[[設備リスト]] > ''一式徹甲弾''
----

#contents

*基本情報 [#info]
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~名前|>|~装備種|>|~特性|>|~所属陣営|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|一式徹甲弾|>|設備|>|なし|>|重桜|
|~T|~アイコン|~★|>|~火力|>|~命中|>|>|>|>|>|>|>|~スキル|~設計図|
|~|~|~|~初&br;期|~最&br;大|~初&br;期|~最&br;大|>|>|>|>|>|>|>|~|~|
|~T0|&ref(設備リスト/一式徹甲弾T0.png,nolink,40x40);|5|22|55|6|15|>|>|>|>|>|>|>|【一式徹甲弾】&br;主砲のクリティカルダメージが25%アップ|なし|
|>|~艦種|~駆&br;逐|~軽&br;巡|~重&br;巡|~超&br;巡|~巡&br;戦|~戦&br;艦|~軽&br;母|~空&br;母|~航&br;戦|~潜&br;母|~砲&br;艦|~潜&br;水|~工&br;作|~備考|
|>|~装備可否|×|×|×|×|○|○|×|×|○|×|×|×|×| |
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~入手方法|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[コアショップ]]でコアデータ800と交換|

**説明文 [#explain]
九一式徹甲弾の改良型。
九一式徹甲弾と比べて性能がある程度向上している。

*特徴・運用法 [#feature]
戦艦・巡戦向けの火力増強設備。[[SHS]]に比べて火力の伸びは低いが、代わりに戦艦の悩み所である命中ステータスを強化することができる。
クリティカル率を上昇させるSHSに対し、こちらはクリティカル発生時のダメージ倍率を強化する特殊効果がついている。
注意したいのは''この設備によって上昇するのは主砲により発生したクリティカルのダメージ倍率のみであり、弾幕スキルにより発生したクリティカルには効果が乗らない''点。
もちろん火力ステータスが上昇する分の恩恵は弾幕スキルでも受けることができるが、ウォースパイトや[[シャルンホルスト]]の弾幕スキルと特別相性が良いわけではない事は覚えておこう。

素のクリティカルダメージ倍率は150%であり、コレに+25%加算されて175%になる。
魚雷と同じく元々が余裕の4桁ダメージであるため、25%でもかなりダメージが増える。

-一式徹甲弾を2つ積んでも効果は重複しない。また[[九一式徹甲弾]]とも効果が重複せず、倍率の高いこちらのみ有効になる。

単純にSHSと組み合わせるだけでも強力であるが、主砲ダメージそのものや、クリティカル率を上昇させるスキルを持つキャラと相性が良い。
集中攻撃持ちや、[[ジャン・バール]]、[[ティルピッツ]]、[[デューク・オブ・ヨーク]]等。
確実にクリティカルさせられる[[ビスマルク]]とは特に相性がいい。
ただし後半海域では炎上ダメージが物凄く痛いため、どちらか片方のみにしておいた方が賢明。
敵の回避力も高いため、命中値が上がる分、こちらが若干有利か。
2022/07/01より姉妹品になる[[6CRH徹甲弾]]が追加される、違いは以下の通り。
6CRH徹甲弾との違い
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~画像|~+10火力|~+10命中|~スキル効果|~その他|
|&ref(img/6CRH.png,nolink,35x35);|45|20|クリティカルダメージ30%UP|砲艦も装備可能&br;1個制限&br;スキル効果はロイヤル艦のみ適応|
|&ref(設備リスト/一式徹甲弾T0.png,nolink,35x35);|55|15|クリティカルダメージ25%UP|-|
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~画像|~+10火力|~+10命中|~+13火力|~+13命中|~スキル効果|~その他|
|&ref(img/6CRH.png,nolink,35x35);|45|20|57|23|クリティカルダメージ30%UP|砲艦も装備可能&br;1個制限&br;スキル効果はロイヤル艦のみ適応|
|&ref(設備リスト/一式徹甲弾T0.png,nolink,35x35);|55|15|67|18|クリティカルダメージ25%UP|-|

*歴史 [#history]
-水中弾効果を重視していた九一式徹甲弾の風防取付法などを改良した日本海軍の巡洋艦・戦艦用徹甲弾が、この一式徹甲弾である。
--水中弾効果については[[九一式徹甲弾]]の史実欄を参照。
-特筆すべき点は、弾体と風防の間に着色剤を充填可能だったということだろう。これにより、砲撃訓練中に目標近くへ着水したとき発生する水柱に色が付いてどの艦が砲撃したものなのかが確認できるようになっている。
これは通常なら敵一隻に対して味方が複数で集中砲火をすると、敵艦周辺に出来る無数の着弾時の水柱のどれが自艦が撃ったものか判別不能なので弾着観測が不可能になるのだが、この着色により観測が可能となった。これは命中率の向上を意味した。

*コメントフォーム [#comment]
#pcomment(,reply,20)

TIME:"2022-07-03 (日) 16:50:53" REFERER:"https://azurlane.wikiru.jp/index.php?cmd=edit&page=%B0%EC%BC%B0%C5%B0%B9%C3%C3%C6"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS