[[対空砲リスト]] > ''76mm高角砲''
[[対空砲リスト]] > ''76mm高角砲''
----

#contents

*基本情報 [#info]
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|>|>|>|~名前|~装備種|~特性|>|~所属陣営|~照準&br;範囲|~照準&br;角度|
|>|>|>|76mm高角砲|対空砲|対空|>|ユニオン/重桜|30|360|
|~T|~アイコン|~★|>|~ダメージ|>|~基本速度|~対空|>|~設計図|
|~|~|~|~初期|~最大|~初期|~最大|~|~|~|
|~T1|&ref(対空砲リスト/76mm高角砲T1.png,nolink,40x40);|2|16|24|1.22s/回|1.16s/回|5|>|なし|
|~T2|&ref(対空砲リスト/76mm高角砲T2.png,nolink,40x40);|3|18|36|1.16s/回|1.02s/回|12|>|なし|
|~T3|&ref(対空砲リスト/76mm高角砲T3.png,nolink,40x40);|4|22|54|1.11s/回|0.88s/回|25|>|3-4&br;8-3|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~入手方法|
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[装備箱>アイテム一覧#y8a7054e]]、通常海域での設計図ドロップなど|

*兵装開発 [#h2f51d4d]

#region(兵装開発)

-ユニオンツリー

|CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):|c
|BGCOLOR(#87cefa):[[12.7mm対空機銃]]|→|BGCOLOR(#87cefa):[[20mmエリコン機関砲]]|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[20mm二連装エリコン機関砲]]|→|BGCOLOR(#cc99ff):(開)[[20mm四連装エリコン機関砲Mk15]]|→|BGCOLOR(#ffff99):[[四連装ボフォース40mm機関砲]]|||
|~||||~||||~|||
|~||||~|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[四連装28mm対空機銃「シカゴピアノ」]]|→|~|||
|~||||~||||~|||
|~||||~|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[二連装ボフォース40mm機関砲]]|→|~|||
|~|||||||||||
|~|→|→|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[76mm高角砲]]|→|BGCOLOR(#cc99ff):(開)[[76mm高角砲改修型]]|→|→|→|BGCOLOR(#ffff99):(開)[[76mm連装RF砲Mk27]]|

-重桜ツリー

|CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):||CENTER:SIZE(11):|c
|BGCOLOR(#87cefa):[[25mm対空機銃]]|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[25mm連装対空機銃]]|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[25mm三連装対空機銃]]|→|BGCOLOR(#ffff99):(開)[[25mm九六式三連装機銃(爆風避盾装備)]]|
|~|||||||
|~|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[毘式40mm連装機銃]]|||||
|~|||||||
|~|→|BGCOLOR(#cc99ff):(開)[[76mm高角砲]]|→|BGCOLOR(#cc99ff):(開)[[80mm高射砲]]|||
|||~|||||
|||~|→|BGCOLOR(#cc99ff):[[127mm連装高角砲]]|→|BGCOLOR(#ffff99):(開)[[127mm連装高角砲改]]|

~

|>|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:開発元装備1|>|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:開発元装備2|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:この装備|>|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:開発先装備1|>|>|BGCOLOR(#cccccc):CENTER:開発先装備2|
|&ref(対空砲リスト/12.7mm対空機銃T3.png,nolink,40x40);|>|CENTER:[[12.7mm対空機銃]]|&ref(対空砲リスト/25mm対空機銃T3.png,nolink,40x40);|>|CENTER:[[25mm対空機銃]]|&ref(対空砲リスト/76mm高角砲T3.png,nolink,40x40);|[[76mm高角砲]]||>|CENTER:[[76mm高角砲改修型]]||>|CENTER:[[80mm高射砲]]|
|&ref(対空砲リスト/12.7mm対空機銃T3.png,nolink,40x40);|[[12.7mm対空機銃]]|1|&ref(対空砲リスト/25mm対空機銃T3.png,nolink,40x40);|[[25mm対空機銃]]|1|~|~|&ref(対空砲リスト/76mm高角砲T3.png,nolink,40x40);|[[76mm高角砲]]|1||[[76mm高角砲]]|1|
||上級精錬金属材|12||上級精錬金属材|18|~|~||上級精錬金属材|18||上級精錬金属材|18|
||工業用電子部品|18||工業用電子部品|24|~|~||工業用電子部品|24||工業用電子部品|24|
||電導金属材|9||電導金属材|9|~|~||電導金属材|9||電導金属材|9|

#endregion

*特徴・運用法 [#feature]

-ユニオン製
&color(Silver){悪名高き};3-4で設計図を集められる対空砲。長射程で射速が早いので、代用補助向け。
数を揃えやすいため繋ぎとしてはそれなりだが、長射程対空砲の中では発射速度が速めな代わりに威力が低く少々不満が残る。
&color(Silver){悪名高き};3-4で設計図を集められる対空砲。
長射程で射速が早いので、どちらかと言うと対空が苦手な艦船向け。
数を揃えやすいため繋ぎとしてはそれなりだが、長射程対空砲の中では威力が低く少々不満が残る。
のちの海域で集められる[[127mm連装高角砲]]などに乗換えを考えたい。

-重桜製
[[金剛]]、[[比叡]]、[[榛名]]、[[霧島]]が初期装備してくる物は、性能は同じだが独自のグラフィックとなっている。
兵装開発の実装に伴いT3も実装された。
&attachref(対空砲リスト/76mm高角砲T1B.png,nolink,40x40);
&ref(対空砲リスト/76mm高角砲T1B.png,nolink,40x40,76mm高角砲T1B);


*歴史 [#history]

ヴィスカー装備箱から出ること、金剛型やオマハ級で初期装備となっていることから、モデルは次の3つの砲だと考えられる。
-一つ目はイギリスのQF12ポンド12cwt砲。大元の開発は1894年にまでさかのぼる。当然高射砲ではなく、駆逐艦の主砲として開発された。
-一つ目はイギリスのQF12ポンド12cwt高射砲。大元の開発は1894年にまでさかのぼる。
--当時の大砲の主流はいまだ前装式(前から砲弾を装填)だったが、砲の大型化や小型艦船の速力増大に対応しきれなくなっていた。
そこで開発されたのがQF12ポンド12cwt砲で、比較的小型かつ新たに後装式を採用することで旋回速度と発射速度を大幅に向上できた。
--新たに出現したこのカテゴリの大砲は速射砲と呼ばれることになる。
---当然だが「当時にしては」速射砲であり、技術革新のたびに新世代の「速射砲」が次々と現れることになる。
---主に魚雷艇対策の大砲であり、当時500mほどしかなかった魚雷の射程に近づこうとする快速の敵魚雷艇を迎撃するために使う。
---「魚雷艇を駆逐する艦船=駆逐艦」の主砲や、大型艦の副砲として採用された。
//当然高射砲ではなく、駆逐艦の主砲として開発された。
--イギリスが日本に輸出した艦艇にも装備されており、[[三笠]]も副砲として初期型のMk.1を装備していた。
--第一次世界大戦で航空機や飛行船による空襲が発明されると、当然ながら地上から迎撃する兵器が要求される。
そこで手頃だったこの平射砲を、大仰角を取れるように改造したのが「QF 12ポンド 12cwt高射砲」こと本装備。
--第二次大戦期には最終改良型であるMk.5が生産されており、両用砲として小艦艇や補助艦艇に装備されていた。
ゲームに登場する艦艇では、[[フォーチュン]]が大戦中のイギリス時代に一部の魚雷発射管を撤去し、この砲を装備している。
-二つ目は日本の短8cm高角砲こと40口径3年式8cm高角砲。8cmというが、実際の口径は7.62cm、つまり3インチである。
金剛型のほか扶桑型・伊勢型や古鷹型、5500t級といった艦艇に高角砲として搭載された。
[[金剛]]型のほか[[扶桑]]型・[[伊勢]]型や[[古鷹]]型、5500t級といった艦艇に高角砲として搭載された。
--実はQF12ポンド12cwt砲のライセンス生産版を高角砲化したもので、つまりはイギリスのMk.5とは兄弟のような関係にあたる。
--兵装開発実装に伴い、[[80mm高射砲]]としてこの装備から派生する形で改めて実装された。
---アプリ開発の都合のため仕方ないが、同じ砲が別名で実装されていることになる。
%%そして何故か性能も上がる%%
--第一次大戦時点で旧式の高角砲だったため、戦間期に[[12.7cm連装高角砲>127mm連装高角砲]]や[[25mm機銃>25mm連装対空機銃]]に随時換装された。
-最後は、アメリカの50口径3インチ砲。スロー・ファイアこと[[Mk.22>76mm砲]]よりは一世代古い。
第一次大戦期から戦間期の多くの艦艇で両用砲として搭載され、第二次大戦期でも小艦艇の主武装として装備された例も多い。

いずれの砲も第二次大戦期には旧式化しており、大型・中型艦の武装としては、より大口径の新型砲に置き換えられていた。

*コメントフォーム [#comment]
#pcomment(,reply,20)

TIME:"2022-09-04 (日) 16:27:00" REFERER:"https://azurlane.wikiru.jp/index.php"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS