#title(祥鳳の詳細・評価・オススメ装備)

[[艦種別リスト>キャラクター/艦種別]] > ''祥鳳''

----
#contents
*基本情報 [#o602c0d6]
|CENTER:450|CENTER:84|CENTER:90|CENTER:84|CENTER:90|c
|>|>|>|>|~プロフィール|
|&attachref(祥鳳全体.jpg,zoom,450x525);|~名前|>|>|&ruby(ショウホウ){祥鳳};&br;IJN Shōhō|
|~|~レアリティ|>|>|R→SR|
|~|~艦種|>|>|軽空母|
|~|~陣営|>|>|重桜|
|~|~建造時間|>|>|建造不可|
|~|~CV|>|>|杉岡洋美((実装当時は「河野ひろみ」名義))|
|~|~イラスト|>|>|兔爷|
|~|~耐久|C→C|~火力|E→E|
|~|~雷装|E→E|~回避|D→D|
|~|~対空|B→B|~航空|B→A|
|~|~航速|>|>|28|
|~|~SD|>|>|&attachref(祥鳳.gif);|
|>|>|>|>|~自己紹介|
|>|>|>|>|うちはいつかきっと美人になる祥鳳型空母の一番艦の祥鳳や〜&br;幸が薄いか…うち、運がちょっと悪いんやけど、仕方ないことやな|
|>|>|>|>|~入手方法|
|>|>|>|>|2-2、2-3、2-4&br;[[常設・紅染の来訪者>作戦履歴/紅染の来訪者]]:イベント海域B1、B2、B3、D1、D2、D3&br;[[大艦隊補給:R艦船>大艦隊#Shop]]|

|>|>|>|>|>|>|>|>|~ステータス(MIN/MAX)|
|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:95|CENTER:61|CENTER:95|CENTER:96|c
|~耐久|714|3692|~装甲|>|中装甲|~装填|65|154|
|~火力|0|0|~雷装|0|0|~回避|19|43|
|~対空|46|216|~航空|52|244|~消費|3|10|
|~対潜|20|73|>|>|>|>|>|~ |
|~運|>|24|>|>|>|>|>|~ |

|~装備枠|~初期装備|~補正(MIN/MAX/改造)|~最大数((各行動時に攻撃を行う砲座数や艦載機数))|
|CENTER:120|CENTER:369|CENTER:160|CENTER:160|c
|爆撃機|[[九九式艦爆]]T1|115%/130%/145%|3|
|攻撃機|[[九七式艦攻]]T1|115%/130%/135%|3|
|対空|-|80%/80%/80%|1|
|設備|-|-|-|
|設備|-|-|-|

|>|~スキル名|~効果|
|CENTER:60|CENTER:150|LEFT:610|c
|&ref(img/支援空母_icon.png,nolink,56x56,支援空母);|支援空母|自身の航空攻撃後、前衛艦隊の耐久を3.5%(8.0%)回復する|
|BGCOLOR(#e9eefd):&ref(img/制空支援_icon.png,nolink,56x56,制空支援);|BGCOLOR(#e9eefd):制空支援(改造)|BGCOLOR(#e9eefd):自身の航空攻撃後、8秒間自身以外の航空母艦の航空値が5.0%(15.0%)アップ|

//BGCOLOR(#e9eefd):

|>|~上限突破|
|CENTER:60|LEFT:771|c
|~初段|攻撃機機数+1/艦載機補正+3%|
|~二段|攻撃隊上限+1/爆撃機数+1/艦載機補正+5%|
|~三段|艦載機数+1/艦載機補正+7%|

|~航空攻撃|~特殊弾幕スキル|
|CENTER:415|CENTER:416|c
|&attachref(祥鳳弾幕.gif);|-|

//&attachref();
大陸版wikiのページ:https://wiki.biligame.com/blhx/%E7%A5%A5%E5%87%A4

**改造 [#wfbd0833]
|CENTER:100|CENTER:200|CENTER:250|CENTER:70|CENTER:100|CENTER:120|c
|~改造内容|~詳細|~必要な設計図その他|~費用|~必須レベル|~必須レアリティ|
|艦体改修I|耐久 +70|空母改造図T1×2|200|Lv1|★★|
|装填強化I|装填 +5|空母改造図T1×2|300|Lv5|★★|
|爆撃熟練I|爆撃機補正 +5%|空母改造図T1×3|400|Lv20|★★★|
|航空強化I|航空 +10|空母改造図T1×3|500|Lv25|★★★|
|魚雷改修I|攻撃機補正 +5%|空母改造図T1×3|600|Lv35|★★★★|
|対空強化I|対空 +15|空母改造図T1×4|800|Lv40|★★★★|
|艦体改修II|耐久 +70 / +100|空母改造図T2×1 / ×2|1000/1000|Lv50|★★★★|
|戦術啓発|習得:制空支援|空母改造図T2×3|1200|Lv55|★★★★|
|爆撃熟練II|爆撃機補正 +5% / 5%|空母改造図T2×1 / ×2|1400/1400|Lv70|★★★★★|
|航空強化II|航空 +10 / +15|空母改造図T2×2 / ×2|1600/1600|Lv75|★★★★★|
|近代化改修|対空 +20&br;航空 +25|空母改造図T3×1&br;同キャラまたはブリ ×1|2000|Lv85|★★★★★|
|総計|耐久 +240&br;航空 +60&br;対空 +35&br;装填+5&br;爆撃機補正 +15%&br;攻撃機補正 +5%&br;習得:制空支援|空母改造図T1  ×17&br;空母改造図T2 ×13&br;空母改造図T3 ×1&br;同キャラまたはブリ ×1|14000|Lv85|★★★★★|f

***改造後MAXステータス [#nea31982]
|CENTER:216|CENTER:216|CENTER:216|c
|>|>|~LV120好感度200|
|~耐久|~装甲|~装填|
|4765|中装甲|193|
|~火力|~雷装|~回避|
|0|0|74|
|~対空|~航空|~消費|
|297|355|10|
|~対潜|>|~ |
|89|>| |
|>|>|~LV125好感度200|
|~耐久|~装甲|~装填|
|4873|中装甲|195|
|~火力|~雷装|~回避|
|0|0|76|
|~対空|~航空|~消費|
|303|359|10|
|~対潜|>|~ |
|90|>| |

***改造後のキャラ絵 [#ede35511]
#region(改造後のキャラ絵を開く)
|&attachref(./祥鳳改造.jpg,);|

#endregion
***改造後ボイス [#o372ae90]
#region(クリックでセリフ一覧を開く)
|60||c
|~入手時|指揮官、これはうちが成長した姿なんや!えへへ〜ドキッとした?ねぇ、ねぇ?今ドキッとしたんやろー?|
|~詳細確認|うちをそんな目で見んなや……うちはまだまだ成長するんやで!……きっとそうやで……|
|~メイン1|指揮官、うちに実力を証明するチャンスをくれへん?|
|~メイン2|うちはもう大人なのに、なんでみんなうちのことを妹扱いしとんねん?|
|~メイン3|お、大人だって時には娯楽が必要なんやで!だから指揮官、一緒に〜〜あ〜そ〜び〜ま〜しょ!|
|~タッチ|指揮官もうちのシキガミが好き?触ってもええよー|
|~タッチ2|うちはタショーでも、成長しとるんやで!指揮官、ど、どおや!?|
|~損傷大|ね、姉ちゃん……|

#endregion
*[[着せ替え>着せ替え一覧]] [#d9b8d5ec]
#region(着せ替え画像を開く)
|>|~夜回りウィッチ|
|&attachref(./夜回りウィッチ.jpg,70%);|&attachref(夜回りウィッチ.gif);|
|>|ショップにてダイヤ600で購入可(期間限定:2017年11月3日 23:59まで、復刻:2018年10月30日 00:00〜11月14日 23:59)|

#endregion
**着せ替え後(夜回りウィッチ)ボイス [#wfd78bc8]
#region(クリックでセリフ一覧を開く)
|60||c
|~入手時|ああああ!お、お菓子がこぼれたんやーー!な、なんでうちを追っかけるんや!指揮官、かぼちゃたちを止めてくれー!|
|~メイン1|「とりーくおあとりーと」や!|
|~メイン2|ふっふんー、やっぱうちは美人になる素質あるんやで〜|
|~メイン3|かかかかぼちゃが暴走してるんや――あああ誰の仕業なんや!|
|~タッチ|指揮官、今日はハロウィン、ハロウィンやで!|
|~タッチ2|指揮官触らんといて!このかぼちゃ、触った人をずっと追っかけーーあああなんでうちが!|
|~戦闘開始|かぼちゃ艦隊、出撃や!|
#endregion

*ボイス [#q0d1e494]
#region(クリックでセリフ一覧を開く)
|60||c
|~入手時|指揮官、うちの名前は祥鳳!積載量も火力も正規の空母にはかなわんけど、うちにしかできんこともぎょうさんあるで。よろしゅう頼んますで…|
|~ログイン|一生を賭けても、うちが指揮官を守るんや!|
|~詳細確認|はぁ、うちは大きなったら美人さんになるゆうて、よう言われますんやで〜|
|~メイン1|なあ指揮官、今日も一日がんばりましょや。うち、あいつらを懲らしめる準備はできとるで〜|
|~メイン2|うち、いつも姉さんと加賀さんに世話してもろうてまして…ほんとは早く自立したいんやけどなぁ…|
|~メイン3|指揮官、今日はええお天気やのに、何しけた顔しとるんや!一緒にあ〜そ〜び〜ま〜しょ!|
|~タッチ|…うちはかまへんけど、他の人らにはあかんで!|
|~タッチ2|ん…こうゆうことは、やっぱり夜にしたほうがええんとちゃいますか…|
|~任務|新しい指示が来ましたで!|
|~任務完了|ボーナスを持ってきましたで〜|
|~メール|指揮官、メールは~頭の上にあるんやで〜|
|~母港帰還|休むんやな?うちが背中叩いたろうか?|
|~委託完了|委託完了や~姉さんたちが秘書を務めた時はいつも指揮官と一緒に行くから、うちも一緒に見に行きたいや〜|
|~強化成功|うちも大人にちょっと近づけたんやな〜|
|~戦闘開始|みんな行け〜、誰が主役か、見せたるんやで!|
|~勝利|うちには幸運の神さんがついてるんや!勝利は当然やがな|
|~失敗|う…うちが、あんなやつに負けるんなんて…|
|~スキル|はて、うちの時間やな|
|>|BGCOLOR(#FFFFFF):COLOR(GRAY):CENTER:~▼好感度系|
|~失望|指揮官もうちのことを子供扱いしおって……うち、悲しいわ…|
|~知り合い|うちの子はシキガミなんやから、収納がかんたんやけどメンテは大変やで。指揮官、ちょうどええから、うちのこと手伝ってくれへん?|
|~友好|珊瑚海に怨念などおらへんで。ほら、本じゃと自らの失敗を受け入れないとアカンっちゅうことや。そんでうちも別に大したこたぁないって思うやで――え?偉い?|
|~好き|指揮官、うちどないしたら早く大人に…──え?今のままでええの?せやけど、うちなんだか指揮官と姉妹たちに頼りすぎになっとる気がするんや……|
|~ラブ|うん、うちわかったんや。人に頼るのも、別に悪いことやない。うちはもう大人になることを急がへん。せやから、うち……指揮官のこともっと頼ってもええの?|
|~ケッコン|え……指揮官、人間違いやないか?まだ大人でないうちに……&br;そっか、うちも指揮官に認められたっちゅうことやな。&br;これからもうち頑張るから、指揮官、よろしくお願いしますで〜|

#endregion
*ゲームにおいて [#y943775b]
**性能 [#bf41d1f4]
***概要 [#v7b423ae]

序盤に手に入る軽空母。
序盤に手に入る軽空母。[[大艦隊補給>大艦隊]]でも登録直後から購入できる。[[新兵任務]]で必要になるので、入手しておいて損はない。
前衛回復スキルを持つ、このゲームでは希少なヒーラー。
攻撃的な艦載機編成により、アタッカー適正も持つ。
装備は「爆/攻/対空砲」と2種類の航空機で攻撃力を確保しつつ、戦闘機を載せられないため自動迎撃はできないものの一応の対空防御は可能。

改造後には味方空母へのバフスキルを獲得するので、指揮官次第で様々な使い方ができる器用な子である。

***スキル [#d8453413]

「支援空母」
自身の航空攻撃時に100%の確率で、前衛の耐久を最大8%回復する。
犠牲を伴わない他艦回復スキル持ちは他に[[ユニコーン]]と[[アリゾナ]]と[[ベルちゃん]]、または工作艦の[[ヴェスタル]]か[[明石]]しかおらず貴重な存在。
8%と聞くと少なく思えるかもしれないが、実際は戦闘中に2〜3回攻撃できるので、1戦毎に16%や24%(ボス戦等で長引く場合は、それ以上)回復できることになる。
通常海域の攻略やイベント周回燃費の低コスト化などに役立つ、替えのきかない優秀なスキル。

同じ回復スキルを持つ[[ユニコーン]]と比較されがちだが、運用方法が違う。

-ユニコーンとの差異
--装備がユニコーンは戦闘機だが、祥鳳は爆撃機であり、こちらのほうが攻撃能力が高く海域ではアタッカーの役目もこなしてくれる。
---レア度の違いによりユニコーンより燃費が1低いこともあり、より周回向き。
--反面戦闘機が無いぶん海域の制空値や防空はユニコーンに軍配が上がる。対空装備で補いたいが、序盤やレベル差のある海域ではこれで充分間に合う。
---6-4から9-4までは敵空母が消える。戦闘機を出す必要が無いので、爆撃機持ちの祥鳳のほうが火力面でサポートできる。
--回復スキルは(効果時間が瞬時のため)同じスキル持ち同士で効果がかぶって無駄になることが無い。
ユニコーンの装填指揮・前衛とは効果範囲が被らず、かつユニコーンの航空攻撃を強化できるため、同時編成は有力な選択肢。
---ただしその場合、ユニコーンより先に祥鳳が装填を済ませないと「制空支援」の恩恵を受けられないので、装備で攻撃順を調整しよう。
--改造スキル「制空支援」を習得することで、主力のバフ役になれる。
//--重桜のため、長門の「装填・命中・ダメージ20%アップ」が適応される。
//↑クイーン・エリザベスのバフと比較すると拮抗するためコメントアウト
***運用 [#mf057a92]

序盤は、自身の高い火力と敵の主力艦隊に対する攻撃の少なさから、何も考えなくても強さを発揮できる。
後半海域や演習、そしてイベントハードでは耐久の低さが目立つ。
防御用の設備を積んで守ってやるのはもちろん、主力への攻撃が激しい戦場では、主力防衛を担ってくれる仲間が必要となるだろう。
具体的には、ダメージ軽減スキル''随伴空母''を持つ前衛や[[雪風]]、防空に優れる軽巡などの援護があると良い。

制空支援という名のスキルを持ちながら、戦闘機による敵機の迎撃ができない。航空攻撃の激しい海域での起用は注意したい。

***改造 [#i21f4a0f]

弱点の耐久が申し訳程度に強化。
航空や装備補正の強化が大きく、アタッカーとしての能力が高まった。

改造スキル「制空支援」
自身の攻撃から8秒以内に発進した航空攻撃を強化する。
このスキルを利用するためには、主力3枠のうち2隻以上を空母とせねばならず、航空攻撃の時間調整(と、調整できるだけの手持ち航空機ラインナップ)も必要で、ハードルが高い。
有効活用できたときのメリットは大きいものの、無理に空母を増やしてボート迎撃がおろそかになったり、噛み合わない航空機を無理に載せて殲滅力が落ちたりしては本末転倒。
戦艦+明石など、理想的な編成を組むとどうしても死んだスキルになる。いっそ存在を忘れて考えたほうがいい。

&color(#c0c0c0){改造してもフラットなままだったね・・・};

***総評 [#jc3b9fc8]

貴重な回復スキルに高い攻撃力、改造も実装済みであり、R艦ながら第一線で戦える実力を持つ。
特にユニコーンやアリゾナとの同時編成は、敵の攻撃が激しく突破が難しい海域をこじ開ける最終手段となる可能性を秘めている。
耐久の低さだけはいかんともしがたいので、演習を始めとして主力への攻撃がガンガン飛んでくる場面では他の艦に席を譲らざるを得ないこともあるが
攻防ともに艦隊へ与えるメリットが大きいので、とりあえず隙間に混ぜる程度の感覚でも十分に活躍してくれるのが特徴だ。

**オススメ装備/編成 [#rdb1030b]

-攻撃機…『支援空母』を回してナンボのため、攻撃速度の速いものを選びたい。
--[[バラクーダ]]…★4〜5攻撃機
攻撃機の中では装填が一番速いのでオススメ。ユニコーンと同編成運用時は、ユニコーンより先に発進させるためにも、祥鳳に優先して装備をさせた方が良い。
--[[ソードフィッシュ(818中隊)]]…コアデータ交換報酬
スキル「制空支援」のために他の空母より先行攻撃を行う場合、この装備のユニーク効果の鈍足で後続の命中率向上が見込める。バラクーダに次ぐ装填の早さも魅力。
--[[ワイヴァーン]]…兵装開発で生産
初の虹背景雷撃機。攻撃能力は申し分なく、装填も速め、さらに自動迎撃が可能であり戦闘機搭載不可な祥鳳の弱点を補ってくれる。
--[[天山]]…★4攻撃機
重桜魚雷搭載でバランスの良い攻撃機。単艦・未改造など「制空支援」を利用しない前提ならこれがオススメ。性能を突き詰めると後述の流星T3の方が優秀だが、そちらは入手が容易ではないため天山のお世話になる場面が多いだろう。
--[[流星]]…★5攻撃機
重桜魚雷で天山よりも全体的に高性能で発進が僅かに速い。対単体ダメージを突き詰めたい場合に持っていればこれ。強いだけあって入手性に難あり。

-爆撃機…こちらも攻撃速度が速いものが推奨される。
--[[SB2Cヘルダイバー]]…★4爆撃機。
航空値+25が付いた強力な機体で、迷ったらこれを積めば間違いない。設計図は3-2で手に入り、ここは周回しやすく[[油圧カタパルト]]や貴重な[[駆逐榴弾砲>127mm単装砲A]]も狙える良い狩場である。
--[[フルマー]]…★4爆撃機
装填の速い爆撃機。とにかく回復スキルを速く回したいならこれ。しかし爆撃ダメージが極端に小さく、せっかく良好な爆撃機補正を台無しにしてしまうデメリットがある。
--[[彗星]]…★4〜5爆撃機
フルマーに次いで発進が速く、1000lb爆弾の追加で爆撃ダメージも高くは無いが実用レベルには改善されている。スキル回転と攻撃力の両立を狙える。

-設備
--[[油圧カタパルト]]…★4,5設備。航空の底上げに使われる。
--[[応急修理装置]]…★4設備。耐久が低くスキルは自身に効果がないので必須級。
--[[消火装置]]…★3設備。敵艦が主力に砲撃してくるステージでは、炎上させられると致命傷になる。こちらも難関海域では必須級。

-前衛編成
スキルの汎用性が高いため、どの艦と組ませても良い。自己回復スキルを持つ艦とは特に好相性。 
スキルLvを上げた[[フェニックス]]と組ませれば、異様に粘り強い前衛が完成する。
期間限定ながら高い瞬間火力と生存力を持つ[[ヴァンパイア]]も好相性。
姉妹揃っての運用で非常に高いポテンシャルを見せる[[ポートランド]]&[[インディアナポリス]]も相性は良い。 インディアナポリスはログインボーナスで確実に入手できるため、序盤から耐久に優れた艦隊を組むことができる。[[フォーチュン]] [[夕暮]]を使うと祥鳳の耐久にも役立つ。

-主力編成
--[[長門]] 四代目連合艦隊旗艦で装填とダメージが20%アップする。装填増で回復量が増す可能性もあって相性がいい。攻撃的ながら前衛回復も怠らない編成。
--[[ティルピッツ]] [[明石]] 後半海域で組みやすい2人に追加する形。ティルピッツの魚雷による自爆ボート対策、明石の高対空があって主力鉄壁の編成になる。
--[[翔鶴]]、[[瑞鶴]] 祥鳳改の制空支援スキルでダメージ率をあげたのち、五航戦を発艦させる。五航戦は戦闘機持ちのため、対空防衛にもバランスが良くなる。
-例外編成
--[[赤城]]、 [[加賀(空母)]] スキル「先手必勝」により先に攻撃されてスキルを乗せにくい。一航戦が強いので問題はないかもしれないがもったいない所。
--[[アーク・ロイヤル]]、 [[レンジャー]] 「制空支援」の効果は高い。ただし誰も戦闘機を持たないため制空権が不安になる。特に祥鳳は耐久が低いので空からでもやられやすい。ただし敵航空攻撃がゆるい一部のステージやボスに速攻を掛ける時など使いどころを心得れば強い。
--[[アリゾナ]]、[[ユニコーン]] 前衛の耐久がバリバリ回復するので、高難度海域を手軽に攻略できる。回避の上がる「複縦陣」と併用するとさらに生存性が高まる。


**キャラクター [#j2f3dc02]
-京都弁の様なものを喋るが、イントネーションも言い回しも関西では使用されないものである。関西弁ネイティブが聞くとモヤモヤするかもしれない。
--彼女は横須賀海軍工廠で竣工・進水したため、京都どころか関西とは縁も所縁もない。
-史実もあって「幸が薄い」ことを気にしているのは、名前(祥=幸運、鳳=吉兆の鳥)を考えると皮肉である。
-発艦スタイルは式神(シキガミ)。本人曰く「収納は簡単だが整備が大変」とのこと。
--なお、彼女の持っている半紙でできた人形は正式には「形代(かたしろ)」または「人形(ひとがた)」と呼ばれるものであり、神社でお祓いをする時に身代わりとして使われる人形である。
-2017年10月27日、[[ハッピーハロウィン>イベント05_ハッピーハロウィン]]にてハロウィン衣装が実装された。どうやらお菓子をこぼしてカボチャのオバケに追い回されているらしいが…
--全章通して出るストーリーの主役。祥鳳がハロウィンに参加しようとするのだが、祥鳳はハロウィンがなんなのか知らず…。
--衣装SDは凝っており、編成画面等のSDを見てみると、なんと頭の先端部分を中心に空飛ぶほうきで宙返り(!)している。
-ニコニコイベントの[[最近、綾波の様子が…>イベント10_最近、綾波の様子が…]]で実況兼ツッコミ役として参加。
--ハロウィンの時といい、明らかに他のキャラよりイベント露出が多い。関西弁はなにかと扱いやすいのだろうか。
-テレビCM「働き方改革」では、[[ジャベリン]]や[[ハムマン]]より低い身長である事が判明。KAN-SEN全体で見ても低身長のようだ。

*元ネタ [#o6161fc6]
大日本帝國海軍が建造した祥鳳型航空母艦1番艦。前身は潜水母艦剣埼であった。1934年12月3日起工、1935年6月1日進水。しかし友鶴事件及び
第四艦隊事件による設計の見直しや、他艦の改装優先により予定に遅延が発生。1939年1月15日にようやく竣工となった。起工から4年の月日が
流れていた。しかし第二次世界大戦の勃発で、仮想敵のアメリカが大規模な艦隊拡充を始めたため、対抗すべく剣埼は空母への改装が決定。
1940年11月15日より改装が始まり、大東亜戦争開戦後の1942年1月26日に完了。祥鳳という新しい艦名が与えられた。
 
瑞鳳よりも就役が遅かったため、しばらくは航空機の輸送任務に従事。1942年4月18日のドゥーリットル空襲では逃走する敵艦隊の追撃も行っている。
5月8日、陸軍のポートモレスビー作戦を支援するため珊瑚海海戦に参加。そこで敵の正規空母2隻から敵の十八番である数の暴力を受ける。
対空砲火と直掩機で6機を撃墜したものの、焼け石に水だった。過剰なまでの爆弾と魚雷を喰らい、船体がV字に張り裂けて沈没。大日本帝國海軍が
最初に喪失した空母となってしまった。ただ、敵に全力を出し切らせた事で護衛対象の輸送船団は無傷で済んだ。

#region(戦歴よくばりセット)
-大日本帝國海軍の航空母艦「祥鳳」。歴史的仮名遣いでは「しやうほう」。もともとは「剣崎型潜水母艦」のネームシップ「剣崎(つるぎざき)」として建造された。
--昭和9年度の第二次補充計画にもとづき、艦隊随伴用の高速給油艦を建造する事になった。有事の時は空母へ改装する事も視野に入れていた。ロンドン海軍軍縮条約で英米に対し、不利な条件を課せられた日本は空母の保有数においても劣勢だった。この劣勢を縮めるべく、準空母である給油艦を建造したのだった。幸いな事に給油艦は条約の適用外だったため堂々と造る事が出来た。剣埼の他に高崎(のちの瑞鳳)と大鯨(のちの[[龍鳳]])が建造され、空母化した時は3隻まとめて瑞鳳型と呼称された。ただ元となった艦がバラバラなので、性能や見た目に差異があった。差し詰め腹違いの兄弟といったところか。先発の大鯨型をベースに設計され、給油設備を追加。
 
-1934年12月3日、横須賀海軍工廠で起工。1935年6月1日に進水し、剣埼と命名される。その後の9月26日、第四艦隊事件が発生。大鯨もこの事件に巻き込まれ、防水扉破砕による浸水で電気系統を喪失する。調査の結果、10月7日に大鯨型の設計に問題が発覚したため急遽船体補強工事を実施。また追い討ちをかけるように発生した友鶴事件により大鯨型の能力不足が明白になったため、設計を大幅に変更。重油搭載スペースが圧迫され、給油艦としての活動が困難になったので潜水母艦に艦種を変更。度重なる艦種の変更や、国際情勢悪化による他艦の改装優先で工事が遅延し続ける。1935年9月5日、満州国から来訪した島省長一行が横須賀軍港を見学。第四船渠に入っていた剣埼も拝観されている。1936年2月12日、株式会社浅野造船所から交付された缶外掃除用蒸気噴射器を搭載。無償の官給品だったとか。3月2日には剣埼用の予備推進器の製造が始まった。9月24日、広島工廠で自在轆轤刃機械の製造が始まる。

-1938年9月15日、潜水母艦への改装を開始。同時に類別等級が削除された。五日後、初代艦長として橋本大佐が着任する。11月に館山沖で公試を行い、最高速力29ノットを記録した。1939年1月15日にようやく潜水母艦として竣工。短期間で空母に改装するべく、艤装工事の時には既に空母としての基盤が完成していた。大鯨ベースの機関を持っていたので出力が不安定で故障が多発。全力公試では28.7ノットを発揮したが、出力を5分の1に落として20ノットで運用している。時には17ノットにまで下げた事も。2月5日、第二艦隊第二潜水戦隊に編入され、旗艦となる。空母の艤装を持っていたのと、広い艦内スペースがあったため大変高性能だった。潜水戦隊は剣埼を歓迎し、その居住性の高さから「剣埼ホテル」と呼ばれた。潜水母艦とはざっくり言うと「潜水艦専用の補給艦」であり、潜水艦に食料や燃料の補給を行ったり、狭く居心地の悪い潜水艦のクルーがくつろげるよう休憩・レクリエーション等にも使用されていた。
-1939年9月3日、第二次世界大戦が勃発。これに伴って仮想敵国のアメリカが第二次ヴィンソン計画で空母の増強を図った。これに対抗するため剣埼型の改装が決まる。1940年11月15日、第四予備艦になり潜水母艦の任を解かれる。1941年1月1日、横須賀工廠に入渠。ただちに改装工事が始まった。まず上部構造物が取り除かれ、格納庫を備えた飛行甲板が設置された。11月30日、改装工事完了。12月4日、第五船渠を出渠。翌5日より横須賀を出港して東京湾で公試を行う。運命の開戦を迎えた後の12月9日、重油を搭載。10日には弾薬類を積載する。12月17日から再び東京湾で公試を行い、12月22日に軍艦祥鳳と命名。剣埼の乗員はそのまま祥鳳に転属となった。そして横須賀方面で訓練。
 
-1942年1月5日より横須賀で所属航空隊の訓練が始まる。1月8日から20日にかけて艦載機の機材整備が始まり、そして1942年1月26日に竣工を果たす。横須賀鎮守府第四航空戦隊へと編入された。諸元は排水量1万1200トン、出力5万2000馬力、全長205.5m、全幅18.14m、飛行甲板180m、乗員785名。祥鳳と書かれる場合も。2月3日、初任務としてトラック諸島へ航空機を輸送する。分解された6機の零戦を搭載し、駆逐艦帆風に護衛されて横須賀を出港した。2月4日15時、前路哨戒のため艦載機を発進させる。2時間半哨戒したものの敵影を見ず。2月5日にも艦載機を飛ばし、午前6時20分から午前8時20分まで哨戒。その後も要員を交代しながら、暗くなるまで約2時間の哨戒を行い続けた。ところが2月6日午前8時、着艦に失敗した二番機が舷外に墜落し、海没。白井一飛兵が死亡した。翌7日午前8時8分、一番機が潜航中の敵潜水艦らしきものを発見。3分後、爆弾を投下し艦尾付近に至近弾を与えるが効果不明。敵の位置を知らせる発煙弾を投下し、帆風が現場に急行、爆雷9個を投下するも効果不明。午前10時15分、母艦に着艦した。
-2月9日、トラックに到着。翌日、特設運送船東邦丸から重油910トンを補給。その頃、占領したばかりのラバウルでは、ニューギニアから飛来する連合軍機の爆撃に頭を悩ませていた。現地にあるのは君川丸が運んできた水上機だけ。とても太刀打ちができないので、一刻も早い戦闘機の進出を求めていた。その後、派遣が決定。千歳航空隊の九六式艦戦4機が送られる事になる。しかし九六式艦戦は航続距離が短いため、祥鳳が沖合いまで運んでいく事に。2月13日、トラックを出港。沖合いまで運び、そこからは航空機を発進させ飛行場に下ろした。2月17日、東邦丸から重油420トンを補給。2月20日、パラオに向かうため出港するもラバウル東方に敵機動部隊出現の報が入り、反転。翌21日、九六艦戦4機と九七式艦攻9機の発進準備を整える。一戦交えるかと思いきや、2月22日に作戦中止。当初の予定通りにパラオへ向かう。が、ウェーキ島付近に来襲した米機動部隊対応のため入港を取りやめ、反転。結局トラックに戻る事となり、2月24日に入港した。2月26日、特設運送船寶洋丸より重油1500トンを補給。
-4月6日、内地帰投のためトラックを出港。4月10日に横須賀へ入港し、翌11日より横須賀工廠に入渠。整備と同時に25mm連装機銃を同三連装機銃に換装し、対空能力を強化した。4月18日早朝、監視船第二三日東丸より敵艦発見の通報が届く。横須賀を出港し東京湾で艦載機の発着艦訓練をしていた祥鳳だったが、午後0時58分に空襲警報が発令。訓練を取りやめ、横須賀に帰投。出動準備を行っていたその時、ドゥーリットル空襲に遭遇する。祥鳳がいる横須賀も空襲された。これに対し、13時50分に高角砲2発を発射している。直後に射撃中止。空襲後の15時、敵空母の追撃部隊に編入された。19時に港外へ投錨。準備に取り掛かる。翌19日午前4時15分、横須賀を出撃。午前8時15分に野島崎沖で九六式艦戦4機を発進させ、索敵に従事。祥鳳の航空機が先行している巡洋艦部隊の頭上を飛び去っていった。速力を20ノットに上げるも、遁走する敵艦隊を発見できず。4月20日21時30分に追撃中止の命が下り、航空機を野島崎沖合いで収容。駆逐艦[[野分]]と嵐に付き添われて横須賀に帰投した。
-4月24日、分解した零戦を積載して横須賀を出港。駆逐艦漣が伴走し、4月29日にトラックへ到着。翌30日、ツラギとポートモレスビーの攻略を企図したMO作戦が発令され、まずツラギの攻略に向かった。5月2日、ツラギ島への上陸支援を実施する。艦戦3機が上空を旋回したが、ツラギに敵戦力は存在しなかったたため無血占領。同日、敵飛行艇迎撃のため発進した艦戦1機が、発動機不調によりブーゲンビル水道に墜落している。二日後、敵の偵察機2機が飛来し、祥鳳は艦載機で迎撃したが逃げられている。
-5月4日、ソロモン海に進出。ポートモレスビーに上陸させる部隊を乗せた陸軍輸送船12隻を護衛する。5月5日午後、艦攻と艦戦が対潜対空警戒を実施。船団にエアカバーを提供。また運送船石廊より燃料補給を受ける。5月6日午前8時30分、4機のB-17から爆撃を受けるが損害なし。5月7日午前7時、敵機動部隊出現の報が飛び込み、輸送船団は反転。祥鳳や第六戦隊は南下を続けた。小型空母だけでは船団を守りきれないと考えた祥鳳は、第五航空戦隊に「零戦を3機、搭乗員ごと借りたい」と要請しているが、却下されている。
 
-1942年5月7日早朝、ショートランドで補給を済ませた第六戦隊が合流。[[青葉]]、[[衣笠]]、[[古鷹]]、[[加古]]、駆逐艦漣が祥鳳を護衛する。祥鳳のグループは船団護衛が主任務であり、敵空母との交戦は[[翔鶴]]と[[瑞鶴]]からなる別働隊の第五航空戦隊が担当していた。旧式の九六式艦戦が上空を旋回し、直掩を行っている。艦内には海軍報道班員のカメラマン・吉岡専造が便乗。伊沢艦長から「今日は良い写真が撮れる」と言われたらしい。しかし午前6時15分、敵空母レキシントンの艦載機に発見された事で覚めない悪夢が始まった。午前6時30分、日本側の水上偵察機によりレキシントンの所在が祥鳳に知らされた。ちょうど哨戒機の収容と給油が重なったため、迅速な発進が出来ず、雷撃隊の準備も平行して行われたが不成功。午前8時30分に九六式艦戦3機を発進させただけに留まった。そして、敵空母から無数の敵機が殺到してくるのだった…。
-午前8時50分、見張り員が接近する敵機を発見。午前9時7分より猛攻撃が始まった。連戦連敗の敵軍は何としても勝利が欲しかったようで、今後の攻撃が全て出来なくなるほど祥鳳を徹底的に殴り倒した。28機の急降下爆撃機が襲い、爆弾の雨が祥鳳に降り注ぐが、巧みな操艦により全弾回避。飛行甲板には零戦3機が出撃準備を完了していたが、回避運動のため発進できず。直掩のため既に展開していた九六式艦戦3機が迎撃し、ドーントレス急降下爆撃機1機を撃墜。3機の投弾を未然に防いだ。また、祥鳳の対空砲火が1機のドーントレスを叩き落としている。伊沢艦長の決断で午前9時17分、攻撃の間隙を突いて零戦3機を発進させ、直援機を6機に増やした。護衛の第六戦隊も対空砲火を上げ始める。祥鳳航空隊が敵機を3機撃墜し、また母艦の対空砲火でドーントレス1機を更に撃ち落としているが、敵機が船体に突入して損傷を受ける。

-小型空母ながら奮戦したが、多勢に無勢。たった6機の直掩機では、急降下爆撃機53機、雷撃機22機、戦闘機18機を食い止める事が出来ず、滅多打ちにされる。あまりの敵機の多さに、零戦はすぐに機銃を撃ち尽くしてしまった。投下された1000ポンド爆弾が後部エレベーター付近に直撃し、2発目も付近に着弾。続いて両舷から雷撃され、3本の魚雷が食い込む。23分の間に魚雷7本、爆弾20発という過剰なまでの猛攻を受け大破炎上。操舵不能となった。艦内では負傷者が続出。次第に傾斜が酷くなり、回復の見込みが無くなると飛行長から総員退艦が具申される。午前9時31分、艦長の伊沢大佐は総員退艦命令を下す。乗員に脱出を促した後、伊沢艦長は責任を取って艦内に残留した。ところが沈没の衝撃で艦橋の窓ガラスが割れ、そこから外に放り出された。4分後、祥鳳は艦首から沈んでいった。船体がくの字に折れて沈むという壮絶な最期であった。沈む寸前にあっても乗員は持ち場を離れなかったようで、突き出た艦尾の推進器は回転し続けていたという。日本側に位置を知られたくない敵艦隊は第一次攻撃で打ち切った。祥鳳は、日本側の記録では9機、敵側の記録では6機撃墜という戦果を得た。
-生存者約200名は、沈没する艦から海に飛び込んだ。青葉が救助活動を行うべく内火艇を下ろそうとしたが直前に中止。敵空母2隻が近海に存在しており、退避命令が出されたのだ。青葉から「ゆっくりやっておれ。後で迎えに来る」の信号が送られ、空樽、木片、救助袋など浮き輪代わりになりそうな物が投げ込まれた。伊沢艦長ら203名の生存者は、約9時間後に駆けつけた駆逐艦漣に救助された。母艦が沈没したため、生き残った零戦はデボイネ基地に向かった。3機が不時着に成功したが、残りの3機は行方不明となった。米空母に全力を出し切らせた結果、輸送船12隻は全くの無傷で済んだ。祥鳳はその身を犠牲に、船団を守り通したのだった。
 
-余談だが、敵軍は祥鳳の事を正規空母龍鶴と誤認していたようである。珊瑚海海戦の前に傍受した第四艦隊の通信を解析した結果、未確認の空母を確認。翔鶴、瑞鶴ときたから龍鶴だろうと敵軍側で勝手に命名した模様。レキシントンの戦闘記録にも龍鶴の名が記載されているが、語尾に?が付けられていた。1943年になってようやく修正されたとか。こうして日本海軍が初めて喪失した空母となった。1942年5月20日、除籍。喪失が早すぎたため、瑞鳳や[[龍鳳]]と肩を並べて戦う事は一度も無かった。
#endregion

*コメントフォーム [#s495ca91]
#region(クリックで過去ログ一覧を開く)

末尾の番号が若いほど、古いログになります。

#ls2(コメント/祥鳳/)
#endregion
#pcomment(,reply,20)

&size(16){''こちらの板は[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]を適用しております。投稿する前に、[[雑談板のルール>雑談掲示板#va9156c3]]をご確認ください。''};
''&color(#0000ff){3回のルール違反でアクセス禁止処置、該当プロバイダーへ迷惑行為としてログを提出};''させていただきますので、ご了承下さい。

&size(16){''また、愚痴を含む投稿は[[愚痴掲示板]]で投稿するようお願いいたします。''};

TIME:"2022-05-07 (土) 23:02:56" REFERER:"https://azurlane.wikiru.jp/index.php"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS