[[対空砲リスト]] > ''連装ボフォース40mm機関砲STAAG''

----
#contents
*基本情報 [#info]
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|~名前|~装備種|~特性|>|~所属陣営|~照準&br;範囲|~照準&br;角度|
|>|>|>|連装ボフォース&br;40mm機関砲STAAG|対空砲|対空|>|ロイヤル|30|360|
|~T|~アイコン|~★|>|~ダメージ|>|~基本速度|~対空|~命中|~設計図|
|~|~|~|~初期|~最大|~初期|~最大|~|~|~|
|~T0|&ref(対空砲リスト/連装ボフォース40mm機関砲STAAGT0.png,nolink,40x40);|5|38|96|1.00s/回|0.80s/回|45|10|[[科学研究室]](1,4期)|
|~T0|&ref(対空砲リスト/連装ボフォース40mm機関砲STAAGT0.png,nolink,40x40);|5|38|96|1.00s/回|0.80s/回|45|10|[[科学研究室]](1,4,5期)|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~入手方法|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[科学研究室]](1期/4期)(T0設計図)、[[兵装開発]]|

*兵装開発 [#z1705d47]

#region(兵装開発)

|CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):|c
|BGCOLOR(#87cefa):[[12.7mm対空機銃]]|→|→|→|BGCOLOR(#cc99ff):(開)[[20mmエリコン高角砲MkII]]|||||
|~|||||||||
|~|→|BGCOLOR(#87cefa):[[QF 2ポンド二連装ポンポン砲]]|→|BGCOLOR(#cc99ff):(開)[[40mmボフォース連装対空機銃MarkI]]|→|BGCOLOR(#ffff99):[[連装ボフォース40mm機関砲「Hazemeyer」]]|→|BGCOLOR(#ffff99):[[連装ボフォース40mm機関砲STAAG]]|
|||~|||||||
|||~|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[102mm高角砲]]|→|→|→|BGCOLOR(#ffff99):[[113mm連装高角砲]]|
|||~||~|||||
|||~||~|→|BGCOLOR(#cc99ff):(開)[[120mm対空砲MarkVIII]]|→|BGCOLOR(#ffff99):[[134mm連装高角砲(対空砲)]]|
|||~|||||||
|||~|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[QF 2ポンド四連装ポンポン砲]]|→|→|→|BGCOLOR(#ffff99):[[QF 2ポンド八連装ポンポン砲]]|

~

|>|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:開発元装備|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:この装備|
|&attachref(対空砲リスト/連装ボフォース40mm機関砲「Hazemeyer」T0.png,40x40);|>|CENTER:[[連装ボフォース40mm機関砲「Hazemeyer」]]|&attachref(対空砲リスト/連装ボフォース40mm機関砲STAAGT0.png,40x40);|CENTER:[[連装ボフォース40mm機関砲STAAG]]|
|&attachref(対空砲リスト/連装ボフォース40mm機関砲「Hazemeyer」T0.png,40x40);|[[連装ボフォース40mm機関砲「Hazemeyer」]]|1|~|~|
|&ref(兵装開発/軍需用電子部品.png,nolink,40x40);|軍需用電子部品|21|~|~|
|&ref(兵装開発/超電導金属材.png,nolink,40x40);|超電導金属材|18|~|~|
|&ref(兵装開発/開発用対空砲設計図SSR.png,nolink,40x40);|開発用対空砲設計図SSR|3|~|~|


#endregion


*特徴・運用法 [#feature]

威力はいささか低めだが、発射速度が速く、DPSは[[四連装ボフォース40mm機関砲]]T3や[[QF 2ポンド八連装ポンポン砲]]T3を上回る。
対空砲では最大の命中補正があり、+10とわずかではあるが、命中率にプラス効果を得られる。
戦艦・巡戦キャラは、高くても重巡の半分程度の命中しかなく、恩恵は大きい。
[[Z旗]]も[[SGレーダー]]も[[ジャイロスコープ]]も持てない軽空母の命中を補正できる数少ない装備でもある。
性能は文句なしの一線級であるが、科学研究におけるランダム報酬限定の設計図が25枚必要と、時間および運にとても左右される。
後に実装された[[連装ボフォース40mm機関砲「Hazemeyer」]]はこの装備の下位互換に当たる。
2021/12/9に兵装開発で開発可能となるが航空機にも使う電子部品を要求される為、大量生産は難しい

*歴史 [#history]

大戦末期に開発された[[二連装ボフォース40mm機関砲]]最終形態。
STAAGとは、Stabilized Tachymetric Anti-Aircraft Gun(安定器つき測距式対空砲)の略。
船体が波で揺れていても、砲架に設置されたスタビライザー機構により、水平を保ったまま射撃が可能であった。

-バランスボードに乗ってキャッチボールでもすれば、この恩恵のスゴさがすぐわかると思われる。

さらに砲上部へ装備された282型レーダー装置により、ロックオンおよび自動追尾機構まで備えた英国技術の集大成。
まるごと一式含めて17.5tという超重量級の対空砲であったが、主にバトル級駆逐艦へと搭載され、1960年台半ばまで運用されることとなる。
この後、レーダー技術やロックオン&追尾機構は、対空ミサイルや対潜ミサイルといった誘導兵器へと継承されてゆく。

*コメントフォーム [#comment]
#pcomment(,reply,20)

TIME:"2022-11-29 (火) 12:23:04" REFERER:"https://azurlane.wikiru.jp/index.php?cmd=edit&page=%CF%A2%C1%F5%A5%DC%A5%D5%A5%A9%A1%BC%A5%B940mm%B5%A1%B4%D8%CB%A4STAAG"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS