[[艦砲リスト]] > [[駆逐艦主砲>艦砲リスト/駆逐艦主砲]] > ''127mm単装砲A''

----
#contents
*基本情報 [#info]
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|~名前|>|>|~装備種|~特性|>|~所属陣営|~照準&br;角度|~拡散&br;角度|~砲補正|
|>|>|>|>|>|>|>|127mm単装砲A|>|>|駆逐艦主砲|追尾|>|ユニオン|360|25|1.25|
|~T|~アイコン|~★|>|~ダメージ|>|~基本速度|~火力|>|~弾薬|~弾薬&br;速度|>|>|~対甲倍率|~照準&br;範囲|~弾薬&br;射程|~設計図|
|~|~|~|~初期|~最大|~初期|~最大|~|~|~|~|~軽|~中|~重|~|~|~|
|~T1|&ref(艦砲リスト/127mm単装砲T1A.png,nolink,40x40);|2|4x3|6x3|1.60s/回|1.48s/回|5|>|通常弾|18|100|50|20|60|40-60|なし|
|~T2|&ref(艦砲リスト/127mm単装砲T2A.png,nolink,40x40);|3|4x3|10x3|1.53s/回|1.29s/回|12|>|通常弾|18|100|50|20|60|40-60|なし|
|~T3|&ref(艦砲リスト/127mm単装砲T3A.png,nolink,40x40);|4|4x3|15x3|1.46s/回|1.06s/回|25|>|&color(#ff701d){榴弾};|15|120|60|60|60|40-60|3-2、10-1、11-1|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~射撃イメージ|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|&ref(127mm単装砲a.gif,nolink);|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~入手方法|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|(入手方法)|

*兵装開発 [#e727b28b]
#region(兵装開発)
|SIZE(11):CENTER:||SIZE(11):CENTER:||SIZE(11):CENTER:||SIZE(11):CENTER:||SIZE(11):CENTER:|c
|BGCOLOR(#87cefa):[[76mm砲]]|→|BGCOLOR(#87cefa):(開)[[127mm単装砲初期型]]|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[127mm単装砲A]]|→|BGCOLOR(#cc99ff):(開)[[127mm連装副砲]]|→|BGCOLOR(#ffff99):[[127mm連装両用砲MK12]]|

|>|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:開発元|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:この装備|>|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:開発先|
| |>|CENTER:[[127mm単装砲初期型]]|&attachref(艦砲リスト/127mm単装砲T3A.png,40x40);|[[127mm単装砲A]]| |>|CENTER:[[127mm連装副砲]]|
| |[[127mm単装砲初期型]]|1|~|~|&attachref(艦砲リスト/127mm単装砲T3A.png,40x40);|[[127mm単装砲A]]|1|
| |上級精錬金属材|18|~|~| |上級精錬金属材|24|
| |ブランシュ爆薬|15|~|~| |ブランシュ爆薬|18|
| |汎用合成弾性素材|15|~|~| |汎用合成弾性素材|18|

#endregion
*特徴・運用法 [#feature]
単発の弾を三連射する榴弾砲。
威力、発射速度、射程全てにおいて優秀なカタログスペックを持ち、特に発射速度は駆逐榴弾砲の中で最も速い。
が、実際に使用してみると三連射の発射間隔が長く、集弾性も悪い上、射程が長いことが仇となってしまい、前衛艦隊の中・遠距離戦闘や戦艦の副砲としての自爆ボート迎撃などでは少々信頼性に欠ける。
また、元ネタが後述の通り対空兼用の両用砲なのだがこのゲームでは対空値0。優秀な駆逐砲の[[&color(#ff9900){100mm二連装九八式高角砲};>100mm二連装九八式高角砲]]や[[&color(#ff9900){127mm連装両用砲MK12};>127mm連装両用砲MK12]]にはこの点で劣る。
一方で、駆逐艦主砲の中では3-2と早期の入手が可能であり、同じ箇所で設計図が手に入る[[&color(#cc00ff){SB2Cヘルダイバー};>SB2Cヘルダイバー]]と並んで長い間使える。
繋ぎとしては優秀で、対空補正を必要としないシチュエーションなら、攻速と火力を兼ね備えた榴弾であるこの砲が輝くだろう。
また、発射速度の速さから発射系スキルを持つ艦との相性も悪くない。史実で装備していた[[チャールズ・オースバーン]]や[[ラフィー]]に装備させるのも一つの手だろう。

総評して、最終採用には物足りないスペックではあるものの、入手性の良さなどから序盤の繋ぎや予備の装備としては申し分ない。
なお、最終装備で決めかねない場合には[[おすすめ装備一覧]]で確認すると良いだろう。

-射程60となっているが実際には他の127mm口径の駆逐砲と射程は変わらない。

*歴史 [#history]
-モデルはアメリカ海軍のMk 12 5インチ単装両用砲。これの連装砲バージョンが[[127mm連装副砲]]と[[127mm連装両用砲MK12]]である。
もともとアメリカ海軍ではMk 7 5インチ砲を軽巡洋艦の主砲や戦艦の副砲として、Mk 10 5インチ砲を対空砲として装備していた。
-モデルはアメリカ海軍のMk.12 5インチ単装両用砲。これの連装砲バージョンが[[127mm連装副砲]]と[[127mm連装両用砲MK12]]である。
もともとアメリカ海軍ではMk.7 5インチ砲(5"/51 caliber gun)を軽巡洋艦の主砲や戦艦の副砲として、Mk.10 5インチ砲(5"/25 caliber gun)を対空砲として装備していた。
特に対空砲の陳腐化からその2つを統合してしまおうと作られたのがこの砲である。
このゲームでは[[マハ>カッシン]][[ン級>ダウンズ]]から[[フレッチャー]]級まで幅広いアメリカ駆逐艦の初期装備となっている。
-砲自体の性能は砲弾重量約25kg、初速762m/s、最大射程約16km、最大射高約11kmである。
-砲そのものは同じなのだが、作られた時期によって砲塔のバージョンが微妙に異なり、重量、旋回速度、発射速度などの性能に差異がある。
フレッチャー級に搭載されたMk30ではおよそ18トン、発射速度毎分12〜15発、俯仰速度: 18度/s,旋回速度: 34度/秒である。
フレッチャー級に搭載されたMk.30ではおよそ18トン、発射速度毎分12〜15発、俯仰速度: 18度/s,旋回速度: 34度/秒である。
砲塔は十数種類に及びそれを再現すると、装備の数が大変なことになってしまうので単装砲は単装砲で統一してしまったのだろう。
%%B型改二?C型?D型改二? 知らんなあ%%
連装砲は極一部、対空用途に使用不可能な砲塔が存在したのもあって、統一されなかったものと見られる。
%%&color(Silver){B型改二?C型?D型改二? 知らんなあ};%%
-多くの場合、この砲はMk.37 砲射撃指揮装置とセットで運用されている。水平速度740km/hの航空機まで対応可能であった。

*コメントフォーム [#comment]
#pcomment(,reply,20)

TIME:"2022-08-16 (火) 18:19:07" REFERER:"https://azurlane.wikiru.jp/index.php"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS