT2も充分な性能|
#endregion

#region(設備)
-設備
防御面では耐久をさらに固めるのもよいが、命中計算式の関係上、回避値を伸ばす恩恵もまた大きい。
このほか速力や攻撃面のサポートなど、候補は多岐にわたる。こちらの編成や出撃先の敵パターンなどで柔軟に組み替えていこう。
なお、&color(red){命中がCRTの発生率に影響};している関係上、他キャラよりも命中の上昇による恩恵が大きい。
--[[ジャイロスコープ]]T3 ☆4
CRT発生率に関係する命中と、手動操作での敵弾回避や肉薄雷撃で重要な速力がともに上昇する。
最もこの設備を活かせるキャラの一人なので、最優先で装備して強化しても損は無いだろう。
--[[改良型缶]]T3 ☆4
耐久と速力を上げる設備で、肉薄雷撃を狙うプレイスタイルなら重要性は高い。
ただし速力計算の仕様上誰に持たせても効果は同じなので、他の艦に耐久を補う形で持たせた方が効率的なことが多い。
--[[SGレーダー]]T2~3 ☆4~5
命中と回避を上げる設備で、上述の通り彼女にとってはどちらのステータス上昇もありがたい。
待ち伏せ対策に艦隊内で1つ装備する際には、装備役の筆頭候補になることが多い。
--[[応急修理装置]]T3 ☆4
最大の耐久上昇幅を誇る設備。基礎耐久の高いドーセットシャーでは自動回復量もなかなかのものになる。
回避を強化しても限度があり、盾役として被弾の多い所に配置されることが多い以上、長期戦や連戦を重ねる場合を中心に重要性が高い。
--[[バルジ]]T3 ☆4
駆逐艦は装備できないので、この設備で差別化できるのは留意しておくとよい。
中装甲にとっては痛い魚雷ダメージを軽減できるので海域でも演習でも有用な、どちからと言えばオート向けの設備。
--[[九三式酸素魚雷]]T3 ☆6
雷装値を大幅に上げつつ装填値も上げる設備。
惜しむらくは現状イベント報酬及びコアショップでの交換に限られ数が全然足りず、相性は良いものの競争率が高いのが難点。
--[[自動装填機構]]T33 ☆4
火力を上昇させながら装填を大幅に上昇させる設備。
火力の上昇は微々たるものだが、最大強化時には装填が平均的な駆逐艦を上回るようになり、魚雷の利便性が大いに向上する。
また、重巡としては低火力とはいえ、組むことが多い軽巡に比べると主砲の一撃は重いので、こちらの回転率を引き上げる意義も小さくはない。
--[[ビーバーズエムブレム]] ☆5
艦隊全体の速力を上げ、回避上昇幅も最大の逸品。
主力に装備させても速力は上がるが、回避上昇量の高さが盾役重巡には極めてありがたいため、装備するなら優先的に持たせたい。

|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:画像|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:装備名|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:備考|
|&attachref(設備リスト/ジャイロスコープT3.jpg,nolink,40x40);|[[ジャイロスコープ[T3]>ジャイロスコープ]]|CRT発生率に関係する命中と、手動操作での敵弾回避や肉薄雷撃で重要な速力がともに上昇する。&br;最もこの設備を活かせるキャラの一人なので、最優先で装備して強化しても損は無いだろう。|
|&attachref(設備リスト/改良型缶T3.jpg,nolink,40x40);|[[改良型缶[T3]>改良型缶]]|耐久と速力を上げる設備で、肉薄雷撃を狙うプレイスタイルなら重要性は高い。&br;ただし、速力計算の仕様上誰に持たせても効果は同じなので、他の艦に耐久を補う形で持たせた方が効率的なことが多い。|
|&attachref(設備リスト/SGレーダーT3.jpg,nolink,40x40);|[[SGレーダー[T3]>SGレーダー]]|命中と回避を上げる設備で、上述の通り彼女にとってはどちらのステータス上昇もありがたい。&br;待ち伏せ対策に艦隊内で1つ装備する際には、装備役の筆頭候補になることが多い。|
|&attachref(設備リスト/応急修理装置T3.png,nolink,40x40);|[[応急修理装置[T3]>応急修理装置]]|最大の耐久上昇幅を誇る設備。基礎耐久の高いドーセットシャーでは自動回復量もなかなかのものになる。&br;回避を強化しても限度があり、盾役として被弾の多い所に配置されることが多い以上、長期戦や連戦を重ねる場合を中心に重要性が高い。|
|&attachref(設備リスト/バルジT3.png,nolink,40x40);|[[バルジ[T3]>バルジ]]|駆逐艦は装備できないので、この設備で差別化できるのは留意しておくとよい。&br;中装甲にとっては痛い魚雷ダメージを軽減できるので海域でも演習でも有用な、どちらかと言えばオート向けの設備。|
|&attachref(設備リスト/九三式酸素魚雷T3.png,nolink,40x40);|[[九三式酸素魚雷[T3]>九三式酸素魚雷]]|雷装値を大幅に上げつつ装填値も上げる設備。&br;惜しむらくは現状イベント報酬及びコアショップでの交換に限られ数が全然足りず、相性は良いものの競争率が高いのが難点。|
|&attachref(設備リスト/533mm磁気魚雷(水上艦用)T3.png,nolink,40x40);|[[533mm磁気魚雷(水上艦用)[T3]>533mm磁気魚雷(水上艦用)]]|魚雷の一回目の魚雷攻撃の弾種を強制的に「磁気魚雷」に書き換える。&br;磁気魚雷より威力の高い通常弾魚雷を一回目だけとはいえ磁気魚雷に出来るため、エリート艦隊との短期決着や演習での開幕などに活用できる。&br;雷装・装填補正も上昇するのでいいことづくめだが、入手がイベント限定だったため、持っているなら活用させてあげたい。|
|&attachref(設備リスト/自動装填機構T3.png,nolink,40x40);|[[自動装填機構[T3]>自動装填機構]]|火力を上昇させながら装填を大幅に上昇させる設備。火力の上昇は微々たるものだが、最大強化時には装填が平均的な駆逐艦を上回るようになり、魚雷の利便性が大いに向上する。&br;また、重巡としては低火力とはいえ、組むことが多い軽巡に比べると主砲の一撃は重いので、こちらの回転率を引き上げる意義も小さくはない。|
|&attachref(設備リスト/ビーバーズエムブレムT1.jpg,nolink,40x40);|[[ビーバーズエムブレム[T0]>ビーバーズエムブレム]]|艦隊全体の速力を上げ、回避上昇幅も最大の逸品。&br;主力に装備させても速力は上がるが、回避上昇量の高さが盾役重巡には極めてありがたいため、装備するなら優先的に持たせたい。|
#endregion
-編成
***編成 [#se98b6d8]
--前衛…重巡としては並の装填であり、魚雷型ということもあって主砲の回転率は低め。火力の低さも考えると単独で前衛を張るのは難しい。対空も単独ではさすがに心もとないので、基本的には軽巡を組み込んでこの辺をカバーすることになるだろう。
魚雷攻撃を考慮すると速力が欲しいので、重巡を追加するなら速力系の設備はしっかり強化をして臨みたい。
なお、魚雷のリロードゲージは一括で管理されている。装填順で消費されていくが、把握が煩わしいなら副砲持ちで固めたほうが無難。
もちろん、その辺に慣れているなら雷撃メインの編成でも面白い。手放しでオススメはできないが、シールド持ちや固い敵が多い海域で特に強みを発揮する。また、ロイヤル艦隊を組む場合は必然的にこちらの編成になる。
攻撃面でスキルによる支援を受ける場合、[[ライプツィヒ]]の戦術指揮の恩恵が非常に大きい。ロイヤルなら砲火力を補ってくれる[[リアンダー]]や[[ロンドン]]、また発動は安定しないが、装填指令を持つ[[アリシューザ]]とも相性が良い。
--主力…火力や装備の回転率を上げるため、[[フッド]]や[[ユニコーン]]などの手数を出せるキャラを組み込みたい。また、ロイヤル陣営なので[[クイーン・エリザベス]]のスキル効果が乗る。
史実よろしく、[[アーク・ロイヤル]]との組み合わせも相性がいい。航空攻撃で行き足を止めた所に、必殺の雷撃を叩き込め。

**キャラクター [#j2f3dc02]
-モデルはイギリス海軍にて活躍したカウンティ級重巡洋艦の第三サブグループ、ノーフォーク級の2番艦・ドーセットシャー(HMS Dorsetshire, 40)
ロンドン条約の結果、総勢13隻にのぼるカウンティ級の末妹となった。
--姉については、「ノーフォーク級と呼称されるのが姉さんと私です」という自己紹介から、ノーフォークで間違いはないだろう。
--起工・進水・就役すべてノーフォークの後だが、発注だけはドーセットシャーの方が先。そのため資料によってはドーセットシャー級とされることもある。
-同じく自己紹介で述べているが、かの有名なビスマルク追撃戦にて大役を果たした。スキル名とその効果はこれが由来か。
-妹の薄い本の作成に手を染めている[[ポートランド]]に匹敵する、姉への言及の多さは特筆ものであろう。
--あちらと違い内容は健全そのもの。また、姉よりも大人びている容姿に関連したセリフが見受けられる。
-現在のところ、&color(red){非常に残念なことに};ボイスは未実装。何故だ。速やかな実装が待たれる。
--2018/2/12のアップデートで念願のボイスが実装された。

*元ネタ [#o6161fc6]
-イギリス海軍が建造したノーフォーク級巡洋艦の2番艦。
ポーツマス工廠で1927年9月21日に起工、1929年1月29日に進水し、イギリスが建造した1万トン級8インチ砲巡洋艦の中では最後となる1930年9月30日に竣工した。
艦名はイングランド南部のドーセットシャー州に由来する。
-就役後まもなく大西洋艦隊に属する第2巡洋艦戦隊の旗艦となる。
1931年9月15日、世界恐慌に伴う予算削減により給与水準を大幅に下げられることとなった下級水兵によるストライキが[[フッド]]や[[ロドニー]]、[[ネルソン]]で発生。
これらの主力艦とともにインヴァーゴードン基地に在泊していた艦艇にもストライキは飛び火し、同日午後からドーセットシャーでも下級水兵がストに入った。
発生地の名前から、このストライキはインヴァーゴードン反乱と呼ばれる。
-1933年からはアフリカ駐留艦隊で旗艦を務め、1935年9月には中国駐留艦隊へ転属。10月19日に横浜、翌36年には江田島と日本への親善訪問を重ねた。
だが次第に日英関係が悪化し、1937年2月1日から4日にかけて重要拠点シンガポールが日本の攻撃を受けた想定で演習を行っている。

-1939年9月3日、第二次世界大戦が勃発。中国で開戦を迎えたドーセットシャーは西太平洋で哨戒を始めた。
付近に存在するとの情報があったイタリアの巡洋艦((この時点でイタリアはドイツと軍事同盟である鋼鉄協約を結んでおり、参戦必至と見られていた))への警戒や、ドイツの通商破壊艦ならびに商船への対処のためであったが、日本近海での活動ということもありドイツへの傾斜を深めていた日本の世論を刺激することもあった。((ドーセットシャー自身は無関係だが、浅間丸事件では国際法上は正当なイギリス軍艦の処置が大きな反発を招いた))
10月に入るとインド洋へ活動の場を移し、アドミラル・グラーフ・シュペーに代表される通商破壊艦の捜索に従事した。
-12月13日にはシュペーを主目標として南大西洋へ転出。[[エクセター]]と交代する予定だったが、拠点となるフォークランド諸島へ到着したのはシュペーの自沈後だった。
そのシュペーと交戦して大破したエクセターを[[シュロップシャー]]とともに護衛、[[レナウン]]を中核とする部隊に引き渡して南大西洋での哨戒に戻った。

-1940年2月13日、ブラジル近海で艦載機がドイツ貨物船ワカマを発見、自沈に追い込んだ。
3月には南アフリカのサイモンズタウンで整備を受けたが未完了のまま船団護衛につき、5月末に本国へ戻った際に完了となった。
-6月17日から独仏が休戦交渉に入ったことを受け、英仏両海軍を取り巻く状況も混沌としたものとなった。
大西洋で船団護衛に当たっていたドーセットシャーは、完成寸前でブレストから出発した戦艦リシュリューが入港したダカール軍港の監視任務を与えられた。
--7月3日のメルセルケビール海戦でイギリスとフランス新政府との関係は決定的に悪化した。ダカール沖のドーセットシャーもフランス潜水艦が攻撃を図ったが、回避に成功している。
[[ハーミーズ]]が合流したダカール沖の部隊にもリシュリューを無力化させるよう命令が下り、8日にハーミーズの航空隊がリシュリューを大破着底させた。
-その後再び大西洋での哨戒に戻り、整備をはさみながらインド洋にも進出して通商破壊艦や補給艦の捜索、船団護衛に従事した。
12月後半にはインド洋で活動を活発化させた装甲艦アドミラル・シェーアの捜索にも加わったが、結局捕捉することはできなかった。
また、この期間中の11月18日にはイタリア領ソマリランドのダンテ港に艦砲射撃を加えている。

-1941年5月26日、アフリカからイギリスへ向かう船団護衛の最中に戦艦ビスマルク追撃戦への参加命令を受け、荒天を冒して北へ急行する。
--翌朝[[ロドニー]]や[[ノーフォーク]]らとともにビスマルクに追いつき、激しい砲火でビスマルクを戦闘不能に追い込んだ。
燃料と弾薬を消耗していた戦艦は、これを受けて帰投に移った。ノーフォークは魚雷を撃ち尽くしていたため、ドーセットシャーがとどめの魚雷を撃ち込むこととなった。
--ドーセットシャーは魚雷3本を発射し2本が命中。同じころビスマルクでは自沈作業が進んでおり、急速に浸水が拡大した同艦はついに転覆・沈没した。
--駆逐艦マオリとともに生存者救助を行ったが、間もなくドイツ潜水艦らしきものを発見したため離脱。2隻合わせて110名を救助したにとどまった。
-帰国のついでにほぼ4年ぶりの本格整備を受け、8月下旬からは再び南大西洋で護衛・哨戒任務についた。
--8月末から9月にかけては[[アドミラル・ヒッパー]]の捜索に当たったが空振り、11月中旬からは仮装巡洋艦アトランティスならびに補給艦パイトンの捜索に加わった。
12月1日には2隻の潜水艦に補給中のパイトンを発見、自沈に追い込んだ。潜水艦の方は健在で反撃の可能性があったため、救助活動は行えずに引き返した。パイトンの生存者は件の潜水艦により救助されている。なお、アトランティスはこれに先立ち重巡デヴォンシャーに撃沈されている。

-インド洋へ向かう船団との合流を待っていた12月8日、日本が英領マレー半島に奇襲上陸し、極東方面にも戦線が構築された。
当該船団の護衛を完了させたドーセットシャーはそのまま東洋艦隊に編入され、主にシンガポールを出入りする船団の護衛を中心にインド洋で活動した。
--シンガポール陥落後はビルマ方面で活動し、1942年3月27日にセイロン島のコロンボで改修に入った。
31日には日本海軍の空母機動部隊が出現との報せを受け、迎撃のために東洋艦隊本隊と合流した。しかし会敵せず、コロンボに戻って改修工事を再開した。
--日本海軍の空母機動部隊が東洋艦隊への攻撃を図ったインド洋空襲(セイロン沖海戦)の際には、本隊との合流を目指してコロンボからモルディブへ急行中だった。
しかし整備を急遽切り上げての出航だったためドーセットシャーの機関は本来の速力を発揮できず、空襲圏外へ逃れ出ることはできなかった。
-4月5日、ドーセットシャーと重巡コーンウォールは重巡利根の艦載機に発見される。
日本艦隊は[[蒼龍]]・[[飛龍]]・[[赤城]]([[加賀(空母)]]は修理中で作戦に不参加、[[翔鶴]]・[[瑞鶴]]はコロンボ空襲に向かった攻撃隊が戻っていなかった)から50機以上の艦爆を発進させ、ドーセットシャーには飛龍艦爆隊が中心となって空襲をかけた。
--この時期は日本海軍航空隊の練度の絶頂期にあたり、13時40分ごろから始まった空襲の狙いは極めて正確だった。わずか4分間に10発もの直撃弾と数発の至近弾を浴びてはダメージコントロールはとても追いつかず、副砲弾薬庫で誘爆も発生し、およそ8分という短時間で艦尾から沈没していったのだった。
//---高角砲が射撃を行わないので艦橋から理由を問い合わせたところ、「砲員は自分以外全滅しました」という返答があったという回想も存在する。(原文の「the 4in AA guns」の指す内容がやや不明瞭なのでコメントアウト)
--コーンウォールも同様に短時間に被弾が集中し、さらに機関部への被弾で電源を喪失、排水や消火が不可能となり12分ほどで戦没した。
--日本側の記録では2隻の巡洋艦に対する艦爆隊の爆弾命中率は、実に88%にも達していたという。
--2隻合わせて1500名余りの乗員のうち、1100名余りが脱出に成功した。戦闘による損傷もあって救命筏は大きく不足し、大半は身一つで海面に浮かんでいる状態だった。
しかし艦長以下将校たちの指導力もあって規律と統制はよく保たれ、30時間余りのちに東洋艦隊の僚艦に救助されるまで落伍者を出さずに乗り切っている。
ドーセットシャーはこの戦闘で234名の戦死者を出した。
-一連の戦闘の結果東洋艦隊の根拠地はケニアまで後退。その後は主戦線である地中海や大西洋への転出が続き、44年春までは船団護衛が任務の中核となった。

*コメントフォーム [#s495ca91]
#region(クリックで過去ログ一覧を開く)
末尾の番号が若いほど、古いログになります。
#ls2(コメント/ドーセットシャー/)
#endregion

#pcomment(,reply,20)
&size(16){''こちらの板は[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]を適用しております。投稿する前に、[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]をご確認ください。''};
''&color(#0000ff){3回のルール違反でアクセス禁止処置、該当プロバイダーへ迷惑行為としてログを提出};''させていただきますので、ご了承下さい。

&size(16){''また、愚痴を含む投稿は[[愚痴掲示板]]で投稿するようお願いいたします。''};

TIME:"2021-02-23 (火) 22:58:55" REFERER:"https://azurlane.wikiru.jp/index.php"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS